【キングダム】オギコ桓騎(かんき)のお気に入り千人将

      2017/02/28


 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

武力    84
指揮力   50
知力    5
経験値   B
キュート度 99

※キングダム公式ガイドブック覇道列記から引用。

 

スポンサーリンク

 

桓騎(かんき)配下の千人将

 

ならず者ぞろいの桓騎軍(カンキグン)においても、ひときわ目を引く千人将。仲間からも不安視されるほど、将としては頼りないが・・・。

函谷関(カンコクカン)で、魏軍(ギグン)と交戦。弓の腕は未熟だったが、身体能力に恵まれているので武力はそれなりに高い。

桓騎(かんき)のお気に入りでもある

独特の装いで、戦闘や伝令をこなす。間抜けな言動が目立つが、腕っ節は強く、桓騎(かんき)は「おもしれえから入れた」というが、それなりに信頼されている。

 

スポンサーリンク

 

合従軍戦でいきなり出てきた謎の人物!

 

それがオギコでした。ただただ汚いね!人の顔だけで笑ったのはほんと何年ぶりだろ?(笑)

5秒間良く見てみてください。絶対笑います(笑)

桓騎は「おもしれぇーから入れた。」らしいです。

こんなこ汚いオギコ千人将ですが、意外なことに「馬に乗れる」んです!

その姿からは死闘を潜り抜けてきた男の風格が漂っています。こんなのに突っ込んでこられたら固まりますね(きっと)!

そのオギコが馬に乗って突っ込んでくる描写はほんとに作中にありますよ。

持っている武器は剣です。弓がへたでも白兵戦ならいけるのかもしれません。

さらに、オギコは肉弾戦も得意なようです。
前蹴りで敵兵のあごを砕いている描写もあります。

やはりただものではないですね。キングダム内で肉弾攻撃をする描写はこれが初めてなのではないでしょうか?

その描写を飾ることを獲得したのがオギコです。

その描写の中では、オギコの前蹴りはリーチもあり、加えて体重が乗るので非常に強力に相手にダメージを与えているように見えます。

知ってか知らずか、それをとっさに繰り出すあたりオギコの身体能力の高さがうかがえます。

桓騎(かんき)が言うように本当におもしろいから入れたのなら側近として置いておけばいい話ですが、それをあえて千人将にするということはこれからの活躍を期待してのことかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

桓騎将軍とオギコの関係

 

オギコは桓騎(かんき)にかわいがられています。それは、一見、頭が悪そうに見えて、桓騎(かんき)の軍以外ではとても千人将になれるとは思えません。

ところが桓騎(かんき)「面白しれえから」というだけでオギコを身近においています。

おそらく、これは楚(そ)の将軍・禍燐(かりん)にも同じことが言え、禍燐(かりん)もバミュウという頭の弱そうな側近をもて遊んで楽しんでいます。

それを踏まえると、優秀な将軍ほど限界に追い詰められた状況において、 「陽気さ、明るさ」を大切にしているのではないかと見受けられます。

オギコもバミュウも、確かに頭は悪そうですが、いるだけでその場が明るくなります。加えて、陽気な性格をしています。

そこまで桓騎(かんき)は考えてオギコをかわいがっているだとおもいます。

 

オギコの戦闘能力についての考察

 

そして、考察を進めていくと、オギコはかなり強いのではないかという思われるのです。

オギコが弓矢がヘタクソであるという描写が過去に描かれていましたが、 オギコの体の筋肉に注目すると、いい体してますよね。

抜け目のない桓騎(かんき)の性分を踏まえると、オギコを身近に置くのは、オギコがかなりの使い手だからなのではないでしょうか。

桓騎(かんき)自身も公式ガイドブックにおける武力は高くなっていますが、もしも同じ将軍の輪虎(りんこ)並みの将軍と戦うとなると苦戦するのではないでしょうか。

しかし、そういうときのオギコの潜在能力は輪虎(りんこ)を驚かせる可能性があり、 まだ成長しきっていないオギコが本気を出せば、足止めくらいはできるのかもしれません。

まだまだオギコは発展途上中だと思われますが、隠されている潜在能力は秦(しん)のキャラの中でも一番ではないでしょうか。

これはあくまで予想としての話しですが、これからの展開でオギコが桓騎(かんき)を守るような展開が描かれるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

桓騎(かんき)はオギコのピュアなところに惹かれているのだと思います。

自分にないモノを持つオギコのことがただたんに好き、というのが身近においている一番の理由でしょう。

オギコはキングダムの読者からの人気も高く、とても愛されています。

そんなオギコを大切にする桓騎(かんき)が描かれることで、相乗効果で人気が生まれているのでしょう。

おそらく、今後もオギコは緊張するキングダムの戦闘シーンの中で安らぎをもたらすような活躍をしていくことでしょう。

対照的な桓騎(かんき)とオギコですが、今後も興味深い2人の活躍に注目していきたいと思います。

いかがでしたでしょうか?

多少は、オギコのキュートさに気付き、多少は見方も変わってきたのではないでしょうか。

面白さということだけなら、騰(とう)に勝るとも劣らない気がします。

武将としてもう少し活躍するようになれば、人気キャラランキングでベスト50くらいには入るのではないでしょうか。

これからのオギコの活躍を期待したいところです。

 - 未分類