王翦(おうせん)将軍の意外な素顔!

   

キャプチャ

                               http://www.nhk.or.jp/anime/kingdom2/

 

意外な王翦(おうせん)素顔

 

スポンサーリンク

 

漫画キングダムでは王翦(おうせん)という将軍が登場して話題になっていますね。

息子にはあの王賁(おうほん)がいますが、親子関係はなぜかしっくとこない感じですね。

さらに、将軍の家系に生まれたエリート色の濃い王賁(おうほん)と主人公ですが雑草部隊の信(しん)の言い争いもあったりします。しかし、お互いに協力して成長しているようにも見えます。

その一方で、王翦(おうせん)は、常に仮面をつけていて、見方にも冷たい視線で対応したり、感情に左右されることなく、冷静に物事を見通すような人物と感じられるのではないでしょうか?

さらに、「私は絶対に勝つ戦以外興味はない」とも言い放っています。これを見る限りでは漫画キングダムの王翦(おうせん)は、頭脳は明晰で冴えてはいますがとっつき難い感があるのではないでしょうか?では、ここで史実上の王翦(おうせん)を見てみましょう。

 

史記の記録上の王翦

 

漫画キングダムでは、想像上の登場人物もたくさん登場しますが、やはり際立って見えるのは実際に活躍した人物たちではないでしょうか?

最初に言ってしまうと、王翦(おうせん)は実在した人物なのです。ちなみに、司馬遷(しばせん)の書いた史記では、昭王(しょうおう)の時代に活躍した白起(はくき)と共に「白起・王翦列伝」として記録に残されています。

ところが、漫画キングダムの主人公である信(しん 李信:りしん)の列伝はありません。ただ、「白起・王翦列伝」の中に、その記されているだけです。

ですが、この列伝を素直に読んでいるだけでは、だだの王翦(おうせん)の引き立て役くらいにしか見えてきませんね。

そして、趙(ちょう)と楚(そ)を亡ぼしたのは王翦(おうせん)です。さらに、息子の王賁(おうほん)も加わり、魏(ぎ)・燕(えん)・斉(せい)を攻め亡ぼすのに力を尽くしたことを考えれば、この王(おう)一族と言うのは、秦国に対して多大な貢献をしたと言えます。

ただ、趙(ちょう)には李牧(りぼく)がいるのに、どうやって攻め亡ぼしたかと言えば、史記の記録だと趙(ちょう)の王が李牧(りぼく)を疑い、犯罪者として処刑してしまい、

趙(ちょう)に有能な武将がいなくなったところで、王翦(おうせん)が出てきて、攻め込み趙を亡ぼしたと記るされています。

これだけでは歴史に名を残した偉大な大将軍とは行かないかも知れませんが。大丈夫です、王翦(おうせん)の最大の見せ場は、楚(そ)との大戦からなんです。

 

楚(そ)の項燕(こうえん)vs.王翦(おうせん)

 

王翦(おうせん)の最大の見せ場としての、楚(そ)の項燕(こうえん)との戦いを見てみましょう。
秦王・政(しんおう・せい)は李信(りしん)に尋ねました。

楚(そ)を亡ぼすのに、どのくらい兵が必要かと。それを聞いた李信(りしん)は「20万で十分だ」と答えます。そして、王翦(おうせん)にも同様の質問をしたところ「60万の兵が必要」と返してきました。

それを考察した政(せい)は王翦(おうせん)はもう老いぼれてしまったかと思い李信(りしん)と蒙恬(もうてん)に20万の兵を与え楚(そ)に侵攻させます。

項燕(こうえん)対李信・蒙恬(りしん・もうてん)の戦いになるのですが、初戦では信(しん)達が勝利します。しかし、その後、項燕(こうえん)の猛反撃を受け、惨敗してしまいます。

