【キングダム】の信(しん)は史実に存在していた !?

   


 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

       兵馬俑

原泰久先生の人気漫画『キングダム』は中国史好きだけでなくても、興味津々な話題がたまらない漫画ですよね!

中国史をもっと知りたいと思う人も増えてきたのではないでしょうか!

それが自分が好きな漫画のキャラクターだとしたらなおさらですよね!

漫画『キングダム』の主人公の信(しん)は、実は史実にも記されている李信(りしん)という武将をモチーフにしているようです。

もちろん、嬴政(えいせい)は、ご存知の通り秦の始皇帝の若き日の姿として描かれています。

漫画キングダムの作中では李信(りしん)は戦争孤児であり贏政(えいせい)に協力したことで、武将としての道を歩み始めます。

嬴政(えいせい)も人間不信からくる圧倒的な能力や性格の持ち主として描かれています。

では、史実の記録では彼らは、どういう活躍をしたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

漫画キングダムと『史記』と信

 

春秋戦国時代を生きた信(しん)を記す歴史書は、司馬遷(しばせん)が記した『史記』しかありません。

『史記』は王朝公認の歴史書である正史(せいし)の先駆けと評されているくらいですからね。

春秋戦国時代を知るには、まず『史記』から入るのが王道と言えるでしょう。

横山光輝氏の漫画『史記』やちくま学芸文庫の訳本もありますで、興味のある方はそちらも読んでみるといいですよ。

嬴政(えいせい)、後の始皇帝は中国の最初の皇帝として、別に伝記が記されています。

その伝記には紀元前259年、今から2000年以上も前に趙(ちょう)の国で人質の子として生まれました。

政(せい)が3歳の時、父と呂不韋(りょふい)が彼と母を残して先に趙(ちょう)から逃げてしまったために人質として取り残されてしまいます。

それから数年後、父が秦王(しんおう)となると政(せい)は王子として秦(しん)に帰国します。

その父は早々に亡くなってしまい、彼は僅か13歳で秦王(しんおう)となり、戦国七雄(せんごくしちゆう)の戦いに巻き込まれていくのです。

漫画では信(しん)と出会うのはこの頃ですが、信(しん)は一体何をしていたのでしょうか?

実は、信(しん)に関しては記された史実はほとんどなく、正体がよくわからない謎の人物なのです。

信(しん)の史実を追うには、『史記』に記された王翦(おうせん)の列伝を紐解きながら、少ない記述をつなぎ合わせるしかありません。

嬴政(えいせい)が秦(しん)の王となった時点で、信(しん)の名はまだ史実には登場しません。

現在、漫画『キングダム』では王翦(おうせん)と陽端和(ようたんわ)、桓騎(かんき)が趙(ちょう)の列尾(れつび)を攻めているところまで描かれていますが、

信(しん)に関してはこの時点でも何をしていたのかよくわかっていないないのです。

秦(しん)はまず戦国七雄の最弱国・韓(かん)を滅ぼします。
そして、次に攻めるのは政(せい)にとっては因縁の思い出がある、あの趙(ちょう)です。

信(しん)が李信(りしん)として史実上初めて登場するのは、この趙(ちょう)との戦いの時です。

李信(りしん)は名将王翦(おうせん)が数十万の大軍を率いて趙(ちょう)を攻め続けている間、

おそらく別動隊(1000の兵とあるので)を率いて、北の太原(たいげん)や雲中(うんちゅう)を攻めていました。

この記述の他には李信(りしん)についてはまったく記されてはいません。

 

スポンサーリンク

 

漫画キングダムと中国の史実

 

そうして趙(ちょう)を滅亡させた嬴政(えいせい)は、かつて恨みを持っていた者たちを皆生き埋めにしてしまいます。

それから今で言うところの北京を都とする燕(えん)を攻めるわけですが、そのときに李信(りしん)も1000の兵を率いて戦に加わっています。

この時のことも、史実ではそれ以上は記されてはいません。

燕(えん)との戦いが始まる前、嬴政(えいせい)は燕(えん)が送った暗殺者によって殺されかけますが、自ら剣を振るって暗殺者を返り討ちにしてしまいます。

この暗殺未遂事件は、自分の命を危険にさらしましたが、燕(えん)を滅ぼす口実を手に入れたとして、嬴政(えいせい)は喜んだという逸話(いつわ)も知られているところです。

