【キングダム】信(しん)『戦場じゃ、誰よりもかこいい男!』

   


 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

   引用:キングダム公式ガイドブック『英傑列紀』

 

キングダムの信(しん)のかっこいい過去を振り返ってみた

 

スポンサーリンク

 

下僕から王騎(おうき)の遺志を継ぎ五千人将まで登りつめる

 

スポンサーリンク

 

下僕として生活していた日々

 

信(しん)は子供のころから、城戸村(じょうとむら)で村長の里典(りてん)の下僕(げぼく:召使い)として生活していた。

いつかこんな生活から這い上がることを願い、下僕(げぼく)の仕事の合間を見つけては親友の漂(ひょう)と剣の修行をしていた。

それまでにおこなった模擬戦の数は昌文君(しょうぶんくん)も目を丸くするほど!

 

漂(ひょう)と別れ、政(せい)と出会う

 

秦国・国王・政(しんこく・こくおう・せい)のために影武者となり、宮廷の反乱で、散った漂(ひょう)。

漂(ひょう)から、その任務を託されて、政(せい)と出会った信(しん)は政(せい)に力を貸すため合流します。

武将になり、登りつめるために、政(せい)に協力した信(しん)でしたが見事に反乱を鎮め、その貢献のおかげで、家と武将になるための身分を得たのでした。

その後、信(しん)は『天下の大将軍』への道を突き進んでいきます。

 

初陣から武功をあげる

 

その第一歩は魏(ぎ)の呉慶(ごけい)との蛇甘平原(だかんへいげん)での戦いでの伍兵(ごへい)からはじまります。

大きな戦(いくさ)の戦術に苦戦しつつも馬にまたがり、その実力力を誇示していきます。

さらに、初陣から黄離弦(こうりげん)、麻鬼(まき)などの武将を討ち取るといった武功もあげます。

さらに、伍(ご)を組み共に戦った仲間たちは、その後かけがえのない戦友となっていくのでした。

 

飛信隊の隊長に任命

 

趙(ちょう)と戦った馬陽防衛戦(ばようぼうえいせん)では、王騎(おうき)将軍所属の特殊百人隊・飛信隊(ひしんたい)の隊長として任命されます。

そして、王騎(おうき)将軍の策と飛信隊(ひしんたい)の力を最大限に発揮し、趙軍(ちょうぐん)副将・馮忌(ふうき)を討ち倒す大きな武功をあげています。

ところが、残念なことに趙(ちょう)に秦軍(しんぐん)は敗北してしまいました。

趙軍(ちょうぐん)李牧(りぼく)の知勇と龐煖(ほうけん)の武の力に、致命傷を負ってしまった天下の大将軍・王騎(おうき)から信(しん)は矛(ほこ)と彼の意志を受け継ぎます。

 

三百人将に昇進!

 

馬陽防衛戦(ばようぼうえいせん)での武功を認められた信(しん)は三百人将へと昇進していきます。

趙(ちょう)の戦いでの活躍により特殊部隊のまま、三百人に増員され、単独の援軍のままどこの軍にも所属せずに戦場を駆け回っていました。

あの趙(ちょう)との戦いを経験した信(しん)にとって、もはや強敵と思える者はおらず、連戦連勝で勝ち進んでいきます。

その時から信(しん)と飛信隊(ひしんたい)は味方の軍からあてにされ、敵も飛信隊(ひしんたい)の動向を気にするようになっていました。

そして、飛信隊(ひしんたい)とその隊長・信(しん)の名は確実に戦場に広まっていくことになります。

その時、信(しん)は17歳。

同じく秦(しん)の軍として一緒に戦う若手三百人将の競争相手、王賁(おうほん)と蒙恬(もうてん)らと武功を上げまくっていくのです。

 

さらに、千人将へ昇進

 

廉破(れんぱ)率いる魏(ぎ)との山陽平定戦(さんようへいていせん)では、魏(ぎ)の軍の将を討つという条件付きで、臨時の千人将となります。

それから、蒙恬(もうてん)、王賁(おうほん)たと共同作戦を取り、見事に魏(ぎ)の主力である中央軍将軍・輪虎(りんこ)を討ち取ります。

この戦いでは、中央軍の輪虎(りんこ)を失った魏(ぎ)の廉破(れんぱ)は和睦せざるおえなくなり、秦軍(しんぐん)も見事に勝利しました。

 

合従軍襲来!

 

合従軍(がっしょうぐん)との戦いで、信(しん)と飛信隊(ひしんたい)は、魏(ぎ)の軍勢を足止めすべく、麃公(ひょうこう)将軍の軍に加わります。

 

武功をあげて三千人将に!!

 

合従軍(がっしょうぐん)との戦いでは、趙(ちょう)の将軍・万極(まんごく)を討ち取り、

蕞(さい)の攻防戦では最激戦となった南壁の将として信(しん)は先頭に立ち守り抜きました。

加えて、趙(ちょう)の三大天・龐煖(ほうけん)との一騎打ちで、龐煖(ほうけん)に傷を負わせ退却させました。

その武功が認められ、政(せい)より正式に三千人将に任命されました。

 

麃公兵も加わり四千人将に昇進!

 

論功行賞から半月もせずに信(しん)は介倉(かいそう)防衛の任務を命ぜられます。

そして、討ち死にした麃公将軍(ひょうこうしょうぐん)の千人将・岳雷(がくらい)と麃公兵(ひょうこうへい)五百が加わりさらに飛信隊(ひしんたい)は体力や攻撃力が上がっていきます。

その後、信(しん)たち飛信隊(ひしんたい)は王弟・成蟜(せいきょう)の反乱騒動を鎮める任務につくため、信(しん)は正式に四千人将に昇進します。

その時、羌瘣(きょうかい)も千人将に昇進したので、合わせて五千人を率いる将となります。

 

いよいよ五千人将へ昇進!めざす大将軍まであとひとつ !!