そこで再登場するのが、秦軍60万を率いた王翦(おうせん)なのです。この戦いをざっくりと説明すると、王翦(おうせん)は60万の兵を率いて出陣はしたのですが、

砦を築き、引きこもっていて攻めはしませんでした。楚(そ)の軍が挑発したり、攻め込んだりしても、守りに徹していて一向に攻めてきません。

その間王翦(おうせん)が何をしていたかというと、秦(しん)の兵に飲食や休養を十分に与えて英気を養っていました。

その結果、兵たちは力がみなぎり遊びだすものまで現れました。これで王翦(おうせん)は秦(しん)の兵たちが自分の兵と同じように使えるようになった事を悟ったようです。

一方、楚(そ)の軍から見ると、秦(しん)の軍は攻める気がないように感じたわけです。そして、秦(しん)の軍は攻めて来ないと判断して、項燕(こうえん)は進軍命令を出します。

この時を王翦(おうせん)は見逃しませんでした、進軍し始めた楚(そ)の軍に対して、秦(しん)の軍は全軍をあげて追撃し、総攻撃をかけます。

後ろから強襲を受けた項燕(こうえん)は軍が混乱してしまい、思うように戦えず、敗北を余儀なくされます。そして、王翦(おうせん)は、勢いに乗って楚(そ)の首都まで落としていき、楚(そ)を平定してしまいます。

その後、項燕(こうえん)が昌平君(しょうへいくん)を王にしたと記されていますが、既にキングダムで秦(しん)で活躍している昌平君(しょうへいくん)が何らかの形で楚(そ)にいて項燕(こうえん)により王になるように仕向けられたようです。

しかし、その昌平君(しょうへいくん)と項燕(こうえん)の軍も王翦(おうせん)は討ち破り楚(そ)を完全に亡ぼします。漫画キングダムでの名言でもあったように「絶対に勝つ戦」をしたという事なんでしょう。

 

王翦(おうせん)はおべっか野郎だった

 

王翦(おうせん)は、偉大な名将と言えますが、60万の兵を率いて、楚(そ)を攻めるときに、次の逸話があります。

それは、秦王・政(しんおう・せい)に、「褒美には良い土地をくれ」と何度も、使者を出しては秦王政におねだりしたとのこと。

それを度々やるわけです。しかし、王翦(おうせん)の言い分としては「秦王政は疑い深いから、田畑や金のためにやっているんだと、言う事にしないと疑われてしまうから」ということなんだそうです。

この記事を書いている時点で、漫画キングダムではここまでは話が進んでいません。なので、王翦(おうせん)のおねだり事件?をどのように原先生が描くのか非常に興味深いところです。

あの冷徹なそうな王翦(おうせん)がおねだりなんてするのかな?とも思いましたが、描かないわけにはいかないと思います。

でも、政(せい)と話しを合わせて、項燕(こうえん)を油断させるための策略の一環として描かれる可能性もあるでしょう。ここも漫画キングダムの見どころの一つですね。

 

王翦(おうせん)の短所

 

王翦(おうせん)は歴史に名を残した名将であることは間違いないでしょう。でも、司馬遷(しばせん)は王翦(おうせん)の短所も考察して書き記していました。

始皇帝(政 せい))に合わせる態度ばかりを取るお調子者で、秦国の土台を築く事は出来ていなかった。だから孫の代で王離(王翦の孫)が項羽(こうう)に捕虜にされたのは当たり前だと言うのです。

史記に記された記録では、名将であり守りが上手だったけど、政(せい)の政治の手助けしながら、上手に政(せい)を操り、私利私欲に走っていたおべっか野郎。これが王翦(おうせん)短所だと言える。と、書き添えています。

 

王翦(おうせん)の末裔

 

王翦(おうせん)の息子は、王賁(おうほん)でこの二人は歴史に名を残した名将と言えるでしょう。
しかし、秦(しん)は始皇帝(しこうてい)が亡くなってからわずか4年で滅亡してしまいます。

その時に、王翦(おうせん)、王賁(おうほん)もすでにこの世を去っていたようです。さらに、秦(しん)の末期に李信(りしん)も記録されていないので、恐らく逝ってしまったのかと思われます。

