【キングダム】王翦(おうせん)『史記に記された意外な素顔とは!?』

   

『史記』とは?

 

中国の前漢時代の歴史家である司馬遷(しばせん,紀元前145年・135年~紀元前87年・86年)が記した古代中国の歴史書です。

『史記』は現存する中国の歴史書で、二十四史のひとつであり、合計52万6千5百字というすごい文字数によって記されています。

『史記』は古代中国の伝説上の人物、五帝の一人である黄帝(こうてい)から、司馬遷(しばせん)が仕えた前漢の武帝(ぶてい)までの時代を記してあります。

『史記』の構成は本紀12巻、表10巻、書8巻、世家30巻、列伝70巻となっていて、歴史の年代別ではなく皇帝・王・家臣などの各人物やその逸話ごとにまとめた紀伝体という書き方を採用しています。

 

史記に記された王翦はどんな将軍なの?

 

漫画キングダムでは王翦(おうせん)という将軍が登場します。息子には王賁(おうほん)がいますが、親子関係はなんかしっくりこないない感じですね。

また、将軍の家系に生まれた王賁(おうほん)と主人公の信(しん)の言い争いもあったりします。でも、お互い励まし合って向上しようとしているように描かれています。

王翦(おうせん)は、常に仮面をつけていて、冷ややかな視線で周りの人間をみたり、冷たい人間のようにも感じるのではないでしょうか?

加えて、ちょっと怖い顔をして「私は絶対に勝つ戦以外興味はない」とも言い放っています。

これを見る限りでは、漫画キングダムの王翦(おうせん)は、頭脳派ではありますが、とっつきにくい印象があるのではないでしょうか? それではここで史実の王翦(おうせん)を見てみましょう。

以外にな素顔が見えてくるかもしれませんよ。

 

『史記』の王翦

 

漫画キングダムには、創造された人物も数多く登場しますが、中でも輝いて見えるのが実際に史実に名を残している将軍ではないでしょうか?

王翦(おうせん)は、最初に言ってしまうと、実際に『史記』に記されている人物です。

ちなみに、司馬遷(しばせん)が記した『史記』では、政(せい)より一世代前の時代に活躍した白起(はくき)と共に「白起・王翦列伝」と題して記されています。

余談ですが、漫画キングダムの主人公であろうと推測される李信(りしん)に関しては列伝は存在しません。

しかし、「白起・王翦列伝」の中に、李信(りしん)のことが記されています。 ただ、この列伝を考察する限りでは、李信(りしん)は王翦(おうせん)の引き立て役みたいな印象ですね。

しかも、趙(ちょう)と楚(そ)という強国を亡ぼしたのも王翦(おうせん)です。

加えて、息子の王賁(おうほん)は魏(ぎ)・燕(えん)・斉(せい)を亡ぼすのに活躍したと記されているので、王翦(おうせん)と王賁(おうほん)は、秦(しん)に大きく貢献をしたことになります。

しかしながら、趙(ちょう)には李牧(りぼく)という強敵がいるのに、どうやって亡ぼしたのでしょうか?

『史記』によれば、趙(ちょう)の王が秦(しん)の仕掛けた罠に嵌り、李牧(りぼく)に疑いをかけて処刑してしまったのです。

李牧(りぼく)がいなくなると趙(ちょう)には戦略に長けた有能な将軍がいません。そこに王翦(おうせん)が攻め込み趙(ちょう)は滅亡の一途をたどったという事になっています。

これだけだと偉大な人物とまでは行かないのかも知れませんが。大丈夫です、王翦(おうせん)最大の見せ場は、楚(そ)との戦いですから。

 

王翦は身を守ることに専念していた

 

王翦(おうせん)は、偉大な人物ではありますが、60万の秦(しん)の兵を率いて、楚(そ)を攻めるときに、こんな興味深い話が残っています。

それは、秦王・政(しんおう・せい)に対して、「楚(そ)を滅ぼしたら褒美には良い土地をくれ」と何度も、使者を出してはおねだりしていたようです。それをしつこくやるわけです。

しかし、王翦(おうせん)の言い分としては「政(せい)は疑い深いから、土地のためにやっているんだ」と念を押して安心させていないと疑われてしまうからなんだそうです。

そのため、漫画キングダムでは王翦(おうせん)のしつこいおねだり作戦をどのように描くのかが楽しみなんです。

あの冷ややかな人物ががおねだりなんかするのかな?とも思いましたが、ここはひとつ原先生にはがんばって描いていただいてですね。(笑)

でも、実は政(せい)とは話し合っていて、楚(そ)の強敵、項燕(こうえん)の弱みを引っ張り出すための策略として描かれる可能性もあるでしょう。

 

王翦の短所

 

王翦(おうせん)は偉大な人物であることは間違いないでしょう。しかし、『史記』を記した司馬遷(しばせん)の王翦(おうせん)に対しての位置づけではこのようにも記されています。

始皇帝(政)に話しを合わせることばかりを気にしており、秦(しん)の国の土台をしっかりと固める事は出来ていなかった。

だから、孫の代で王離(王翦の孫)が項羽(こうう)に捕虜にされたのも、腑に落ちることだと記しているのです。

『史記』の中では、偉大な人物ですが、自分の地位・名声・体裁を失うまいと気をつかってふるまうことが上手く、そして政(せい)に対して反抗したりすることもない、サラリーマンの鏡のような人物だった。

それが短所だと言える。という司馬遷(しばせん)の評価です。漫画キングダムの世界では、媚びを売ったり保身に走るようには見えませんが、

もしかて、これから徐々に、秘めた性癖があらわになってくるののでしょうか?それとも、鉄仮面をはずしたら、お笑い系に変身するみたいなオチにならない事を願っています。

 - 未分類