【ワンピース】最新情報にもとづく考察『悪魔の実の能力者でも水中で生きられることがある!?』

   


 

「 趣味は 自殺 」(79巻795話)というカイドウですが、そのタフさゆえに何度試しても失敗してしまったそうです。

しかし、一方でワンピースの世界には、肉体の強弱に関係なく効果を発揮するであろう、簡単な自殺法があります。

それは、悪魔の実を使った自殺です。

悪魔の実を食べた者は、不思議な能力を手に入れる代わりに、一生泳げなくなってしまいます。

また、黒ひげという例外はありますが、一般的に悪魔の実の能力者がさらに他の実を食べると、体が跡形も無く飛び散って死ぬと言われています。

これらの特徴をつかって、能力者になって海に入ったり、2つ目の実を食べたりすれば、簡単にあの世に逝けるというわけです。

果たして、カイドウはこれらの方法を試したことがあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

もし、試したことがあるのなら、カイドウは悪魔の実の効力が効かない特殊な体の持ち主だということになります。

そんなカイドウの妙な体については他の記事であらためて考察するとして、ここでは

「悪魔の実を食べると泳げなくなる」

ということについて考えてみたいと思います。

カイドウの手下のジャックは、能力者が水の中で、必ずしも溺れ死ぬとは限らないということを教えてくれました。

ジャックは82巻821話で象主(ズニーシャ)の猛攻を食らい、船もろとも海の底に沈められてしまいましたね。

あぁ!これでジャックは溺れ死んだかと思いきや、なんと彼は海のそこで生き続けていました。

そのシーンでは、「早く 来い ・・・ 」「早く おれを ・・・ 」「引き 上げろ ・・・!! 」(82巻824話)

という言葉から推測するに、手下が自分を引き上げに来てくれるのを待っていたのでしょう。

なぜ、ジャックは水中で行き続けることができたのでしょうか?

まず考えられるのは、驚くべき身体能力(肺活量?)でひたすら息を我慢していたというケースです。

つまり、この場合ジャックは溺れていなかったわけではなく、そのまま水中に置き去りにされれば他の能力者と同様に、溺れ死んでしまいます。

ジャックが「早く来い・・・」と言っていたのは、耐えられる時間に限界があるということを示していたのではないでしょうか。

とすると、刻一刻と死が自分の身に迫ってきているわけですから、身体能力だけではなく、凄まじい精神力も必要だったと考えられるわけです。

さらに、仲間に見聞色の覇気(けんぶんしょくのはき)の使い手がいれば(四皇の大海賊なのでひとりくらいはいる)、いち早く居所を突き止めてくれるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

そして、もうひとつは、ジャックが魚人だというケースです。

魚人は水中で生きられる人種ですから、魚人で、かつ能力者ということであれば泳げなくても溺れ死ぬことはないですよね。

魚人といえば、魚人にも能力者がいましたよね!そうです、まず思い浮かぶのが魚人島編で登場したフライング海賊団船長バンダー・デッケン九世(ネコザメの魚人)ですね。

デッケンは自称「魚人にして 泳げねェ」(63巻615話)と言っていました。

一方で、デッケンの船「フライングダッチマン号」には「海をさまよい 続ける」(62巻606話)という伝説があるくらいですから、デッケンの率いるフライング海賊団も、主に海中で行動しているはずです。

もしも、デッケンが「溺れ死ぬ」のであれば、伝説どおり「海をさまよい 続ける」のは危険以外の何ものでもありません。

裏を返せば、それは魚人の能力者が溺れ死なないことを示しているのではないでしょうか!?

では、話しをジャックに戻しましょう。

問題はジャックが魚人であるかどうかなのですが、そこで注目したのが彼の歯です。

よく見ると、ジャックの歯はギザギザで、さきがとがっています。(82巻824話)

これは魚人によく見受けられる特徴です。

デッケンも、ホールディ・ジョーンズ(新魚人海賊団船長)も、ホーディの仲間のダルマやドスン、ハモンドなども、皆、歯がギザギザです。

今のところジャックがどんな魚人か判別できるヒントはありませんが、尾田先生は、水中で生き続けているシーンやギザギザの歯を描くことで、ジャックが魚人であることをほのめかしているのかもしれませんね!

ついでに言っておくと、ビック・マム海賊団の戦闘員ベコムズ(ライオンのミンク)も、何かしら「水に強い性質」をもっているかもしれません。

ただ、カメカメの実の能力者であるベコムズ(82巻822話)の場合、ジャックとは違って自分の身体能力というよりも、悪魔の実に何か原因があるような気がします。

カメには水中で生活する種類もいますからね。

動物(ゾオン)でこれほどまでに水と相性のいい生き物が参考にされたのは、これがはじめてと言ってもいいのではないでしょうか。

ベコムズは83巻834話でカポネ・ギャングベッジ(ファイアタンク海賊団船長)に銃撃され、崖から海に落ちてしまいました。

その後、ベコムズがどうなったのかはわかりません。

普通に考えれば、ジャックの場合と同様、能力者が海に沈んだのですから、絶体絶命の危機です。

多少相反する言いまわしになりますが、ベコムズの場合は海に落ちたとしても、おそらく、悪魔の実の能力のおかげで死には至ってないかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類