【キングダム】王翦(おうせん)vs.李牧(りぼく)の『朱海平原(しゅかいへいげん)の戦い』を大胆予想!

   


 

多くの人から高い評価を受けている古代中国を舞台にした漫画『キングダム』、
いよいよ朱海平原の戦いが開戦しましたね。

趙(ちょう)の軍勢12万対秦の連合軍8万8千での戦いがはじまります。

ところが秦(しん)の連合軍の陣形が、???なんですよ!

なんと左側が5千、中央5万8千、右側が2万5千となっていて、左側が5千だけと、ありえない少なさ・・・、かつ、形が崩れているような感じです。

もちろん、仕掛けとわかっていても、趙(ちょう)の軍としては、一番もろそうな左側から攻めたくなりますよね。

 

スポンサーリンク

 

【キングダム】王翦(おうせん)vs.李牧(りぼく)の『朱海平原(しゅかいへいげん)の戦い』を大胆予想!

 

スポンサーリンク

 

秦(しん)の連合軍の左側は5千名とかなり少なくなった陣形の裏で、王翦(おうせん)率いる中央軍は、5万8千と、李牧(りぼく)率いる趙(ちょう)の中央軍6万に引けをとらない多数の将兵(と装備と)で成る台軍勢です。

その一方、王翦(おうせん)と麻紘(まこう)、飛信隊(ひしんたい)で編成される秦(しん)サイドの中央軍では、

今までは、いつも真っ先に突っ込んでいた飛信隊(ひしんたい)が一番後ろの列に組み込まれています。

 

信(しん)が

「まるで俺達が李牧が怖くて逃げてるみたいじゃねえか!」

 

とイライラとしていたように、王翦(おうせん)が飛信隊(ひしんたい)を一番後ろに配置したのは、

河了貂(かりょうてん)が見越していた通り、李牧(りぼく)の目から隠している、

ということは、王翦(おうせん)は李牧(りぼく)にわからないように、飛信隊(ひしんたい)に何がしかの奇策をさせると考えて間違いないでしょう。

李牧(りぼく)は左から攻めて来いと言わんばかりの王翦(おうせん)の誘いにのり、何か策があることはわかっていながら左の楽華隊(がっかたい)を紀彗(きすい)率いる趙(ちょう)の右軍に攻撃させます。

当然、ムチャクチャに薄い、秦(しん)連合軍の左の陣には、何かがあるとわっかていての判断だと思われます。

李牧(りぼく)は、離眼の勇者、紀彗(きすい)と馬呈(ばてい)達、趙(ちょう)の右軍3万に攻撃命令をくだすのでした。

いよいよ、趙(ちょう)と秦(しん)の勝敗を左右するであろう朱海の戦いが開戦しました。

 

スポンサーリンク

 

楽華隊、趙右軍を引っ掻き回す!

 

