【キングダム】ネタバレ第484話『それぞれの出発』

   

スポンサーリンク

 

第484話『それぞれの出発』

 

信(しん)は河了貂(かりょうてん)と那貴(なき)が考察した、今回の桓騎(かんき)の軍略を聞いて、桓騎(かんき)は一体何者なんだと問う。

那貴(なき)は桓騎(かんき)は正体の分からない人物だと言い、何であんなに強いのか、そして、家族はいるのか、また、来歴などは雷土(らいど)ら側近でも知らされていないと話す。

ただ、過去に一度だけ古くから桓騎(かんき)と行動を共にしている者から桓騎(かんき)の土台になっている部分について聞いたことがあった。

最も古くからいる砂鬼一家(さきいっか)が言うには、桓騎(かんき)の土台にあるのは岩をも動かす怒りであり、それは全てに対してであると話していた。

一方、咸陽(かんよう)では、朗報が入いってきた。
伝令が秦(しん)の軍が黒羊戦(こくようせん)に勝利し、敵将慶舎(けいしゃ)を飛信隊(ひしんたい)の信(しん)が討ち取ったと伝える。

昌文君(しょうぶんくん)は信(しん)が慶舎(けいしゃ)を討ち取ったことに驚き、目を丸くし、言葉を失った。

しかしながら、伝令はその戦闘の後、桓騎(かんき)と信(しん)が内輪揉めをし、死人まで出る騒ぎになったと報告する。現在はそれも落ち着いているとのこと。

介億(かいおく)は戦の詳細は不明であるが、黒羊丘(こくようきゅう)を五日で制するのはさすが桓騎(かんき)だと高く評価する。

昌平君(しょうへいくん)は桓騎(かんき)が自分の作戦以上の戦いをしたと想像したが、黄龍(こうりゅう)と介億(かいおく)に黒羊(こくよう)を活動の足場として整備するよう指示を出し、黒羊の先の趙(ちょう)の領内へと策をめぐらせていた。

場所は黒羊に戻り、そこでは摩論(まろん)と河了貂(かりょうてん)が口喧嘩をしていた。なぜかと言うと、それは西の丘一つを飛信隊(ひしんたい)だけで砦(とりで)を作れというものであった。

さらに黒羊の外側の警備も指示されており、貂(てん)は冗談じゃないと反論するが、摩論(まろん)は飛信隊(ひしんたい)は八千の内五千はいると指摘する。

しかし、貂(てん)は飛信隊(ひしんたい)は重傷の者が多く、慶舎(けいしゃ)の本隊の奇襲を受けて、大きな打撃を受けたと言い返す。そこに雷土(らいど)も加わり、それはてめぇらがアホだからだろうが、お頭みたいに頭を使って戦わないから死傷者を出すんだと吐き捨てる。

貂(てん)は雷土(らいど)にも反発しようとするが、信(しん)はもういいと貂(てん)を制止し、命令を受け入れる。

信(しん)は桓騎(かんき)はなぜ顔も出さないのだ、いったい何をしているんだと問うと雷土(らいど)は何でてめぇごときにいちいち顔を見せなきゃいけないんだと凄み、睨みながら、てめぇなんざぁ、お頭の眼中にはねえんだよと吐き捨てて去って行く。

 

スポンサーリンク

 

信(しん)は丘の上で物想いにふける。そこに羌瘣(きょうかい)が現れ、これが大人の戦いか、見せつけられたなと話し始める。

信(しん)はクソのような戦い方だったが、桓騎(かんき)とはまだ、これからも戦場を共にすることがあるだろうから、結果は結果としてしっかり受け止めなければいけないと思っていた。

羌瘣(きょうかい)は桓騎(かんき)が、いかに巧妙で強かろうと、制すべきところは制すべきだと話し、信(しん)はそれにうなずく。

まずは、そのために桓騎(かんき)よりも先に大将軍になり、上に行く必要があると心に決める。羌瘣(きょうかい)は先は厳しいなとつぶやくが、信(しん)は信のやり方で大将軍になればいいんだと諭す。

その話を聞き、信は桓騎(かんき)には絶対負けられないとを心に誓うのだった。

その頃、飛信隊(ひしんたい)は大将桓騎(かんき)への反逆行為の罪により、慶舎(けいしゃ)を討ち取った武功を取り消された。

でも、その時の信(しん)の想いが、隊員達に響いたことで、隊としての結束はより強くなっいた。
一方、桓騎(かんき)の本陣では怒鳴り声が飛びかっていた。

それは那貴(なき)が飛信隊(ひしんたい)に移ると桓騎(かんき)に願い出たからであった。雷土(らいど)は那貴(なき)に怒り、内臓ぶちまけられてぇのかと吐き捨てて、手にもっていた器を叩きつけ粉々にした。

那貴(なき)はそう熱くなるなと促し、桓騎(かんき)の軍とは軍であって、軍ではなく、型にはまったところがないのが良いところなので、問題ないですよねと桓騎(かんき)に問い直すのであった。

桓騎(かんき)は那貴(なき)に理由だけ教えろと問うと那貴(なき)はただのいつもの気まぐれですよと返し、強いてあげるなら飛信隊(ひしんたい)の飯は意外と美味いからと語る。

そして、これら桓騎(かんき)の軍内で起こった事は、これから成り上がろうとしている飛信隊(ひしんたい)にとって大きな収穫であった。

また、黒羊戦を森に隠れ情報収集していた者にとっても大きな収穫となった。それは李牧(りぼく)である。

李牧(りぼく)は今回の失敗は桓騎(かんき)の秘めた能力を見抜けなかった自分の責任だと言う。副官舜水樹は慶舎(けいしゃ)を失ったのは痛いが、その代償として得たものも二つあると言う。

それは今まで表ざたになっていなかった名将紀彗(きすい)を見つけたことと桓騎(かんき)の弱点がわかったことであった。

スポンサーリンク

 - 未分類