 

著雍攻略戦(ちょようこうりゃくせん)では、魏(ぎ)の大将軍・呉鳳明(ごほうめい)と人違いしたものの、

呉鳳明(ごほうめい)の師匠の霊凰(れいおう)を討ってしまいますが、武功は認められて、正式に五千人将となります。(笑)

たぐいまれな身体能力と折れない強い意志を持っている信(しん)はキングダムの中で、

「王騎将軍(おうき しょうぐん)から俺は他にもでっけェもんをいっぱいもらったんだ」

と断言するほどに、王騎(おうき)から引き継いだ武の精神には重きを置いているようです。

さらに、霊王(れいおう)を討ち取るなど奢雍(ちょよう)の戦いでの活躍は経験的本能とでも表現すればいいのでしょうか、

目を見張るほどの成長ぶりです。その武功を認められ、五千人将に昇進します。

ついに目標である大将軍へ登りつめるまで、あと一歩というところまできました。

 

桓騎軍と共に・・・

 

黒羊丘(こくようきゅう)を平定するため、趙(ちょう)の軍と戦った黒羊丘攻防戦(こくようきゅうこうぼうせん)では、

飛信隊(ひしんたい)は桓騎(かんき)の軍の配下として戦うことになります。

それまで略奪や容赦のない殺人を繰り返してきた桓騎(かんき)を信(しん)が受け入れることは抵抗があり、正攻法で戦うことで本来あるべき姿を示そうとするのですが・・・。

この戦いでは飛信隊(ひしんたい)と羌瘣(きょうかい)らの臨機応変な策により信(しん)は趙将・慶舎(ちょうしょう・けいしゃ)を討ち取る武功をあげます。

ところが、味方であり、かつ将軍でもある桓騎(かんき)に対し、信(しん)は思わず剣を抜こうとしてしまい、同士討ちの禁をおかしてしまいました。

そのため、この戦いでの武功は帳消しとなってしまいます。

 

信はどんな性格なの !?

 

血の気が多く、物事の本質や筋道を深く考えずに、原因と結果などを性急に結びつけてしまう性格です。

そのためか、考えるより前に体が動いてしまうことが多いようです。

しかし、信(しん)の血の気の多いところは、飛信隊(ひしんたい)を束ねていく面では、兵の士気を高めるのに役立っているようです。

ガサツで乱暴な感じですが、不思議と正義感は強く、真っすぐで、仲間思いのところもあり、隊員たちからは能力を認められていて、信頼されています。

そのことは、漫画キングダムの第510話で松左(しょうさ)や尾平(びへい)そして、崇原(すうげん)らが宴の席で話していた言葉からもわかります。

 

尾平

「 あいつ(信:しん)は 初陣の蛇甘平原(だかんへいげん)じゃ いきなり敵の守備隊に 一人突っ込んで 後から続く 俺たちのために 突破口をあけた 」

尾平

「 たぶんあれだけで 二十人以上は ぶっ倒している 」

尾平

「 その後も 窮地(きゅうち)に一人馬に乗り 敵の大軍に突っ込んで 皆を救ったり 」

尾平

「 はじめて見た 装甲戦車を ぶっ倒した 」

尾平

「 そして最後に麃公(ひょうこう)将軍の 突撃のドサクサの中  朱鬼(しゅき)だか麻鬼(まき)だかの 敵の将軍の首まで 取っちまったんだ 」

尾平

「 初陣の一発だけで 百人将になっち まった 」

崇原

「 あいつに関しちゃ もはや笑うしか ないだろう?」

崇原

「 だが一緒に 戦ってると もっと驚かされる ことばっかだぞ 」

松左

「 フッ 俺や崇原から見れば 十近く下のアホな ガキなんだが 」

松左

「とにかく戦場じゃァ」

松左

「 誰よりも かっこいいんだよなー 信(しん)って男は 」

 

さらに言ってしまえば、飛信隊(ひしんたい)が合従軍(がっしょうぐん)との戦いで趙(ちょう)の万極(まんごく)の軍と相対し、

危機に直面していた時に仲間たちが自分の身を犠牲にしてまでも、信(しん)のことを守ったことにも現れていますね。

 

気になる信の強さは?

 

今まで、キングダム信(しん)のかっこよさについてかいてきましたが、戦場にでると危険もかえりみず、先に立って戦い、

出すぎて危険な目にあうこともあったりする信(しん)でした。

しかし、経験的本能で戦局を見る能力は高く、圧倒的な身体能力で何度も危機的状況を乗り越えていて、その武力は闘いを重ねるたびに成長しているようです。

最初のうちは、力まかせの勢いだけの闘いしかできなかった信(しん)でしたが、名将と呼ばれる人物と戦場を共にしながら、

ますます成長してきているのが見て取れます。

さらに、成長したことで身体も大きくなり、飛信隊(ひしんたい)の兵たちからも、それなりに慕われているようになってきました。

見ていて安定感というか、安心感みたいなモノが出てきましたね。

でも、それではつまらないので、もうちょっとハラハラ、ドキドキする描写も欲しいところですね。

 

20160810034004a5fs

引用:キングダム公式ガイドブック『英傑列紀』

 

まとめ

 

みなさん、どうも!

torajirouです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

中華統一の道を志し、『天下の大将軍』を目標に活躍している信(しん)ですが、

名も無い下僕であった信(しん)が戦場で武功をあげ続け、その名を敵国にも轟かせるまでになってきました。

これからのキングダムの展開では、政(せい)がめざす道の中で、かっこいい信(しん)の姿が見れるといいですね!

 

スポンサーリンク

 - 未分類