【キングダム】信(しん)の武器についての考察!

   


 

キャプチャ

https://www.amazon.co.jp

 

スポンサーリンク

 

【キングダム】信(しん)の武器

 

紀元前236年、ついに秦(しん)は趙(ちょう)に向け侵攻を始めました。

総大将は王翦(おうせん)、副将は桓騎(かんき)と楊端和(ようたんわ)

そして極秘の任務である趙(ちょう)の王都・邯鄲(かんたん)の喉元、鄴(ぎょう)を攻めるのが、

信(しん)、王賁(おうほん)、そして蒙恬(もうてん)です。

速攻が勝敗をわけるこの戦いに、信(しん)の武器に変化が起きました。

受け継ぎながらも、今まで扱うことができなかった王騎(おうき)の矛(ほこ)を手にしたのです。

しかし、キングダムの読者からは、

「まだ大将軍になっていない信(しん)に王騎(おうき)の矛は早いんじゃないの?」という

煮え切らないの見方も出ています。

確かに、信(しん)も王騎(おうき)の矛(ほこ)を使っては見たものの、まだ重さに慣れず、

どちらかと言うと、使いこなせずに信(しん)の戦闘能力をうばっているかのようでした。

確かに今回の趙(ちょう)との戦いは怪物・李牧(りぼく)が相手です。

総大将は王翦(おうせん)とはいえ、鄴(ぎょう)を攻める極秘の作戦を受けている信(しん)がなぜこの時期に王騎(おうき)の矛なんでしょう。

ちょっと、背伸びしすぎなのではないか?と見て取れなくもないです。

いったい、原泰久先生は何を考えているのでしょうか?

もしかすると、限界突破をする信(しん)を描こうと言う設定 !?

考えてみれば、信(しん)の武功は限界突破の連続でした。

王騎(おうき)の飛矢となって、趙(ちょう)の馮忌(ふうき)を打ち倒したときは、

わずか100の兵しかいない飛信隊(ひしんたい)で数十万の趙(ちょう)の軍勢の中をかいくぐるという、とてつもない無茶ぶりでした。

さらに言ってしまえば、初めに信(しん)が請けたのは昌文君(しょうぶんくん)と壁(へき)くらいしか部下がいない力なき秦王・政(しんおう・せい)を守り、

王弟・成蟜(おうてい・せいきょう)の反乱を制圧する事でした。

無茶なんてもんじゃありませんね。その時の権力者・呂不韋(りょふい)が気にもかけないほどでした。

ところが今では、信(しん)も成長してきて体も大きくなり、大将の風格も出てきました。

安心感はあるのですが、最初のころのハラハラ、ドキドキするような危機感は感じられなくなってきたように思います。

趙(ちょう)との戦いは間違いなく、かつて経験したことのない激戦となることでしょう。

飛信隊(ひしんたい)にも新兵がたくさん入隊したこともあり、引っ掻き回されそうです。

鄴(ぎょう)攻めでは、原点に戻って、使いこなせない王騎(おうき)の矛(ほこ)でハラハラさせられるような限界突破の戦いを繰り広げるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

王騎の矛の狙いは、龐煖への仇討ちの伏線

 

趙(ちょう)攻略戦から信(しん)が王騎(おうき)の矛(ほこ)を使い始めたのは、おそらく

紀元前236年、信(しん)が、武神・龐煖(ほうけん)に仇討ちをするためと予想しています。

龐煖(ほうけん)は王騎(おうき)や麃公(ひょうこう)の仇だからです。

しかも、まったく根拠のない予想ではありませんので、紀元前236年に趙(ちょう)は、

燕(えん)を討つという史実があり、その総大将が龐煖(ほうけん)なのです。

漫画キングダム501話では、燕(えん)のオルド将軍が、秦(しん)の侵攻の隙を突いて趙(ちょう)の領土を奪おうと、侵攻してきましたね。

これは、若干、史実とは異なってはいますが、この戦いで趙(ちょう)が龐煖(ほうけん)を燕(えん)の軍の迎撃に向かわせれば、キングダムと史実は重なります。

信(しん)が苦戦を強いられるであろう鄴(ぎょう)は王都・邯鄲(かんたん)の真下、

史実では、龐煖(ほうけん)は鄴(ぎょう)までもどってきます。

そこで戦いが繰り広げられるとは記されていていませんが、おそらく、信(しん)と龐煖(ほうけん)は、対峙する可能性が高いです。

そして、その時、どのような武器で龐煖(ほうけん)と闘うかを考えれば、

もちろん、それはいわくつきの王騎(おうき)の矛(ほこ)しか考えられないでしょう!

