【キングダム】ネタバレあらすじ感想!第508話『山民族の剣』

   


 

ついに信(しん)が王騎(おうき)の矛を振るいましたね!

今後の展開がますます期待されます。

そして、またしても、田有さん、斬られてしまいましたが、さほど深くはなさそうなので、田有さんにとってはかすり傷程度でしょうか。

それにしても、田有さんは攻撃に耐える強さがあるというか、免疫があると言うか・・・!?

 

第508話『山民族の剣』

 

スポンサーリンク

 

「今こそ『山』の武を誇示する刻」

バジオウがついに城壁を突破する。

そして、山の民が誇る戦士が、戦場を縦横無尽に暴れまわる !!?。

城壁に立つバジオウ。

驚愕しながら焦る趙(ちょう)の兵たち。

そして、バジオウが剣を構える。

バジオウの剣は圧倒的威力で、城壁を守る趙(ちょう)の兵を次々と瞬殺していく。

趙(ちょう)の兵たちは盾(たて)でバジオウの周りを取り囲み、押し潰そうとするが、バジオウは強烈な飛び蹴りを盾を持った兵に食らわし、盾を持った兵はそのまま吹っ飛ばされてしまう。

山の民たちはバジオウの後に続き、次からつぎに城壁に登り、趙(ちょう)の兵を倒していく。

信(しん)はそれを見て、驚きつつも、飛信隊(ひしんたい)の突入の準備を始める。

そして、ついに山の民は城門開閉の部屋を探り出し、城門が開かれる。

 

スポンサーリンク

 

その様子をじっと見ている王翦(おうせん)とその軍勢。

王翦(おうせん)は無言でじっと見つめている。

楽華隊(がっかたい)の蒙恬(もうてん)も驚きながらその様子を見守っている。

そして、飛信隊(ひしんたい)では、ガチガチになり緊張する新兵たちをよそに、開門を確認した楚水(そすい)が一気に突撃していく。

しかし、趙(ちょう)の兵たちも待ち構えていたため、気合を入れてかからねば返り討ちにあうような状況であった。

干斗(かんと)ら新兵たちは、緊張のあまり固まりつつも、なんとか伍を構えていた。

ところが、一人が逆上してしまい伍を崩して趙(ちょう)の兵に立ち向かって行ってしまう。

そして、その干斗(かんと)の伍の仲間ひとりは趙(ちょう)の兵に斬られ、伍長も刺されてしまう。

また、干斗(かんと)自身も趙(ちょう)の兵に体当たりされ転倒したところを斬られそうになる。

絶体絶命のピンチにへたり込む干斗(かんと)。

次の瞬間、崇原(すうげん)が現れ、趙(ちょう)兵を一瞬で斬り伏せてしまう。

崇原(すうげん)は伍を崩すなと命令し、乱戦の中では生き残ることだけを考えて戦え、生き残ったら少しだけ褒めてやると言い残し、その場を去ろうとするが。

そこに馬の足音が響き渡り、趙(ちょう)の雷花騎馬隊が現れ、田有(でんゆう)が胸元を斬りつけられ倒されてしまう。

干斗(かんと)は雷花騎馬隊の力を見て、混乱してしまうが、崇原(すうげん)は心配するなうちには信(しん)がいるとつぶやく。

その時、雷花の目の前に巨大な矛が迫っていた。

信(しん)が雷花に王騎(おうき)の矛を振り下ろし、一撃で騎馬隊長を仕留めてしまった。

 

スポンサーリンク

 - 未分類