【キングダム】山の民名前と来歴一覧

   

スポンサーリンク

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

出典:https://www.amazon.co.jp

 

山の民は凶暴な戦闘民族として知られ、秦(しん)より西の山々に要塞を構えている。様々な部族がおり、それぞれデザインの異なる仮面をつけているのが、特徴。武器は原始的なものが多いが、断崖絶壁に王国を築く技術も持つ。

 

「王座奪還の際、王宮は血の海になるやも知れぬが構わぬか?」

 

楊端和(ようたんわ)

 

数百年ぶりに山界を統治した王

 

無数の山民族を支配する王。女性ながら山界一の武力を誇り、山民族の間では「血に飢えた死王」の異名をとる。彼女が王となって以降、山界の力は強まり、その数十万もの兵力は秦(しん)の役人の耳にも入るほど噂となった。

 

言動は豪快だが思慮深い面も

 

美しい容姿とは裏腹に、性格は男勝り。言動は常に直球で、誰に対してもオブラートに包んだ物言いはしない。また、人情に厚く、一度心を許した相手に対しては、自らの命をかけてでも守る気概があり、配下からはとても慕われている。

 

山の民の領地拡大

 

平地と同様に、数百年来で複数の国々に別れ衝突を繰り返していた山界。楊端和(ようたんわ)はそれらを武力で統一したものの、年々増えていく幾重もの防壁を眺めながら、常に国の狭さを感じていた。

「戦」でも「和」でも手段は問わず、国を広げたいと渇望しており、それゆえ政(せい)の志に強く感銘したのだ。

 

政(せい)の養成を受け王座奪還劇に協力

 

当初は先祖の霊の怨念を鎮めるために、訪ねてきた政(せい)の首をはねるつもりだった楊端和(ようたんわ)。

しかし、政(せい)の大志に共感し、400年前の秦(しん)と山界の盟を復活させた。政(せい)の陣営と共に攻め込んだ咸陽(かんよう)では、死闘の末、王弟勢力の制圧に多大な貢献をした。

 

李牧(りぼく)の存在を政(せい)に伝える

 

反乱鎮圧後、楊端和(ようたんわ)は政(せい)と定期連絡をとることを約束し、山に戻る。その後1年は勢力拡大の戦に明け暮れ、秦(しん)西方の山界のほとんどを統治した。

その過程で、秦(しん)北部の騎馬民族・匈奴(きょうど)の軍10万を超える死体を目の当たりにし、趙(ちょう)の怪物軍師、李牧(りぼく)の存在を知らせに咸陽(かんよう)へ直々に参上した。

 

黙って貴様らは敗者として史に名を刻め

 

山民族を束ねる山界の死王

秦(しん)より西に広がる山界の民族を、女性ながら若くして武力で束ねた王。山界の広さに限界を感じており、国境を無くそうとする政(せい)の志に共感。秦(しん)の窮地にたびたび駆け付けている。

 

蕞(さい)の戦いに駆け付け合従軍(がっしょうぐん)を退かせる

 

成蟜(せいきょう)の反乱後は、北方の匈奴(きょうど)討伐に出陣。さらには北の大勢力・バンゴ族との決戦を行っていたが、合従軍(がっしょうぐん)別働隊による秦(しん)の危機を知り、決戦を中断して蕞(さい)の城へ現れる。

山民族の奇襲により合従軍(がっしょうぐん)は退き、秦(しん)の国民は山民族に深く感謝する。

 

秦(しん)の大将軍として衍氏(えんし)”の城を落とす

 

蕞(さい)を救った功積で大将軍に相当する大上造(だいじょうぞう)の爵位を得た楊端和(ようたんわ)。味方にすら存在を悟られぬまま魏(ぎ)の衍氏(えんし)の城を強襲し陥落させ、新六将に名を刻みうる将軍にまで成長を遂げた。

 

スポンサーリンク

 

バジオウ

 

双刀を扱う山民族ナンバー2

 

楊端和(ようたんわ)に次ぐ実力の持ち主で、刀2本手に敵を急襲する。幼少期は言葉も話せず、獣のごとき野生児で誰にもまったく手が付けられなかったが、楊端和(ようたんわ)との戦いに敗れ、彼女と出合ったことで、人間味を取り戻した。野生児だった頃の力は自在に解放できる。

 

タジフ

 

山民族有数の怪力の持ち主

 

楊端和(ようたんわ)やバジオウらと行動を共にする楊端和(ようたんわ)の側近のひとりで、巨体と怪力の持ち主。巨大な岩に持ち手の棒を付けただけの武器・通称タジフハンマーで敵をなぎ倒す。

かつて勇敢に戦った信(しん)のことを信頼しており、龐煖(ほうけん) との戦いで傷ついた信(しん)を河了貂(かりょうてん)と共に担いだ。

 

シュンメン

 

山界一屈強な鳥牙族(ちょうがぞく)の代表

 

長い刀と鳥のクチバシのような仮面が特徴的な側近のひとり。仲間入りしたランカイの教育係も務めている。

 

ランカイ

 

成蟜(せいきょう)の元から山の民へ

 

かつては成蟜(せいきょう)に飼いならされていたが、反乱後に山民族に加わる。タジフよりも大きな身体と強い力を持つ。

 

トッヂ

 

楊端和(ようたんわ)がバジオウら側近と別れた後、彼女の周りに付いた3人のうちのひとり。

 

フゥヂ

 

バジオウに次ぐ実力の持ち主と思われる。楊端和(ようたんわ)の命で政(せい)の護衛に当たった。

 

ラマウジ

 

トッヂ、フゥヂらと同じく楊端和(ようたんわ)の護衛をしていた男。彼女の背中を任された。

スポンサーリンク

 - 未分類