王賁(おうほん)の息子が王離(おうり)ですが、反乱軍である項羽(こうう)に捕らわれて殺されてしまうわけですが、項羽(こうう)は項燕(こうえん)の末裔ですね。

つまり、孫の代の再戦では、王家は項家に敗れてしまったわけです。歴史とはなんとも、すべての行為が後の運命までをも決定するということなのでしょうか?、興味深いものです。

 

3代まで続くで名将はあり得ない

 

スポンサーリンク

 

王翦(おうせん)、王賁(おうほん)は、秦(しん)の中華統一で多大な功積を残しましたが、斉(せい)を滅ぼした後は、すっかり歴史の舞台から消えてしまっています。

もしかすると、王翦(おうせん)や王賁(おうほん)が生きていたら、秦(しん)の末期の反乱も制圧したかも知れません。

しかし、その時には、王翦(おうせん)、王賁(おうほん)の姿は既になく王家では王離(おうり)の時代になっていたのでした。

王離(おうり)は、物語的な中国史の記述などで、章邯の副将として登場しますが、実際には章邯は囚人たちの寄せ集めの軍勢を率いて戦ったので、秦の正規軍を率いたのが王離(おうり)でしょう。

漫画キングダムでも登場している蒙恬(もうてん)は中華統一後、秦(しん)の30万の軍勢を率いて、北方の敵である匈奴(きょうと)と交戦したり、万里の長城を築城したりしていましたが、時代が変わると、趙(ちょう)の皇族により処刑されています。

蒙恬(もうてん)の後を継いで、30万の軍勢を指揮したのが王離(おうり)だったようです。この30万の秦(しん)の精鋭部隊を率いて、秦末期に復興した趙(ちょう)に攻め入ったわけです。

そして、囚人の寄せ集め軍団である章邯には、秦(しん)の精鋭部隊の補給の任を与えていたと考えられています。

そして、ある人が

「王離(おうり)は秦(しん)の名将だから、趙(ちょう)はまたすぐに滅亡する」

と言ったそうです。

しかし、別の人は

「いや、そうはならない、3代続けて将軍になると、必ず敗れる。なぜ敗れるかというと、殺した人の数が多すぎる。そのたたりが来る」

と返したという話が史記にあります。

実際に、王離(おうり)は項羽(こうう)が出陣して来た時に敗れて捕虜にされてしまい、その後の歴史の舞台から消えてしまいますが、趙(ちょう)での戦いを見る限りでは名将ではなくて、オボッチャンですね。

これだったら、秦(しん)の30万の正規軍は章邯に率いさせた方がよかったのでは・・・、と思えるほどです。

鉅鹿の戦いが舞台になるのですが、王離(おうり)は圧倒的な戦力を保持しながらも、趙(ちょう)の鉅鹿の城を落とすことが出来ません。

一方、趙(ちょう)では中心人物の陳余という人物が諸侯を回り援軍の要請をしました。そして援軍は来たのですが、秦(しん)の軍が大軍でしかも正規軍と言う事もあって戦闘に参加せずに、状況を見守る事しか出来ませんでした。

趙(ちょう)の方は鉅鹿が落ちれば滅亡だから全員一丸となって必死に戦ったんだと思うかも知れませんが、実際は趙(ちょう)は趙で、宰相である張耳と将軍である陳余が既に反目しあっていて、とても一致団結しているような状態ではなかったようです。

最終的には、楚(そ)の軍を率いた項羽(こうう)が趙(ちょう)の危機を救うのですが、その後に、張耳と陳余は大喧嘩をして絶縁しています。このことからも分かるように、趙(ちょう)内部でも崩壊してきていたのです。

さらに、最初に楚(そ)の軍を率いたのは宋儀という人なんですが、趙(ちょう)の救援に行きながら、46日間も助けに行かずに、同じ場所に滞在した記録もあります。

結局、宋儀は項羽(こうう)に斬られてしまうわけですが、46日間の同じ場所での滞在により、楚(そ)の軍が到着するのもかなり遅かったことが分かります。鉅鹿の城を落とすのに最高?とも言える状況が整っていたのではないかと思っています。

