【キングダム】信(しん)の武功をまとめてみた!

   


 

漫画キングダムとは

それは紀元前こと、舞台は古代中国。

それまで統一できた国のない古代中国では500年もの長きにわたり、小国どうしの争いが絶えませんでした。

戦乱を続ける小さな国々多くは徐々に七国の大国にまとまり、その大国のひとつ秦(しん)という国の少年・信(しん)。

信(しん)は戦争孤児で貧しい下僕(げぼく:召使い)の身でありながら「天下の大将軍」をめざす勇ましい若者に成長していきます。

宿命で定められていたのか、秦王・政(しんおう・せい:後の始皇帝)と一緒に中華統一をめざしして武功をあげていくという春秋戦国時代を舞台に描かれた漫画です。

 

スポンサーリンク

 

キングダムの信(しん)の武功を振り返ってみた

 

戦争孤児から王騎(おうき)の遺志を継ぎ五千人将まで這い上がる

 

下僕として日々を生き抜く日々

 

信(しん)は幼いころから、城戸村(じょうとむら)で村長の里典(りてん)の下僕(げぼく:召使い)として生きていた。

いつかこんな所から逃げ出すことを心に誓い、下僕の仕事の暇を探しては親友の漂(ひょう)と剣術の稽古をしていた。

それまでにこなした模擬戦の数はハンパじゃないほど。

 

漂(ひょう)と政(せい)

 

秦王・政(しんおう・せい)の影武者となった漂(ひょう)は宮廷の反乱で、命を落としてしまいます。

漂(ひょう)から、その遺志を聞き、政(せい)と合流した信(しん)は反乱をしずめるために政(せい)に力を貸します。

武将となるために、政(せい)に力を貸した信(しん)でしたが反乱を鎮めることで大活躍し、自分の家と武将になるための身分を与えられました。

そして、信(しん)は天下の大将軍になることを志すのでした。

 

初陣から武功をあげる

 

呉慶(ごけい)率いる魏(ぎ)との戦い(蛇甘平原(だかんへいげん)の戦い)で歩兵として働き、苦戦しつつも馬に乗って、その力を示していきます。

さらに、黄離弦(こうりげん)、麻鬼(まき)などの武将を討ち取る武功をあげます。

そして、伍(ご)を組み共に戦った仲間たちは、その後かけがえのない戦友となっていくのでした。

 

武功を示し飛信隊の隊長となる

 

趙(ちょう)と戦った馬陽防衛戦(ばようぼうえいせん)では、王騎(おうき)将軍の軍所属の特殊百人隊・飛信隊(ひしんたい)の隊長の任務を与えられます。

そして、王騎(おうき)の秘策と信(しん)の能力で趙(ちょう)の軍の副将・馮忌(ふうき)を討ち果たす大武功をあげています。

ところが、残念なことに趙(ちょう)の三大天に秦(しん)の軍は敗北してしまいました。

趙(ちょう)の軍の李牧(りぼく)の罠にはまり、打たれてしまった天下の大将軍・王騎(おうき)から信(しん)は矛(ほこ)と彼の意志を受け継ぎます。

 

武功を認められ三百人将に!

 

馬陽防衛戦(ばようぼうえいせん)での武功を認められた信(しん)は三百人将へと位を上げていきます。

趙(ちょう)の戦いでの武功により特殊部隊のままで、三百人に増員され、単独の援軍という立ち位置で戦場を駆け回っていました。

あの趙(ちょう)との戦いを乗り切った信(しん)にとっては、強いと思えるほどの敵はなく連戦連勝で武功を上げまくります。

そして、絶好調の信(しん)と飛信隊(ひしんたい)は味方の軍からあてにされることも増え、敵も飛信隊(ひしんたい)を用心するようになっていました。

それは、飛信隊と信(ひしんたいとしん)の名が戦場で確実に響き始めたことを現していました。

その当時、信(しん)は17歳。

それからは、同じく秦(しん)の軍として一緒に戦う三百人将の競争相手の王賁(おうほん)と蒙恬(もうてん)らと出世に向かって武功を上げまくっていくのです。

 

さらに、千人将へ昇格

 

廉破(れんぱ)率いる魏(ぎ)との山陽平定戦(さんようへいていせん)では、魏(ぎ)の軍の将を討つという条件付きで、臨時の千人将となります。

それから、蒙恬(もうてん)、王賁(おうほん)連隊を組み、見事に魏(ぎ)の主力軍の将軍・輪虎(りんこ)を討ち取ります。

この戦いでは、主力軍の輪虎(りんこ)を失った魏(ぎ)の廉破(れんぱ)は和睦せざるおえなくなり、秦軍(しんぐん)も見事に勝利しました。

 

合従軍襲来!