そんなわけなので、王騎(おうき)の矛(ほこ)は信(しん)に背伸びをさせ

ハラハラ、ヒヤヒヤさせられる戦いを思い起こさせるツールとしての役目と、

対趙(ちょう)との戦いのエンディングで、燕(えん)との戦いから戻ってきた龐煖(ほうけん)を王騎(おうき)の矛(ほこ)でバッサリやる為の伏線を担っているのだと予想してみました。

どうかな!予想は当たるかな?

 

そこで疑問、矛と槍はどう違うの?

 

キャプチャ

   引用:ウィキペディア

 

漫画キングダムを読んでいて、気になったので、調べてみました。

王騎(おうき)ファンでなくても、感動させられた王騎(おうき)の矛(ほこ)の継承シーンでしたが、

そこで純粋に疑問が出てきませんか?

皆さんは、矛って何か説明できますか?

そもそも、矛(ほこ)と槍(やり)の違いって何なんでしょうか?

どちらの方が使いやすく、使いにくいのか?

実際には、変わらないのか等など、よくわかりませんよね。

なので、ちょっと調べてみました。

矛(ほこ)とは石器時代から用いられている、斬って、突いて、叩き潰す武器です。

矛(ほこ)は殷(いん)の時代の戦車戦の時代から用いられるようになった戈(か)と共に用いられた武器です。

戦車が壊れても、歩兵用、あるいは騎兵用の武器として用いられました。

戦車がすたれると姿を消した戈(か)とは違います。

矛(ほこ)は両刃であり、鋒(きっさき)と穂部と関(まち)と袋部から出来ていて、

中央には、ひと際高い、刃峰である鎬(しのぎ)があり、左右には樋(ひ)という 返り血を逃がして落す為の溝が掘られています。

矛(ほこ)は刀と違い一人で多くの標的を相手にする武器であり長さは3メートル位、 主な用途は、突き刺す、そして、斬る。

また、大昔の矛(ほこ)はキレ味が鈍い分 重く造られているので、重さごと振り下ろして相手を叩き潰したりします。

王騎(おうき)の矛(ほこ)は春秋戦国時代としてはあり得ないほど整った形状をしていますが、

中央に鎬があり、左右には穂があり、上部には鋒がある事は、 共通していると言えます。

また、矛(ほこ)は袋部が、ソケットのように柄に差し込む形式になっています。

逆に槍(やり)は、お尻が尖っていて、柄に突き刺す形式です。

槍(やり)の形式の方が、ソケット形式の矛(ほこ)よりは折れやすいようですが、 槍(やり)にもソケット方式があり、必ずしも矛(ほこ)だけの特徴ではありません。

矛(ほこ)は重く、振り回すのに力も技術もいるので、だんだんすたれてしまい、戦争が大規模化して歩兵が主力になると、軽くて扱いやすい槍(やり)に主役の座を奪われていきます。

槍(やり)は、矛(ほこ)より後に生まれた歩兵用の集団戦法武器です。

槍(やり)は、矛(ほこ)と同様に太古からありますが、 当初は木の先を研いだものや、石の鏃(やじり)をつけたものから始まります。

現在、我々が見るような金属の槍(やり)になったのは、矛(ほこ)よりも遅れました。

それは、槍(やり)の先の方が、矛(ほこ)よりもずっと薄くて鋭利に出来ていて、 治金技術の発達がなければ造れなかったからです。

孔明 出師 諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が槍(やり)の前身である 点鋼矛(てんごうぼう)を発明したという説もありますが、

一般に歩兵の武器になるのは7世紀の唐の時代からでしょう。

槍は、十文字槍のような亜種もありますが、基本の構造は、 鎬と穂先から造られているシンプルな構造です。

矛(ほこ)との違いは、斬るより突く事に主眼を置いている事です。

斬るという技がいらないことで、初心者の歩兵でも扱いやすく、 時代を経るごとに柄が伸びていき、6メートルという槍(やり)もあります。

こんなに長いと振り回すのも一苦労ですが、敵の攻撃を受ける前に 相手に打撃を与えられるという長所から長くなりました。

しかしながら、密林や、敵が間近に迫ってくると、使えなくなるという欠点もあります。

槍(やり)は時代と共に槍術(そうじゅつ)として発展したりしてますが、 銃が発達して、銃剣が標準装備になるまでは、歩兵の装備として、長きにわたり用いられていました。

矛(ほこ)と槍(やり)の違いについて、細かく調べてみましたが、 世界の地域によっては、矛(ほこ)は槍(やり)の一形態として捉えていて、 同じモノとしている地域もあります。

ただ、その場合でも、矛(ほこ)は槍(やり)よりもずっと短く、 扱いも難しいという事は言えると思います。

さて、王騎(おうき)の矛(ほこ)を受け継いだ信(しん)は、宣言した通り、 李牧(りぼく)の首を取ることが事が出来るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類