【キングダム】ネタバレあらすじ感想!第510話『新兵達の夜』

   


 

キングダム第510話『新兵達の夜』

 

列尾(れつび)城内では干斗(かんと)が荒れていた。

あんなに苦労して選抜をかいくぐり、厳しい訓練をしてきたのに、いざ初陣の戦闘が始まったら何もできなかったとわめき散らしていた。

そこに松左(しょうさ)、崇原(すうげん)、尾平(びへい)らが酒を差し入れするためにやってきた。

干斗(かんと)は大怪我した奴も、死んだ奴もいるので、飲む気分にはならないと言うが、

松左(しょうさ)は、バーカだから飲むんだ、一生に一度の初陣の夜の酒だ、どんな味かしっかり味わっておけとさとす。

すると干斗(かんと)たちも酒を飲み始める。

そして干斗(かんと)は崇原(すうげん)に助けてもらった礼を言う。

崇原(すうげん)は礼を言うくらいなら、さっさと強くなれと返す。

松左(しょうさ)は、あまりいじめるな、崇原(すうげん)だって初陣では一人も斬れずに小便漏らして終わったじゃないかと言う。

干斗(かんと)が本当ですかと崇原(すうげん)に聞き返すと崇原(すうげん)は本当だと答える。

それを聞いた、干斗(かんと)たちは少し気が落ち着いたようだ。

さらに、あの隊長も初陣ではけっこう恥ずかしい思いをしたのかと尋ねると、

信(しん)は初陣の蛇甘平原(だかんへいげん)の戦いで先頭にたち、いきなり敵の守備隊の中にひとりで突っ込んでいって、味方のために突破口を開け、

危機的状況に陥っても、一人で馬に乗り、敵の大軍に突っ込んだり、初めて見た装甲戦車をぶっ倒したり、

朱鬼(しゅき)や麻鬼(まき)といった凄腕の敵将軍の首まで取ってしまったりと大活躍だったんだと懐かしむ。

松左(しょうさ)は信(しん)は十近く下のアホなガキなんだが、とにかく戦場じゃ誰よりもカッコいいとつぶやく。

 

スポンサーリンク

尾平(びへい)は今回、信(しん)の初陣までとはいかないまでも大武功を挙げた仁(じん)と淡(たん)を一番に祝いに来たと二人を探す。

なにしろ仁(じん)は山の民が城壁を登っても下から矢を射り続けて三つの矢の筒が空になるまで敵兵を射抜き続けたのであった。

ところが、淡(たん)は一矢も当たらず、途中で投げ出してしまった。その後、仁(じん)と淡(たん)の姿を列尾(れつび)を落とした後から誰も見ていなかった。

淡(たん)は宿営で一人落ち込んでいた。

それは戦が終わった後にお前は少し反省しろと仁(じん)に頰を殴られていたからだった。

一方、仁(じん)の方は一人で城内のある場所にいた。

貂(てん)は城の中を調べていたが、一人たたずむ仁(じん)をみつけ、貂(てん)が初陣から大役を任せてしまったことを詫びるのだった。

仁(じん)は任されたのは嬉しかったが、いざ始まるとすべてのことが思った通りではなく、全く違ったと感じたと話す。

貂(てん)はまだ仁(じん)の手が震えているのを察した。

仁(じん)は今までで一番力んで撃ち続けたからと、人を初めて射抜いたからと話す。

貂(てん)はきっと後者だと言い、震えてこその飛信隊(ひしんたい)だと断言する。

その優しさと弱さはこれから強くなれるあかしだとも言い切るのだった。

そして、飛信隊(ひしんたい)は全員いろんな壁にぶつかって乗り越えてきており、貂(てん)も戦いを操作し、相手や味方を殺すのも怖かったと話す。

慣れもあるけど、弱さや、やさしさがあるから本当の強さを知れる。

その手の震えは決して恥じるものではないと手を添えるだった。

仁(じん)はすっと立ち上がり、手の震えはとまらないけれど、少し肩が軽くなったと貂(てん)に感謝し、淡(たん)を探しにその場から去っていく。

貂(てん)は列尾(れつび)の城を見回り、気づいたことを王翦(おうせん)に報告しようと王翦(おうせん)の本陣を訪れるが、

 

スポンサーリンク

 

そこは大騒ぎで、大混乱していた。

そこには楊端和(ようたんわ)も来ており、楊端和(ようたんわ)は騒ぎの原因は王翦(おうせん)が突然いなくなったからだと貂(てん)に伝える。

 

今回の感想

 

さすがは王翦(おうせん)ですね!

展開がほとんど読めない。

おそらくは、李牧(りぼく)の罠を見抜いたのでしょう。

それを上まわる策を打つために確認をしに出かけたのではないかと思われます。

それとも、逃げたのか・・・ !?

絶対に勝つ戦以外興味ない方ですからね・・・。

一方、貂(てん)や陽端和(ようたんわ)も何か異変に気づいた様ですね。

さすが天下の大将軍になる飛信隊(ひしんたい)の軍師。

頼り甲斐があります。

 

スポンサーリンク

 - 未分類