【キングダム】ネタバレあらすじ感想!第507話『仁と淡』

   


 

みなさん、どうも
torajirouです。

ついに仁(じん)と淡(たん)の初陣ですね!

仁(じん)は、なんとか乗り越えられたものの、淡(たん)はなかなか実戦には慣れない感じでした。

力のある者が、戦場で使えるかどうかを試されている場なので、なんとしても淡(たん)もがんばって乗り越えほしいところです。

 

第507話『仁(じん)と淡(たん)』

 

スポンサーリンク

 

緊張が走る仁(じん)と淡(たん)の初陣。

城壁突破という重要な場面でふたりは役目を果たせるのか !?

仁(じん)と淡(たん)は猿角(えんかく)と里魏(りぎ)に伴われ鳥加族(ちょうかぞく)の弓隊のところへと連れて行かれる。

猿角(えんかく)と里魏(りぎ)が大きな盾を持ち、敵の攻撃から仁(じん)と淡(たん)を守るようだ。

山の民の戦闘集団が敵にやられ次々とハシゴから落ちてくる。

その光景を目の当たりにした、仁(じん)と淡(たん)は、完全に尻込みしてしまう。

猿角(えんかく)が

「そう緊張するな、お前ら!」

と声を掛け、

里魏(りぎ)も

「敵の矢からは俺達が守ってやるお前らには一本もかすらせねェ」

と劇を飛ばすが、

楊端和(ようたんわ)は仁(じん)と淡(たん)を見て、信(しん)に

「お前達の弓使いはずいぶん子供っぽいな」

と、無表情にポツリとつぶやく。

貂(てん)は飛信隊(ひしんたい)の中でも最年少であると返し、信(しん)は腕は一級品だと断言する。

しかし、信(しん)は仁(じん)と淡(たん)がまだ人に向けて矢を射った事がないことを心配していた。

鳥加族(ちょうかぞく)の後方に位置を決め、準備を始める猿角(えんかく)と里魏(りぎ)。

鳥加族(ちょうかぞく)も盾を降ろし、弓を射るための準備を始める。

緊張で汗だくな仁(じん)と淡(たん)。

猿角(えんかく)と里魏(りぎ)は鳥加族(ちょうかぞく)が城壁からずいぶんと距離を置いて陣をとったなという印象を受ける。

しかし、淡(たん)は自分が思っていた射撃位置よりも近すぎると感じており、もっと後ろから撃ってもいいかと聞くと猿角(えんかく)と里魏(りぎ)は敵の矢は全部盾で守るから安心しろと言う。

しかし、淡(たん)はそうではなくてと続ける。

そんなやり取りをしている間に鳥加族(ちょうかぞく)がいっせいに矢を放つ。

城壁にいる趙(ちょう)の兵たちはハシゴを登ってくる山の民の迎撃に気を取られている。

その趙(ちょう)の兵たちを鳥加族(ちょうかぞく)が放った矢が射抜いていく。

それに合わせるようにして、バジオウの軍団が城壁にハシゴをかけはじめる。

趙(ちょう)の兵たちがバジオウの軍団がかけたハシゴの方に迎撃に向かうと、鳥加族(ちょうかぞく)が放った矢が次々と趙(ちょう)の兵を射抜く。

 

スポンサーリンク

 

信(しん)と貂(てん)は流れが来ていることを感じたが、貂(てん)は仁(じん)と淡(たん)が矢を射っていないことに気付く。

仁(じん)と淡(たん)は猿角(えんかく)と里魏(りぎ)になぜ撃たないと攻め立てられている。

淡(たん)はここからじゃ敵の顔がはっきり見え過ぎると訴える。

だが、それがどうしたと返される。

俺たちが撃ち出したら、顔がはっきり見える相手を一方的に・・・、と淡(たん)が返し始めると、仁(じん)はやめろと淡(たん)の言葉を制する。

そして、仁(じん)は予想外なことが二つ起きているが、わかっていたはずだと言い聞かせる。

予想外なことの一つは覚悟が少し足りなかったこと、二つ目は手の震えが止まらないことであった。

仁(じん)はそれに気づき、覚悟は今決めればいいし、こんな距離程度の射撃なら少しくらいの手の震えなどどうってことはない。

その時、山の民の新手(あらて)の弓隊に気づいた趙(ちょう)の弓兵からの攻撃が始まった。

その攻撃をかわしながら、じっと前方を見つめる仁(じん)の目に鋭さが戻ってくる。

ハシゴを登る山の民の軍団が次々と落下している。

自分達が射っていない間にハシゴを登る味方を敵の矢が一方的に殺している、それを止めるのだ。

今はそれだけを考えて・・・、俺に続けと淡(たん)に言い、次の瞬間仁(じん)の目は力強くなり、矢を放ち始めるのだった。

その矢は城壁にいた趙(ちょう)の指揮官の左目を射抜いた。しかも即死!

さらに仁(じん)は矢を放ち、次々と趙(ちょう)の指揮官を射抜いていく。これまた、即死!

そして、仁(じん)は淡(たん)に続けと命令する。

淡(たん)は無我夢中で矢を放つ。

しかし、その矢は城壁に突き刺さる。

幾度と無く繰り返すが、全て外れてしまう。

淡(たん)はその場で泣崩れてしまう。

一方、仁(じん)は十連だ見ておけと言い放ち、十射した全ての矢が趙(ちょう)の兵が防御する盾の隙間をぬって、射抜いていく。

その時、仁(じん)の放った矢のおかげで城壁の上に防御の隙間ができる。その瞬間、ついにバジオウたちが一気に城壁の上に立ったのだ。

 

スポンサーリンク

 - 未分類