王翦(おうせん)の逸話 ! by 司馬遷(しばせん) !!

   

漫画キングダムにおいて、 鄴(ぎょう)攻めの総大将に命じられた王翦(おうせん)。

その強さは異常で、魏(ぎ)との山陽平定戦では、魏(ぎ)の軍の白亀西(はっきさい)を総大将とした数多くの戦いで鍛えぬかれた廉頗(れんぱ)と、二軍与えられた中の一軍のみで戦い、

対合従軍戦(たいがっしょうぐんせん))では、燕(えん)の軍と対峙、山岳戦に長けた敵将、オルドに対して現れたり隠れたりして、所在が容易には計り知れないような戦術を用い、

オルド軍を混乱に陥れ、山に足止めした上で、楚(そ)の別動隊の前に登場し、打ち潰し、函谷関(かんこくかん)の危機を救っています。

危機的状況の時には、英雄的存在の王翦(おうせん)ですが、いまいち不人気なんですね。

 

王翦(おうせん)不人気の理由とは?

 

スポンサーリンク

 

このように、大きな武功を挙げながら、王翦(おうせん)が仲間に信用されない理由は、廉頗(れんぱ)が言った通り、

「あくまでも自分本位を貫き、副将の立場を弁えず、総大将蒙驁(もうごう)の作戦を勝手に変更し、仲間に信頼されないようでは、とうてい英雄とは呼べん」

王翦(おうせん)は、顔を仮面で覆い、常に表情が変わらず、相手に心を読ませまいとしているようにも思えます。

その心理を逆に言えば、心を開ける人間が周りにいないということで、逆に相手の内心を見透かそうという行為でもあるのです。

河了貂(かりょうてん)も、王翦(おうせん)の目は、敵ばかりではなく味方も不安にさせると言っていますし、人を寄せつけない何か冷たい光を放っているように見えます。

それに加えて、作戦を無視した、突然の身勝手な作戦の変更ですから、味方であっても、王翦(おうせん)が何を考えているか分からず、不安や恐れを生み出していると言えます。

 

自らの領地を国と呼び敵将を引き抜こうとする

 

王翦(おうせん)不人気の理由は他にもあります。彼が、自分の領地を国と呼び、敵将でも、戦の強い者に対しては威してまでも引き抜こうとする点にもあります。

魏(ぎ)将軍で、廉頗(れんぱ)の配下である弓の名手の姜燕(きょうえん)も人材登用されていました。

以上の点から、王翦(おうせん)には、自分が王になるという野心があるので、反乱を起こすのではと警戒され、才能がありながら、昭王(しょうおう)の時代から、不遇な扱いを受けてきたというのです。

 

史実では王翦(おうせん)はどうだったの?

 

ここまでは、漫画キングダムでの話しですが、史実上の王翦(おうせん)はどうだったのかきになりますよね。

先に言ってしまうと、史実の王翦(おうせん)も漫画に負けず劣らぬ軍才の持ち主であり、李牧(りぼく)をも罠にはめたほどの軍略に長けた人物でした。

偉大な名将ですが、王翦(おうせん)が何よりも恐れたのは実は敵では無く、味方でした。

 

秦王を恐れていた王翦(おうせん)

 

王翦(おうせん)が、いつから秦(しん)に仕えたかははっきりした記録はありませんが、紀元前225年には将軍職を辞しているくらいですから、もしかすると、昭王(しょうおう)の時代から、仕えていたのかもしれません。

であるならば、あの英雄、白起(はくき)が大きな武功を挙げながら、首相、范雎(はんしょ)に動きを阻まれ、嘘のたれこみにより秦王から死を宣告された事件を目の当たりにしている筈です。

その軍才において、白起(はくき)に勝るとも劣らない王翦(おうせん)は、それを見て、人事ではないと思ったのではないでしょうか?

 

秦王・政(しんおう・せい)に、褒美をしつこくねだる

 

そんな王翦(おうせん)の秦王に対する用心深さは、信(しん)と蒙恬(もうてん)が楚(そ)の侵攻に失敗し秦王自ら、将軍職を辞した王翦(おうせん)宅を訪れ、秦(しん)の全軍60万人を預け、楚侵攻に向かわせた時でも発揮されます。

ここで、王翦(おうせん)は、何度も秦王に褒美のための良い田畑や恩賞の事について約束を取り付けようと使者を出しては求めているのです。

それに呆れた兵が

「そんなに何度もおねだりすると王の機嫌を損ねますよ」

と言うと、

「今、私は秦のほぼ全ての兵力を預かっている、少しでも私に野心があると疑えば、秦王(しんおう)は戦が終わってから、私を危険視して即座に殺すだろう。土地や屋敷の恩賞にしか関心がない小者だと思わせればいい」

と、返すのでした。

王翦(おうせん)は自分を疑うかも知れない秦王を恐れ、あえて、自分に野心なんかありません。褒美のことで頭が一杯ですという意思を示していたのです。

そして、王翦(おうせん)の思った通りに、秦王は、王翦(おうせん)の小者ぶりに呆れ、褒美の約束すると共に疑心を解きました。そのことにより王翦(おうせん)は寿命まで生きることができました。

人を信じず、徹底して疑い自己保身に徹した守りの人だったようです。

 

王翦(おうせん)の逸話

 

スポンサーリンク

 

王翦(おうせん)は中国の歴史に名を刻んだ偉大な名将であることは間違いないでしょう。ところが、司馬遷(しばせん)は史記のなかで王翦(おうせん)の逸話も書き記していました。

それは始皇帝(秦王政)に合わせることばかりを考えているお調子者で、秦国を底辺から築き上げる事は出来ていなかった。

だから後世に生まれた孫の王離(王翦の孫)が楚(そ)の項羽(こうう)に捕まり、捕虜にされたのは当前だと書き記しています。

さらに、司馬遷(しばせん)は、名将であり守り上手であったが、始皇帝が国を治める仕事の手助けをしながら、皇帝の機嫌をとり、秦国を食い物にしていたおべっか野郎。

これが王翦(おうせん)の良くない所だと言える。と、追記しているのでした。

 

まとめ

 

かたや、王になろうとしているという黒い噂のキングダムの王翦(おうせん)。

それとは逆に、小者ぶりを自ら示してまで、秦の疑いの目から逃れようとした史実の王翦(おうせん)。

全く逆に見える両者ですが、自分の本心を誰にも悟らせまいと慎重に事を進めている点は共通しています。

漫画キングダムは「史記」を参考にして描かれていますが、登場人物には、史実に忠実ではない作者独自の考えが認められています。

ですので、漫画キングダムの王翦(おうせん)が史実の王翦(おうせん)を基に描かれていくのか、新しい作者独自の解釈で王への野望を追い続ける独創的な王翦像が描かれるのか、キングダムは楽しみがつきませんね。

原先生が描く、王翦の今後の行動が楽しみです。

 

スポンサーリンク

 - 未分類