【キングダム】桓騎(かんき)『得意なんだよ留守中に忍び込むのがな』

   

スポンサーリンク

 

『秦(しん)が滅びようがどうしようが俺のしったこっちゃねェんだよ!!』

 

元野盗の親玉

 

蒙驁(もうごう)の軍の副将で「首切り桓騎(かんき)」の異名を持つ若き将。
かつては野党の頭として、秦(しん)の南方で非道の限りを尽くしていた。

経緯は不明だが蒙驁の軍に入ってからは、王翦(おうせん)と並んで、六将級の評価を受けるほどの武勲を上げている。

合従軍(がっしょうぐん)の襲撃に際して咸陽(かんよう)に召集され、函谷関(かんこくかん)の守護という大役を担った。また、戦争という殺し合いを楽しんでいるような言動も多く見受けられる。

 

投降兵にすら無慈悲

 

野盗時代から変わらず、性格は冷酷無比。敵兵の目をえぐって敵陣に送りつけるなど、あまりの残虐性に、敵は戦意を喪失し、味方ですら眉をひそめることも。

魏(ぎ)の総大将、白亀西(はくきさい)を生け捕り、じわじわと苦痛を与えながら斬殺したシーンにその性格が現れている。

しかし、国王である嬴政(えいせい)を値も踏みするほど放漫な性格の桓騎(かんき)が、蒙驁(もうごう)に対して従順な態度をとっているのは、いまだ謎である。

 

神出鬼没で規格外の手をうつ

 

経歴には疑問があるが、野党でありながらではの戦場のルールにとらわれない自由な発想で、圧倒的な戦上手を誇る。

その特異性ゆえ、張唐(ちょうとう)などからは快く思われていないが、桓騎(かんき)の才能は今後の秦(しん)を支えていくには必要不可欠であり、周囲を納得させる戦果を挙げ続けている。

 

スポンサーリンク

 

友軍すら身構える残虐非道な元野盗

 

元は数々の野盗団を束ねていたお頭であり、将軍となった今も残忍な行為を好むことから味方からも警戒されている。

しかし、蒙驁(もうごう)の副将時代からすでに王騎(おうき)に化物扱いされ、一目置かれた実力の持ち主でもある。対魏(ぎ)の戦いでは自ら変装して敵陣に乗り込むが、一軍の大将自らが敵本陣に潜入するなど、常識では考えられない戦術をとる。

しかも、玄峰(げんほう)をたやすく討ち取ってしまうなど多くの戦果を上げ続けている。また、捕虜や投降した兵ですらむごい方法で殺害するので、毐国(あいこく)との戦いでは総司令から兵に対する残忍な殺しを禁止された。

 

蒙驁(もうごう)の副将時代から頭角を現す

 

人を見る目に優れていると言われる蒙驁(もうごう)の下に付き、副将として並々ならぬ力を発揮。その実力は、生まれが一代早ければ六大将軍になれたと言われるほど。

 

合従軍(がっしょうぐん)との戦いの後は黒羊丘(こくようきゅう)へ

 

合従軍戦で韓(かん)の成恢(せいかい)を討ち取った後は、魏(ぎ)の汲(きゅう)に侵攻。

さらに趙(ちょう)方面へと進み、黒羊丘(こくようきゅう)を落とすため飛信隊(ひしんたい)と合流する。だが、桓騎(かんき)は彼らのことは駒のひとつくらいにしか考えていないようだ。

スポンサーリンク

 - 未分類