趙(ちょう)の右軍は、進軍しはじめます。

ところが、楽華隊(がっかたい)の方はと言うと、動きません。

趙(ちょう)の右軍は半ばくらいまで進軍したところで、紀彗(きすい)が、何かおかしいと察します。

趙(ちょう)の右軍に伝令が入ります。

それは、

「楽華隊(がっかたい)の半数がいない」という耳を疑うような一報でした。

そのすぐ後、紀彗(きすい)の右側から目に土けむりを上げて突撃してくる楽華隊(がっかたい)の姿が飛び込んできます。

蒙恬(もうてん)は、その機動力を活かし、隊をふたつに分けて、ひとつの別働隊を趙(ちょう)の右軍の右側にまわし、速攻攻撃をしかけたのでした。

趙(ちょう)の右軍は3万の兵を率いているとはいえ、歩兵が中心の軍でしたので、陣形も整わないほどすばやい楽華隊(がっかたい)騎兵の速攻攻撃にまるで歯が立ちません。

紀彗(きすい)は、速やかに右軍の陣形を整えるように指示をだし、

黄角(こうかく)の騎兵隊2千で楽華隊(がっかたい)の背後から攻めよと命令をだします。

ところが蒙恬(もうてん)は、趙(ちょう)右軍が陣形を整え、黄角(こうかく)の騎兵隊が背後に回ったことを察知すると、

すぐさま、楽華隊(がっかたい)に撤退の指示をだします。

趙(ちょう)の右軍への攻撃としては、物足りない感じでたいした被害を与えていませんが、

これが蒙恬(もうてん)の、機動力を活かした少数での騎兵の速攻攻撃です。

すばやく攻撃と離脱を繰り返しながら、何度も繰り返し攻撃をおこなう。

そして、蒙恬(もうてん)が撤退したことを察した、黄角(こうかく)は逃がしてたまるかと、無機になって後を追います。

しかし、その追撃をも蒙恬(もうてん)は読んでいたのです。

無機になって追撃しようとする黄角(こうかく)の騎兵隊2千の左から、待機していた2千5百の楽華隊(がっかたい)が、待ってましたとばかりに総攻撃をかけてきます。

黄角(こうかく)の騎兵達が混乱しているのを見計らって、逃げていた蒙恬(もうてん)も旋回して、挟み撃ちにするのでした。

蒙恬

「狩り場へようこそ・・」

狩られることなど考えてもいない、3万の紀彗(きすい)、馬呈(ばてい)の軍勢を狩るつもりの蒙恬(もうてん)の高慢ちきな一言でした。

 

漫画『キングダム』の今後の展開は?

 

では、ここからは、torahirouのキングダム展開予想です。

蒙恬(もうてん)の騎兵のあしらい方は凄かったですね!

史実的に見ても、今後、匈奴(きょうど)の騎馬軍団を長城の北に撤退させてしまうんですよ蒙恬(もうてん)は!

でもまあ、5千の兵でしょう !? 、

おそらく王翦(おうせん)の今回策としては、楽華隊(がっかたい)の中心的な役割は「揺さぶり攻撃」だと思います。

趙(ちょう)の右軍を李牧(りぼく)の中央軍に手の届かないところまで引き離すという作戦かと思われます。

要は、趙(ちょう)の右軍が近寄ってくると、別働隊で速攻攻撃を仕掛け、即離脱。

そんな速攻攻撃と離脱を繰り返しながら、敵が騎兵を送り出すと、楽華隊を二隊に分け、敵の騎兵を挟み撃ち攻撃で一掃する。

王翦(おうせん)にしてみれば、わずか5千の楽華隊(がっかたい)が、3万の趙(ちょう)の右軍を食い止めていてくれれば、良し、といった感じなのではないでしょうか!

ですので、今後もこの戦いにおいては、蒙恬(もうてん)率いる楽華隊(がっかたい)は、これまでどおり遊撃隊としての任務を保持していくのではないかと思います。

 

李牧のミスを待ち、王翦は飛信隊を趙中央軍背後へ放つ!

 

漫画『キングダム』を読んでみて、頭に残って安心しきれないのが、李牧(りぼく)が王翦(おうせん)の中央軍を5万強と認識しているところです。

本当は、5万8千ですので、飛信隊(ひしんたい)と羌瘣(きょうかい)の隊が見えていない様子です。

ということは中央軍の戦いとなったときに、敵見方入り乱れての戦いとなると、王翦(おうせん)が飛信隊(ひしんたい)に、

王騎(おうき)が対趙馬陽平定戦(たいちょうばようへいていせん)のときに趙軍副将馮忌(ちょうぐんふくしょう ふうき)を飛信隊(ひしんたい)に討ち取らせた時のように、

李牧(りぼく)本隊の背後から飛矢として飛信隊(ひしんたい)を放つ可能性も充分に考えられるのではないでしょうか?

李牧(りぼく)率いる中央軍には、まだ秦(しん)中央軍に隠されている飛信隊のは見えていないようですからね!←兵の数を8千ほど読み違えているところから。

よもや、飛信隊(ひしんたい)8千が、王翦(おうせん)の中央軍から消えたのを見抜くことはできないでしょう!

不意に、飛信隊(ひしんたい)が背後から襲いかかったとすると、正面の王翦(おうせん)の中央軍と背後の飛信隊(ひしんたい)に挟まれ、

かなり混乱すると予想できるわけです。

 

まとめ!

 

そんなわけで、李牧(りぼく)の中央軍の背後から飛信隊(ひしんたい)が、攻撃を仕掛けたところに龐煖(ほうけん)が・・・!!

こうして、龐煖(ほうけん)vs.信(しん)の因縁の対決がはじまる、という展開が待っているとしたら !?

でもですね、実際は、鄴(ぎょう)を取り囲んでいる桓騎(かんき)軍も、遼陽の楊端和(ようたんわ)も

まだ、戦いは続いているでしょうし、朱海の戦いだけで全部決まってしまうというのは、考えづらいですよね!

秦国連合軍(しんこくれんごうぐん)三軍の戦いが、今後の展開でどう関連してくるのか、目が離せなくなってしまいました。

 - 未分類