 

合従軍(がっしょうぐん)との戦いでは、信(しん)と飛信隊(ひしんたい)は、魏(ぎ)の軍勢を足止めすべく、麃公(ひょうこう)将軍の軍に加わります。

 

武功をあげて三千人将に!!

 

合従軍(がっしょうぐん)との戦いでは、趙(ちょう)の将軍・万極(まんごく)を討ち取り、

蕞(さい)の攻防戦では最激戦となった南壁の将として信(しん)は先頭に立ち守り抜きました。

加えて、趙(ちょう)の三大天・龐煖(ほうけん)と一騎打ちで、龐煖(ほうけん)に傷を負わせ退却させました。

その武功が認められ、政(せい)より正式に三千人将に任命されました。

 

麃公の兵が加わり四千人将に!

 

論功行賞から半月もせずに信(しん)は介倉(かいそう)の防衛の任を受けます。

そして、戦死した麃公将軍(ひょうこうしょうぐん)の軍の千人将・岳雷(がくらい)と麃公兵(ひょうこうへい)五百が加わりさらに力を付けていくのでした。

それから、信(しん)は王弟成蟜(せいきょう)の反乱騒動の鎮圧を命ぜられ、正式に四千人将となります。

その時、羌瘣(きょうかい)も千人将となったので、合わせて五千人を率いる将となります。

 

ついに五千人将へ昇格!大将軍まであと一歩 !!

 

著雍攻略戦(ちょようこうりゃくせん)では、魏(ぎ)の大将軍・呉鳳明(ごほうめい)と人違いしてしまい、

師匠の霊凰(れいおう)を討ち取ってしまいますが、武功は認められて、正式に五千人将となります。

圧倒的な身体能力と強い意志を兼ね備えている信(しん)はキングダムの中で、

「王騎将軍(おうき しょうぐん)から俺は他にもでっけェもんをいっぱいもらったんだ」

と言い切るほご、王騎(おうき)から授かった武の心は重いものがあるようです。

さらに、霊王(れいおう)を討ち取るなど奢雍戦(ちょうようせん)での働きは驚くべきものがあり、五千人将に昇格します。

これで目標である大将軍へあと一歩というところまで登りつめてきました。

 

桓騎軍と共に・・・

 

黒羊丘(こくようきゅう)を奪うため、趙(ちょう)の軍と戦った黒羊丘攻防戦(こくようきゅうこうぼうせん)では、

飛信隊(ひしんたい)は桓騎(かんき)の軍と共に戦うことになります。

それまで略奪や無差別な殺人をたびたびおこなってきた桓騎(かんき)を信(しん)が受け入れることは難しく、真正面から戦うことで自分の正しさを示そうと努力するのですが・・・。

この戦いで飛信隊(ひしんたい)と羌瘣(きょうかい)のすばやい対応により信(しん)は敵将・慶舎(けいしゃ)を討ち取る武功をあげます。

ところが、味方であり、かつ将軍でもある桓騎(かんき)に対し、信(しん)は思わず剣を抜こうとしてしまい、同士討ちの禁をおかしてしまいました。

そのため、この戦いでの武功は帳消しとなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

気になる信の性格は !?

 

血の気たっぷりで、短絡的な性格。

そのせいか、物事を深く考える前に体が動いてしまうことが多いようです。

ところが、信(しん)の血の気たっぷりなところは、飛信隊(ひしんたい)を率いくことにおいては、隊の士気をあげるのに役立っているようです。

見た感じはガサツで乱暴ですが、わりと正義感は強く、真っすぐで、仲間思いのところもあり、部下たちからはしんらいされています。

そのことは、飛信隊(ひしんたい)が全滅の危機にひんしたときに、仲間たちが自分の身を犠牲にしてまで、信(しん)のことを守ったことに現れていますね。

 

信の強さはいったいどのくらい?

 

戦場にでると危険もかえりみず、先に立って戦い、出すぎて危ない目にあうこともありますが、経験的本能で戦局を見る能力は高く、

圧倒的な身体能力でいくどとなく死地を脱していて、その戦闘能力は闘いを重ねるたびに成長しているようです。

最初のうちは、力まかせの勢いだけの闘いしかできませんでしたが、名将たちと戦場を共にすることで、どんどん成長してきているのがわかります。

さらに、周りからもそれなりに評価されるようになってきています。

 

まとめ

 

みなさん、どうでしたか!

torajirouです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

中華統一の道を目標にかかげ、『天下の大将軍』をめざした信(しん)ですが、名も無い下僕であった信(しん)が戦場で武功をあげ続け、その名を敵国にも轟かせるまでになってきました。

これからのキングダムの展開は、政(せい)がめざす道の中で、必ずや『天下の大将軍』信(しん)の力を必要とするときがくるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 - 未分類