【キングダム】ネタバレ最新予想 !!第522話『蒙恬と馬呈の対決そして李牧の裏技 !!!』

   


 

【キングダム】ネタバレ最新予想 !!第522話

 

楽華隊(がっかたい)を、いかにも食いつきたくなるようなおとりとして使い、秦(しん)中央軍から麻鉱(まこう)らが援軍として加わる。

この展開にあわてる紀彗(きすい)たち趙(ちょう)の右軍。

このまま撃破されてしまうのでしょうか !?

趙(ちょう)の右軍3万を任されるほどの人物でもある紀彗(きすい)は将軍であり、名君でもあるので、そんなたわいもない武将とは思えませんけどね・・・。

そして、李牧(りぼく)がどう出るのかも気になるところですね!

スポンサーリンク

 

麻鉱の秘めたる武力

 

蒙恬(もうてん)が作中で話していたように、敵を知っているのと知らないのとでは戦い方にかなりの違いが出てくると思います。

楽華隊(がっかたい)が、紀彗(きすい)率いる趙(ちょう)の右軍を振り回すことができたのも、おとりとして、おどらせることができたのも、楽華隊(がっかたい)の能力はもちろんのこと、紀彗(きすい)とその軍のことを知り尽くしていたということも影響しているでしょう。

さらに、紀彗(きすい)とその軍は王翦(おうせん)の副長でもある麻鉱(まこう)という武将の武力を知りません。

たくみな戦術に次ぐ戦術で、追い詰められていく紀彗(きすい)。

これで、楽華隊(がっかたい)五千に、麻鉱(まこう)の騎兵五千を加え、さらに歩兵五千から一万が合流すると、合計一万五千と三万の戦いとなります。

しかも、紀彗(きすい)たち趙(ちょう)の右軍は麻鉱(まこう)率いる秦(しん)の大軍に対して横腹を向けている陣形となっています。

かなり、不利な戦況で、麻鉱(まこう)の武力が想像を絶する強さだったりしたならば、紀彗(きすい)たち趙(ちょう)の右軍はコテンパンにやられて粉砕されてしまうという展開も無きにしも非ず。

 

スポンサーリンク

 

蒙恬と馬呈の対決

 

蒙恬(もうてん)は、『ここで馬呈(ばてい)の首を取る』と言いはなちました!

馬呈(ばてい)は紀彗(きすい)の側近中の側近であり、その圧倒的な武力で、紀彗(きすい)の軍の攻撃を一手に担う武人でもあります。

蒙恬(もうてん)が仕留められるかどうか・・・、蒙恬(もうてん)はどちらかと言えば、知将型の武将ですから、一抹の不安が残るところです。

ここで、一騎打ちとなるのか !?

しかし、『山陽の戦い』では、廉頗(れんぱ)四天王の介子坊(かいしぼう)と相対し、相打ちということになっています。

ほとんど、一騎打ちのような展開がなかったので、信(しん)や王賁(おうほん)ほどの武力は無いと思い込んでしまっていましが、本当は二人よりも勝る剣の使い手だったりするかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

中央に布陣する李牧

 

趙(ちょう)の右軍紀彗(きすい)が苦しい戦いを強いられていることは、じき李牧(りぼく)の耳に入るでしょう。

そして、秦(しん)の中央軍から麻鉱(まこう)が一万から一万五千の兵を率いて左軍に離れたことを知れば、潮時ととらえ動き出すのではないでしょうか !?

でも、その動きもおそらく王翦(おうせん)は読んでいると思われます。

趙(ちょう)の中央軍六万に対して、秦(しん)の中央は五万八千。

援軍をだした今の兵の数は、四万八千から四万三千と兵力に、かなりの差が出てきています。

ですが、このくらいの兵力の差は相手の熟練の度合いによってはひっくり返り可能性もあります。

李牧(りぼく)の次の一手としては、ただちに右軍に援軍を差し向けるというのもありです。

秦(しん)の中央軍は分厚い陣形を形成しているいるだけに、援軍出した後に、また戻って来させれば、十分間に合う戦力を保持できるのではないでしょうか。

ハナから、王翦(おうせん)の仕掛けにのったのは李牧(りぼく)です。

ここで紀彗(きすい)がやられるというほど浅はかな想定はしていないはず。

もしかすると、すでに趙(ちょう)中央軍右側に配置した傅抵を援軍として麻鉱(まこう)よろしく、開戦と同時に動かしていることも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

秦右軍の王賁と亜光

 

秦(しん)の右軍では、王賁(おうほん)と亜光(あこう)が配置についています。

蒙恬(もうてん)の戦闘シーンに続いて、描かれるのは王賁(おうほん)ではないでしょうか?

王賁(おうほん)も戦果を出してほしいところですが、そうなると李牧(りぼく)はやられっぱなしになってしまいます。

もしかすると、趙(ちょう)の左軍と、秦(しん)の右軍の戦いに関しては、緊迫した展開になる可能性も考えられます。

もしくは、亜光(あこう)と王賁(おうほん)の前に、趙(ちょう)の左軍も圧倒されることになるのか !?

王翦(おうせん)も李牧(りぼく)も、何通りもの模擬戦を机上で繰り返し、策をめぐらせているに違いないこの朱海平原の戦い。

現在の展開は、両者にとって想定した模擬戦の実験段階であると見受けられます。

おそらく、李牧(りぼく)が、今後狙ってくるのは王翦(おうせん)が想定した策の盲点。

 - 未分類