【キングダム】ネタバレ第503話『火急の鳥』

   

スポンサーリンク

 

第503話『火急の鳥』

 

中原を東西に割るようにそびえる太行山脈では異様な光景が広がっていた。伝令の鳥が邯鄲(かんたん)に向かって、無数に飛んでいっていたのだ。

そしてそれは李牧(りぼく)からの報告や指示であった。それを受け取った邯鄲(かんたん)では大臣たちが焦り、公孫龍(こうそんりゅう)が急ぎ呼び出された。

大臣の一人は入浴中の悼襄王(とうじょうおう)を訪れ、李牧(りぼく)からの指示である邯鄲(かんたん)の軍を直ちに出陣させて列尾(れつび)に送り、秦(しん)の軍の侵攻を妨げるという旨を話すが、

悼襄王(とうじょうおう)は邯鄲(かんたん)の精強な軍は王を守るためにあり、王が邯鄲(かんたん)にいる限り、軍は王都を離れることはないと相手にしないのであった。

悼襄王(とうじょうおう)は邯鄲(かんたん)の兵を使わずとも鄴(ぎょう)を始め、周辺の城から集めれば大軍となり、それで十分であろうと諭す。

大臣は李牧(りぼく)の二つ目の案と同じだったので、その案を王の命令と受け取り、大臣と公孫龍(こうそんりゅう)はその場を去ろうとする。

そして、悼襄王(とうじょうおう)はクビもんの失敗を犯した李牧(りぼく)はいまどこで何をしているのかと大臣に聞くと、軍を率いて急いで山の合間を抜く最短の道のりで王都に向かって走っているとのことと答えた。

 

スポンサーリンク

 

ひた走る李牧(りぼく)に舜水樹(しゅんすいき)が追いつく。舜水樹(しゅんすいき)は前線で待ち伏せしておきながら失敗してしまったことを詫びるが、

李牧(りぼく)はいち早く邯鄲(かんたん)に伝令の鳥を飛ばすことができたため、その一瞬の行動の差がこの戦いの勝敗を大きく分けるかもしれないと話す。

李牧(りぼく)は王都圏入口の列尾(れつび)の戦いが長引けば秦(しん)の軍の侵攻よりも早く趙(ちょう)の援軍が追いつき間に合うと話す。

傅抵(ふてい)は不意をつかれたとはいえ、列尾(れつび)までの間を全て素通りさせるほど趙(ちょう)は甘くないと言い切る。

勢いよく飛ばしながら進軍する秦(しん)の軍は趙(ちょう)の軍がいる都市を回り込み避けながら通っていた。

貂(てん)は小都市であれば城に閉じこもるだろうが、中から大都市であれば趙(ちょう)の兵が足止めに来るため回り込み避けながらの進軍が無難であると感じていた。

飛信隊(ひしんたい)は右側に黄河(こうが)を見つける。それに沿って行けば列尾(れつび)に着くと改めて気を引き締めなおす。

その時、三千から五千の趙(ちょう)の騎馬軍部隊が王翦(おうせん)の軍の前方と横腹を狙って突撃してきた。

しかし、王翦(おうせん)は進軍を乱すな、直進せよと命令する。部下がしかしと言うと王翦(おうせん)は桓騎(かんき)が動くと返す。

その話しを聞いていた桓騎(かんき)はチィ!っと舌打ちし、兵を引き連れ列を離れ騎馬隊に突っ込んでいった。

 

スポンサーリンク

 - 未分類