しかし、王離(おうり)は鉅鹿の城を落とせずに、救援に来た項羽の3万の軍勢に30万の軍勢が敗れるという事態に陥っています。

これではとても名将とは言えないでしょう。

もしかすると、その当時の秦(しん)は趙高が牛耳っていて腐敗しまくっていましたし、次々ときびしく取り締まって不正な者を排除したり、独裁政党などで、内部の反対派を追放されている事を知っていて、やる気がなかったとか、どうすればいいのか分からない状態になっていた可能性もあります。

それか、秦(しん)の公子が自分のところまで逃げて来て、それを立てて30万の軍勢で秦(しん)を攻めて首都である咸陽(かんよう)を陥落させる狙いがあった可能性もあります。

しかし、やっぱり名将という印象はのこりません。王離(おうり)の名誉のために言うならば、鉅鹿の城に対して王離(おうり)の猛攻は凄かったという話もあります。

堕ちる寸前だったという話もあるのです。それでも、やはり城を落としていませんし、秦(しん)の正規軍を大敗させた責任があるので、それでもやっぱり名将とは言えないと思います。

実際に、ここで王離(おうり)が勝っていれば歴史は大きく動いていたことでしょう。もしかすると、鉅鹿の戦いでは王翦(おうせん)が秦王・政(しんおう・せい)にやったように、土地のおねだりをしつこく趙高にお願いしていたのかも知れません・・・。

土地の約束が確定される前に項羽(こうう)に攻撃されてしまって大敗したのかなと・・・。まあ、そんな事はないと個人的には思いますが・・・。

それでも、やはりたたりか、3代連続で名将と言うのはちょっと無理があるんだなと思いました。

 

王翦(おうせん)の素顔のまとめ!

 

キャプチャ2https://www.amazon.co.jp

 

漫画キングダムの作中では、媚びを売ったり保身に走る様子は微塵も見せないは王翦(おうせん)ですが、今後、突然、キャラが変わるのでしょうか?

仮面をを取ったら実はお笑い系のキャラに変身するとか・・・。そんな展開はない事を祈っています。

今後のキングダムの展開の予想ですが、20万の軍で楚(そ)を攻めるものの、大将軍項燕(こうえん)に信(しん)と蒙恬(もうてん)は惨敗してしまいます。敗戦の責をとられ将軍の職を剥奪され処分を待つ身となる信(しん)・・・。

そして、今度は王翦(おうせん)が60万の大軍を率いて項燕(こうえん)を破り楚(そ)を滅ぼします。

ところが、楚(そ)を滅ぼした後も楚(そ)の平定には時間と手間がかかると60万の大軍勢を抱えながら秦(しん)に戻ろうとしない王翦(おうせん)・・・。しびれを切らした政(せい)は蒙武(もうぶ)を副将として楚(そ)に送り込みます。

が、しかし、この時王翦(おうせん)はすでに秦(しん)に向け軍を進軍させていたのだった!。
ついに王となるという野心を現実のものとした王翦(おうせん)は仮面を脱ぎ捨てる。

その素顔は王騎(おうき)そっくりだった。実は王騎(おうき)と王翦(おうせん)とは腹違いの兄弟だったのだ。

王翦(おうせん)は王騎(おうき)の兄であり、武力は王騎(おうき)より上をいっていた。そして、秦(しん)に進軍する王翦(おうせん)に対抗しうる将軍がいなかったため処分を免れ再び将軍として返り咲く信(しん)。

そして、王騎(おうき)の矛を手に王翦(おうせん)との戦いが始まる。

一方、王翦(おうせん)の反乱により秦(しん)は深刻な被害を被った。この事を他国に知られてはならないので王翦(おうせん)の反乱は歴史の闇に消えた。

王賁(おうほん)は父と戦う道を選んだため処罰は受けなかった。

そして、反乱は鎮圧され、王翦(おうせん)は歴史の舞台から姿を消した。その後信(しん)は将軍として王賁(おうほん)と共に燕(えん)・斉(せい)を攻めて滅ぼし中華を統一したのであった。めでたしめでたし・・・。

あくまで予想ですので、史実はほとんど無視した展開となっていますが、こういうのもありうるカモしれません!

 

スポンサーリンク

 - 未分類