【キングダム】楚水(そすい)飛信隊の貴重な職業軍人

   

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

郭備(かくび)が皆から尊敬されていたことがよくわかる言葉である。

スポンサーリンク

まじめでクール、武勇と知略のバランスも取れた人物。


魏(ぎ)の領土の山陽侵攻戦(さんようしんこうせん)から飛信隊(ひしんたい)に加わわる。 元々は総大将蒙驁(もうごう)のそば近くに仕える側近だった郭備(かくび)千人将の下で副長を務めていたが、敵将の輪虎(りんこ)により郭備(かくび)を始めとする多くの千人将や将軍が暗殺されてしまう。

 

そのため、人手不足により急造の千人隊となった飛信隊(ひしんたい)に加わわることに。羌瘣(きょうかい)、渕(えん)に続く三人目の副長となる。 無念の死を遂げた郭備(かくび)への思いは残しつつも、入隊直後から信(しん)を上官として認め、運命を共にする。

 

山陽(さんよう)の攻略と羌瘣(きょうかい)が抜けた後は、正式に千人隊となった飛信隊(ひしんたい)の補給を一手に引き受けることとなる。

 

郭備(かくび)の隊にいた頃から作戦を立てていたようだが、郭備(かくび)の戦術は郭備(かくび)と楚水(そすい)二人がいないとうまくいかないようで、楚水(そすい)が補給の任のために最前線から離れた後の郭備兵は作戦立案はまるで役に立たなかった。

 

これが飛信隊(ひしんたい)に河了貂(かりょうてん)加わわるきっかけになるのだった。
スポンサーリンク

有能な働きで飛信隊(ひしんたい)を支えている

郭備(かくび)が暗殺された後、部隊は隊長不在の状態に。そこで千人将に昇格したばかりの飛信隊(ひしんたい)に再編成され、以後、信(しん)たちと戦場を渡り歩いている。

 

郭備(かくび)の隊は皆士族で構成されていたが、信(しん)の活躍はかねてより郭備(かくび)から聞かされていたようで、隊員同士仲が悪くなることもなく、軍の組み込みはスムーズに進んでいるようだ。

 

その後は飛信隊(ひしんたい)の貴重な戦力として激戦を戦い抜いてきいる。戦場では輪虎(りんこ)や凱孟(がいもう)といった将軍と対峙し、いずれも重傷を負うが復帰を果たし、意外と打たれ強い。楚水(そすい)は補給路の確保等、後方支援の任務もこなせる貴重な人物。

 

河了貂(かりょうてん)が加わってからは前線の指揮官として活躍している。
スポンサーリンク
 
 

 - 未分類