道化のバギーが七武海に入れた理由をどこよりも詳しくまとめてみた!

   

キャプチャ

バギーが七武海に入れたのはなぜか?マルコが仲間に!

みなさん、どうも!
torajirouです。

その昔、東の海でルフィーと対戦したことがある道化のバギーが話題になっていますね。

なんと!七武海入りしたらしいではないですか!!

『どうして、七武海に入れたの?』

と疑問に思っている人も少なくないのではないでしょうか。

それに見合う力はないけれど、なんだかすごいですね!

自分的にはきらいじゃぁないですけれど、どんな理由が隠されているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

バギーが七武海に入れた訳!?

 

バギーが七武海に入れたのは、おそらくは、インペルダウンの脱獄から頂上決戦にいたるまでの活躍(?)が、海軍に注目されていたからではないでしょうか。

では、その詳細について、説明していきましょう。

 

バギーの七武海入りの理由 1

 

バギーは、かつてロジャーの仲間で、一緒に船に乗り、海賊になるための修行をしていました。

シャンクスともかなり仲が良かったようです。

海軍はその事を知っていて、「伝説を生きる男」と読んでいました。

ロジャーを船長と呼んで慕っており、ロジャーが処刑された時もロークダウンにいて、彼の死を見届けていました。

ですから、バギーも海賊王の船に乗っていたことと、最後の島ラフテルも確認しているはずなので、政府としても重要人物として一目置いていたに違いありません。

 

バギーの七武海入りの理由 2

 

「頂上決戦編」の時も、白ひげから協力してくれと頼まれましいました。

ただし、本当のところはバギーというよりも、バギーの子分となったインペルダウンの囚人らがわずらわしいと感じての頼みでした。

バギーと囚人らはいいようにだまされてしまいましたが、白ひげにいいように踊らされたということでしょう。

当然、囚人らをたばねる事ができたバギーの実力が上だったと考えられます。

 

バギーの七武海入りの理由 3

 

「頂上決戦編」では、バギーとシャンクスが争っているような感じもしました。

あれほどまでに強いシャンクスと同等に話しをしているバギーを見れば、政府関係者や囚人でなくても、

『バギーは強い奴なんだと勘違いしてしまってもおかしくはないでしょう』。

当然、シャンクスとは(1)にも書いたとおり、同じ船に乗船していた仲というのが影響しているのですが・・・(笑)

バギーには人を引き付ける魅力があるのかもしれませんね。

 

バギーの七武海入りの理由 4

インペルダウンの囚人らを束ねる

 

(1)から(3)でも書いたとおり、ロジャー、白ひげ、シャンクスと言ったどえらい登場人物たちにも認められており、これにより囚人らからの信頼も得ました。

ロジャーの船にいたと言うことが、一番大きな理由とも思いますが、元々、海賊王になる船に乗ると言うこと事態が、認められた人物にしかできないことでもあるのです。

目に見える力はさほどではないかもしれませんが、今後のバギーから目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

 

マルコがバギーの仲間に!?

 

バギーが七武海に入ったので、白ひげ海賊団の一番隊長のマルコが仲間になったという噂もありました。この噂に関しては、正確な情報ではないようです。

どうしてこのような情報が出まわったのでしょうか?

下記が、その時の噂となった原因の情報です。

 

キャプチャ

 

マルコが入っていますね!驚いた人も多いのでは・・・!

でも、正確では無い情報なので、あまり気にしないほうがいいと思います。

当然、バギーの仲間たちの中にはインペルダウンの囚人らもいるとは思いますが、問題児たちを束ねるのは骨が折れるのではないでしょうか。

そのうちにバギーの化けの皮がはがれる時が来ると考えられますが、バギーはトランプで言えばジョーカーの役回りも担っていますので、カギとなるキャラとして活躍していくかもしれません。

 

まとめ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

主人公みたいな悪役と言ってもいいくらいのカリスマ性と幸運!

それにしても、バギーの成りあがりぷりは見ていて楽しいですね!

そして、これからのバギーはどんな成り上がりっぷりを見せてくれるのでしょうか?

バギーの性分から考えると、この七武海制度がある限り自分から退くことはないだろう。

でも、海賊としての頂点はやはり海賊王なんだけど、ストーリーとしては海賊王はもちろん、主人公のルフィとなるはずなので・・・。(笑)

『展開としては、やはり海の皇帝「四皇」くらいまでは登りつめてほしいですね!』

この展開のままストーリーが進めば、藤虎が「七武海の完全撤廃」の意志を表示していたから、いつかは、この制度事態が、消えてなくなると予想できる。

『そうなった時のバギーはどうなる?』

多分、現在の武力・指揮力・知力等を分析すると、じわじわと四皇になっていく?(笑)
当然、その時に四皇の誰かが欠けてしまっている場合に限るけど・・・。

torajirouとしてはバギーには是非この立ち位置までのし上がって欲しいところです。

 

スポンサーリンク

torajirou

 - 未分類