【キングダム】ネタバレ!第522話『左翼の絶望』 !!

   


 

麻鉱(まこう)軍の波状攻撃で、焦る紀彗(きすい)でしたが、これで終ってしまうワケないでようね。

麻鉱(まこう)と蒙恬(もうてん)という秦(しん)の軍が誇る両者に対し紀彗(きすい)だけで戦いきることができるのでしょうか !?

さらに、蒙恬(もうてん)には、王翦(おうせん)と同じ次元で、この戦局が見えていたという場面もあったので、麻鉱(まこう)の2万の軍がぶつかってきた時の紀彗(きすい)の軍の動向がまるはだかということなのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

引っ掻き回す蒙恬

 

秦(しん)左軍に加わった麻鉱(まこう)の軍が紀彗(きすい)の軍とぶつかったと王翦(おうせん)に伝令から知らせがきます。

麻鉱(まこう)は言っているだけで、行動がともなわないと思っていた蒙恬(もうてん)の才覚を認めざるをえなくなっていました

追憶では、この王翦(おうせん)の軍の中でも圧倒的なの強さを誇る麻鉱(まこう)の軍のパワーを趙(ちょう)の右軍にどのようにして効果的に使っていくかのきっかけを楽華隊(がっかたい)がまかされていたという麻鉱(まこう)だった。

そして、蒙恬(もうてん)が失敗しても、麻鉱(まこう)の軍が敗れることはないと蒙恬(もうてん)に豪語する麻鉱(まこう)。

さらに、王翦(おうせん)に、蒙恬(もうてん)がうまくおとりをこなせるように作戦を与えてくれと言う麻鉱(まこう)だが、必要ないと返す蒙恬(もうてん)。

加えて、楽華隊(がっかたい)の実力で、麻鉱(まこう)の軍の力を最高の状態で発揮できる状況につなげると言い放つ蒙恬(もうてん)。

さらに、蒙恬(もうてん)は

「もたついたら主攻の座をうちがもらいますからね」

と、言い王翦(おうせん)と麻鉱(まこう)を驚かせました。

 

スポンサーリンク

 

自信満々の蒙恬(もうてん)

 

蒙恬(もうてん)恐るべしですね。

戦略を考える能力となると、たぶん独立遊軍の中でも群を抜いていますね。

すでに、大将軍としての頭脳を持っているとも言われる蒙恬(もうてん)の力。

実際に、紀彗(きすい)の大軍3万と対しても冷静に対処し、最高の状態で麻鉱(まこう)の軍に引き継いだわけですからね。

その後も、麻鉱(まこう)の軍は、見たところ、戦を有利に展開しているようです。

もしかすると、王翦(おうせん)も実は、紀彗(きすい)をかなり用心していたということなのでしょか。

 

スポンサーリンク

 

紀彗のおたけび!

 

紀彗(きすい)は麻鉱(まこう)の軍に迅速に応戦していきます。

呂劇(ろげき)の騎馬1千を左から向かわせ、本陣を後退させるこもなく、応戦体制をとっていきます。

さらに、兵力の差は紀彗(きすい)の軍3万に対し、楽華隊(がっかたい)5千と麻鉱(まこう)の軍2万なので、まだまだ趙(ちょう)の軍に分があると、そして声の限り離眼(りがん)のおたけびをあげさせて士気をあげろと言い放ちます。

ところが、紀彗(きすい)は最初に楽華隊(がっかたい)に狩り取られた数千の兵力を知りつつ、すでに同数の兵力差になっていることをあえて隠していたのでした。

しかし、ドタバタと変化していく、戦局の中で紀彗(きすい)が一番の危険の源として感じていたのは蒙恬(もうてん)と楽華隊(がっかたい)だったのでした。

 

紀彗(きすい)の作戦

 

紀彗(きすい)が一番危険と読んだ蒙恬(もうてん)。

もうすでに、その能力の高さは疑う余地は残されていません。

紀彗(きすい)としては、突然横腹を攻撃してきた麻鉱(まこう)の軍2万に対抗、尻目で楽華隊(がっかたい)5千を警戒という作戦になるでしょう。

戦(いくさ)において、集中力を分散せざるを得ない紀彗(きすい)。

楽華隊(がっかたい)の存在は彗(きすい)にとっては大きな威嚇と言えるわけです。

 

王翦の戦術眼

 

蒙恬(もうてん)は、中央軍からの波状攻撃が上策であり、現在それを紀彗(きすい)の軍がなんとか耐えている。

この戦局が王翦(おうせん)が思い描いていた配置だという。

紀彗(きすい)は、楽華隊(がっかたい)の将がかなりのやり手と察している。

紀彗

「五千という兵力がここにきてことさら大きい」(汗)

 

紀彗(きすい)に無理をしてでも、楽華隊(がっかたい)を討ち取ろうと提案する側近。

だが、楽華隊(がっかたい)を討ち取るべく、そちらに兵力をまわすと、麻鉱(まこう)の軍2万に敗北してしまう。

この戦況を読みきった王翦(おうせん)。

紀彗

「何という戦略眼・・・」(汗)

一方、王翦(おうせん)は蒙恬(もうてん)のセリフを思い出していた。

蒙恬(もうてん)

「もたついたら主役の座はうちがもらいますからね」

つまりあの作戦会議の段階ですでに蒙恬(もうてん)にも王翦(おうせん)と同じ戦況が見えていたのだ。

蒙恬(もうてん)

「次の一手で紀彗(きすい)の首を取る」

蒙恬(もうてん)の軍才と策師王翦(おうせん)の実力を感じている紀彗(きすい)ですが、蒙恬(もうてん)にも王翦(おうせん)と同じ戦況が見えていたのだとすれば、蒙恬(もうてん)の戦略眼もかなりのものと言えますね。

漫画キングダムの世界で、独立遊軍の中でも飛びぬけた能力を示しています。

すでに兵力の差は五分五分になっている秦軍左翼(しんぐんさよく)と趙軍右翼(ちょうぐんうよく)。

このままいくと、王翦(おうせん)の軍最強の武力を持つといわれる麻鉱(まこう)の軍に紀彗(きすい)は敗北を余儀なくされそうです。

当然、そうならないように、李牧(りぼく)が策を考ずるでしょうが・・・。

 - 未分類