【キングダム】離眼(りがん)の悲劇

   

スポンサーリンク

 

第463話 離眼(りがん)の悲劇

 

老婆は羌瘣(きょうかい)に離眼(りがん)の悲劇を話し始めた。それは、そう、まだ離眼(りがん)周辺が統治されていない頃のことである。離眼(りがん)城主が先代の紀昌(きしょう)の頃の出来事でだった。

当時ははその周辺は離眼(りがん)と暗何が領地の主導権をかけて争っていた。王都邯鄲(かんたん)はこれをよくある田舎の小さなもめごと程度に思っていたが、現実はひどい戦争であった。

権力をもつ者が、その権力や暴力を使って、他人の言動を無理におさえつける暗何の唐寒とは対照的に人民のためを考えた、よい政治で民に慕われ、結束が固い離眼(りがん)の紀昌(きしょう)。

兵の数で言えば暗何が倍以上、上まわっているが、巧みに戦を仕掛ける紀昌(きすい)と精鋭揃いの側近、よく訓練された兵団は暗何と互角に戦い、若き紀彗(きすい)、劉冬(りゅうとう)、馬呈(ばてい)の活躍で戦いの形勢は離眼(りがん)優勢に傾きだしていた。

紀昌(きすい)は民兵たちの戦いぶりを見ながら、彼らの親になったような気持ちになった。実際、紀昌(きすい)は劉冬(りゅうとう)、馬呈(ばてい)を育てた親のような存在でもあったのだ。

徐々に勢いを増していく離眼(りがん)の兵に対して暗何は大勝負に出る。それは旦虎の戦いと語り継がれる戦(いくさ)で、離眼(りがん)も総力を結集して迎え撃つものの、金をばら撒いて、辺り一帯から兵をかき集めた暗何軍は五倍もの数になっていた。

ひどい戦いで、全力で迎え撃った劉冬(とうりゅう)、馬呈(ばてい)も深い傷を負ったが、結果は五倍もいた敵兵を上手くかわした紀彗(きすい)が一騎打ちで唐寒(とうかん)を討ち取り、離眼(りがん)が見事に勝利した。

これで離眼(りがん)周辺にも紀昌(きしょう)の人民のためのよい政治が根付くと喜んだが、長い年月繰り返された因縁はこれでは終らなかった。

旦虎の戦いの後、唐寒(とうかん)の残党を紀彗(きすい)と離眼軍(りがんぐん)が追撃している間に離眼(りがん)の城が攻め落とされてしまったのだ。奇襲したのは唐寒(とうかん)の子、唐釣(とうちょう)だった。

腰抜けで旦虎の戦いにも出陣せずに暗何城にこもっていた唐釣(とうちょう)が近衛兵(このえへい)を率いて急襲したのだ。

離眼(りがん)の城内には劉冬(りゅうとう)、馬呈(ばてい)がいたものの、ほとんどは旦虎から帰還したばかりの負傷兵だけだったため、離眼(りがん)の城は簡単に落ちてしまい、城内にいた女、子供、老人全員が捕虜となっってしまった。

そして、唐釣(とうちょう)は捕虜の命と引き換えに紀昌(きしょう)と将校、兵の投降を迫った。

紀彗(きすい)は唐釣(とうちょう)の卑怯な手段に屈しないよう紀昌(きしょう)に迫るが、紀昌(きしょう)は自分は武将である前に離眼(りがん)の城主であり、側近達は離眼(りがん)の大人達だと言い、親が子供のために命をかけるのは当然であると紀彗(きすい)の要求を退けた。

そして、その任を紀彗(きすい)に託した。そうして紀昌(きしょう)と将校は投降した。人質が解放された際、紀昌(きしょう)は劉冬(りゅうとう)と馬呈(ばてい)に会う。

劉冬(りゅうとう)と馬呈(ばてい)は泣きながら、土下座し、離眼(りがん)を守れなかったことを詫びた。

しかし、紀昌(きしょう)は二人が生きていただけで天に感謝し、門出の意味も込めて、人形を返した。

邯鄲(かんたん)からは善満という将が使わされてきており、この一件を見届けていた。そこには李牧(りぼく)もいた。

 

スポンサーリンク

 

紀昌(きしょう)達は縛り上げられ、そして、火あぶりにされた。紀昌(きしょう)は離眼(りがん)の民に向かって叫ぶ。

「紀彗(きすい)がこれより離眼(りがん)の城主だ、若き父だ、皆で支えよ」と命じ、紀彗(きすい)には「離眼(りがん)の子らを守り抜け、頼んだぞ我が息子よ」と、最期の言葉を口にした。

紀彗(きすい)は怒りの余りに目から血を流していたが、紀昌(きしょう)の言葉をしっかり心に刻み止め、「必ず」と返答した。

それが紀彗(きすい)の名が世に出ていない訳でもあった。しかし、紀彗(きすい)は火あぶりの刑で主君だった父達を亡くしたものの、五年で離眼(りがん)の勢力を取り戻し、次の三年で暗何も降伏に追い込み、離眼(りがん)と周辺をも統治する優れた城主となったのだった。

羌瘣(きょうかい)が、「それで人形は何だ」と問うと、離眼(りがん)に古くから伝わる慣習で、“守り子”というものであり、子供達が戦に向かう父に贈るお守りみたいなものであった。

老婆は紀彗軍(きすいぐん)はその時よりもさらに強く、黒羊(こくよう)の先には絶対に行かせないという兵達の士気も高いため、羌瘣(きょうかい)が軍に戻るのを止めるが、羌瘣(きょうかい)はそのような強い敵ならなおさら仲間の元に戻らなければと意志を固く持っていた。

黒羊(こくよう)の夜は不気味なほど静寂に包まれていた。

この離眼(りがん)の悲劇を聞くと桓騎(かんき)という相手は離眼(りがん)の民にとって、悪夢の再来かとも思えてきますね。政(せい)や信(しん)の夢の実現のためにも負けられない戦いではありますが、離眼(りがん)の民は、果たして無事ですむのか・・・。でも、そこは羌瘣(きょうかい)から離眼(りがん)の悲劇を聞いた信(しん)が止めてくれると思いますが・・・。でも、やっぱ、嫌な予感がします。

スポンサーリンク

 - 未分類