こうして、秦(しん)の軍が燕(えん)を滅ぼした次の年に嬴政(えいせい)は大国・楚(そ)に対し大規模な戦をおこそうとします。

その時に李信(りしん)と王翦(おうせん)にそれぞれの意見を求めました。

李信(りしん)

「20万の兵を率いれば十分でしょう。」

それに対し、

王翦(おうせん)

「いや、楚(そ)と戦うならば。60万は必要だ。」

と返します。

60万といえば当時の秦(しん)の軍のほぼ全兵力です。

嬴政(えいせい)は最終的には若くて血気盛んな李信(りしん)の意見を取り入れ李信(りしん)に20万の兵を与えて楚(そ)攻めを任命した。

李信(りしん)は最初うちは有利に戦を勝ち進めましたが、楚(そ)の名将・項燕(こうえん)率いる軍の奇襲攻撃によって惨敗してしまいます。

そして李信(りしん)は大将から外され、代わって100万の大軍を率いた王翦(おうせん)が楚(そ)を滅ぼしてしまいます。

この負け戦が李信(りしん)について記された史実の中ででは最も詳しい記述とされています。

ここでは李信(りしん)は年老いた王翦(おうせん)に比べて若き将として描かれていますが、実際の年齢の詳細は記されてはいません。

そして魏(ぎ)も滅び、残るは遼東(りょうとう)に逃げている燕(えん)と斉(せい)です。

李信(りしん)はこの燕(えん)と斉(せい)を攻める戦いにも普通に加わっています。

そして、紀元前221年、ついに秦(しん)は中華全土を統一したのです。

こうして至高の君主となった嬴政(えいせい)は王を超える存在としての称号、つまり「皇帝」を定め、最初の皇帝『始皇帝』となったのです。

中華を統一した始皇帝は不老長寿の願望を叶えるために徐々に狂っていってしまいまいます。

簡単な裁判さえも皇帝である自分がわざわざ筆を執って採決するほどの人間不信と仕事人間っぷりをみせます。

その後も努力したにもかかわらず、不老長寿を手に入れることはなく、この世を去ってしまうのです。

その後の秦(しん)は暴君の二世皇帝により不満がつのり、項羽(こうう)や劉邦(りゅうほう)といった歴史的な英雄によって滅ぼされてしまいまうのです。

では、その時李信(りしん)は始皇帝の天下統一後から滅亡まで一体何をしていたのでしょうか?

それは、つまり・・・(汗)

「史実に記されていないのでよくわからない」です。

中華統一を境に李信(りしん)は史実から姿を消してしまいます。

ただ、李信(りしん)らの時代から100年ほど後の漢(かん)の武帝(ぶてい)の時代に活躍した李広、李陵らは李信(りしん)の子孫であるとされています。

また、李広、李陵らの時代からさらに800年も後の唐(とう)の皇族李氏も李信(りしん)の子孫を自称しています。

ですが、唐(とう)の皇族李氏の系譜はそもそも出典もわからず信憑性(しんだせい)は殆どありません。

李信(りしん)については結局のところ謎が謎を呼ぶままなのです。

 

スポンサーリンク

 

漫画キングダムと中国を解説

 

一方、嬴政(えいせい)の子孫の存在も後世に全く持って伝わっていません。

『史記』には、項羽(こうう)が咸陽(かんよう)を落とした際に皆殺しにされたと記されてはいます。

ただ、実際は項羽(こうう)がそこまでの仕打ちをしたのかさえも諸説あります。

いずれにせよ、始皇帝の血脈は後世に伝わってないようです。

謎とロマンに満ちていますね!

どうでしたか?

漫画キングダムで活躍している武将達も、史実では全く別の人格や性別で、役割も違ったりはしています。

歴史的な漫画を読む時には、そうした物語と史実の背景を意識してみるとより深く楽しめるようになるのかもしれませんね!

でも、まあ、細かいことはさておき漫画キングダムがおもしろければそれでよしとしましょうね!

信(しん)の歴史的記述が記されている『史記』でさえも、春秋戦国時代から100年後に書かれた歴史書ですし、

『史記』の現存する原本はさらに、1000年以上も後の宋(そう)の時代のモノだというのだから・・・。

本当の歴史なんて誰にもわからないんですよ !!

でも最近見つかった兵馬俑(へいばよう)から新事実が続々と出てきているようですね。

興味津々!

そんなところからも、漫画キングダムを機に掘り下げていこうかと思っていますので、どうぞお楽しみに !!!

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

       兵馬俑

 - 未分類