【キングダム】尾平(びへい)城戸村出身のチンピラ兄弟の兄

      2017/02/25


 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

出典:https://www.amazon.co.jp

 

スポンサーリンク

 

城戸村出身のチンピラ兄弟

 

兄 尾平(びへい)

 

信(しん)と同郷の隊員で、信(しん)が初陣を飾った蛇甘平原(ダカンヘイゲン)の戦いで、供に伍(ご)を組んだ仲間。

村には東美(とうび)ちゃんという彼女がいる。

信(しん)の戦友としては羌瘣(きょうかい)、澤圭(たくけい)と同じく最古参。

 

お調子者だが、仲間思い

 

飛信隊(ヒシンタイ)が結成されると、伍長に就任。

その後什長へと昇進している。

目だった活躍を見せる場面は少ないが、くぐってきた実践の数だけは、感心させられる。

信(しん)を信頼する気持ちだけは誰にも負けない。

 

スポンサーリンク

 

弟 尾倒(びとう)

 

信(しん)とは、兄の尾平(びへい)とともに初陣からの付き合い。

龐煖(ほうけん)が飛信隊(ひしんたい)を襲撃してきたときに、意識を失ってしまった信(しん)を助けるため、抱きかかえて逃げるが、腹の傷が致命傷となり死亡する。

亡がらは、信(しん)の手によって運ばれた。

 

尾到(びとう)の死

 

龐煖(ほうけん)との戦いで気を失ってしまった信(しん)を趙(ちょう)の追っ手から守るために、かつぎながら逃げる尾到(びとう)と尾平(びへい)。

その途中、深い傷を負ってしまい、血痕からの追跡を避けるために分かれる尾平(びへい)と気絶した信(しん)を担ぐ尾到(びとう)。

そして、よみがえる回想シーン。

それは信(しん)と尾平(びへい)と尾到(びとう)が初めて出会った場面だった。

回想シーンの後、意識を取り戻した信(しん)。

回想シーンは信(しん)が見ていた夢だった。

そして同じく尾到(びとう)も昔のことを思い出していたとつぶやく。

信(しん)と昔話に花を咲かせていると急に尾到(びとう)は

「本気でなれると思うか?将軍に」

「どれだけの死地を乗り越えればたどり着くのか?]

「1回でもしくじればそこで終わりだ」

と信(しん)に問う。

さらに尾到(びとう)は続ける。

「だけど信(しん)は龐煖(ほうけん)相手に生き残った」

「隊のみんなが命を懸けてお前を守ったからだ」

「普通の隊長ではこんなこと起こらない」

「だから思ったんだ。信(しん)は本当に将軍になれる」

「仲間の力込みでお前の力だ」

「大勢の仲間の思いを乗せて天下の大将軍にかけ上がるんだ」

そして最後に「友里(ゆうり)・・・」とつぶやく尾到(びとう)。

そう、尾到(びとう)はこの戦の後に結婚する予定だったのだ。

この章の最後には友里(ゆうり)の描写が出てきます。詳細は書きませんが、これがかなり泣けるんです・・・。

 

スポンサーリンク

 - 未分類