【キングダム】史実に見る王賁(おうほん)!

   


 

【キングダム】史実に見る王賁(おうほん)!

 

スポンサーリンク

 

漫画キングダムの作中では、主人公の信(しん)を筆頭に、三人の若き武将のひとりとして登場した王賁(おうほん)。

そんなキングダムの王賁(おうほん)ですが、史実的に見てみると、かなり名の知られた人物ののようです。

楽華隊(がっかたい)の蒙恬(もうてん)や、漫画キングダムの信(しん)のモデルとなった李信(りしん)よりも、春秋戦国時代において、秦(しん)のまわりの国々の滅亡に影響をおよぼした王賁(おうほん)の史実はどのようなものなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

漫画キングダムの作中では、まったくそりの合わない感じの飛信隊(ひしんたい)の信(しん)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)の王賁(おうほん)。

ところが、王賁(おうほん)は史実では、秦(しん)の周囲の国々の滅亡に深く関わる人物として名が記されています。

王賁(おうほん)は、魏(ぎ)・燕(えん)・代(だい)・斉(せい)と、なんと四国の滅亡に関与している武将なのです。

そして、漫画キングダムの飛信隊(ひしんたい)の信(しん)のモデルとなった李信将軍(りしんしょうぐん)と一緒に戦う戦(いくさ)が三カ国もあるのです。

その三カ国が、燕(えん)と代(だい)と斉(せい)。

漫画キングダムの作中では、斉(せい)の王建王(おうけんおう)は、ずっと前の展開で退いています。

と言うことは、王賁(おうほん)と信(しん)が一緒に戦う国を滅ぼすための戦(いくさ)は燕(えん)と代(だい)ということになるのでしょう。

代(だい)は、李牧(りぼく)が「希望の光」と言っていた代王嘉(だいおうか)が趙国(ちょうこく)が滅びた時に逃亡し、王として君臨した国です。

史実的には、この代(だい)という国は、燕(えん)と手を結び、秦(しん)と戦ったと記されています。

燕(えん)という国は、秦王政(しんおう せい)の暗殺を試みたりして、他の国とは一風変わった戦術を用いているところも興味深いですね。

さらに、史実上最強と評価されている楽毅将軍(がくき しょうぐん)がいた国でもあります。

そんな燕(えん)と代(だい)との戦いに深く関わっていったのが王賁(おうほん)と李信(りしん)なんですね。

漫画キングダムの作中でも名シーンとして描かれると思われます。

 

スポンサーリンク

 

史実上の王賁(おうほん)

 

史実上の王賁将軍(おうほん しょうぐん)は、まず、燕(えん)の王都の薊(けい)を落とします。

その際、燕(えん)の王だった燕王喜(えんおう き)は遼東(りょうとう)に逃亡してしまいます。

そして翌年、王賁将軍(おうほん しょうぐん)は魏(ぎ)の王都の大梁(たいりょう)に攻め込み黄河(こうが)の水を利用して水攻めを行うなど大掛かりな戦術で仕掛けます。

その結果、魏(ぎ)の王である、魏王假(ぎおう か)は降伏します。

事実上、これで魏(ぎ)は滅亡したわけです。

それから王賁将軍(おうほん しょうぐん)は燕王喜(えんおう か)が逃亡した遼東(りょうとう)で燕王喜(えんおう か)を捕らえて完全に降伏させます。

その後、趙(ちょう)の後継となった代(だい)にも攻め込み、代王嘉も捕らえてこれを滅ぼす。

史実的には、斉(せい)が最後の最後まで秦(しん)に抵抗していた国となります。

そして、この斉(せい)との戦いで活躍するのが、漫画キングダムの作中で描かれている独立遊軍の3隊なのです。

李信(りしん)・蒙恬(もうてん)・王賁(おうほん)で攻め込み、王建(おうけん)に勝利し、事実上、秦(しん)が中華統一をはたしたわけです。

 

史実上の王賁て、名門の出なの !?

 

王賁将軍(おうほんしょうぐん)すごいところは、その血筋にもあるようですが、実際に古代中国時代の史実を見てみると、どちらかというと蒙恬(もうてん)の方が名門の出のようです。

後の世の名門と言うことならば王離(おうり)の父である王賁(おうほん)の方が名家ということになるのでしょうが、春秋戦国時代末期の頃の時代となると、蒙家(もうけ)の方が武家の名門となります。

王賁(おうほん)が優秀な武将であると評価されたのは、魏(ぎ)を攻め滅ぼした時のような奇策を用いたりする戦略眼と勇気にあったのでしょう。

史実的に見ていると、単独の部隊だけで攻め込んで国を攻め落としているは、韓(かん)を攻め落とした騰(とう)と魏(ぎ)を滅亡に追いやった王賁(おうほん)だけです。

趙(ちょう)の滅亡には楊端和(ようたんわ)・羌瘣(きょうかい)・王翦(おうせん)の連合軍が関わっていて、楚(そ)は王翦(おうせん)と蒙武(もうぶ)。

燕(えん)と代(だい)と斉(せい)は前に書いたとおり。

そんなすごい武将であり、秦王政(しんおうせい)からの信頼も厚かったのではないかと思われます。

 

 

王一族

 

古代中国史で突然名声を得たこの王一族。

王翦(おうせん)という、この時代の秦国(しんこく)において大活躍をした将軍。

そして、王翦(おうせん)の子、王賁(おうほん)の武功。

独立遊軍としてしのぎを削りながら、父である王翦(おうせん)に認めてもらおうとかんばっていた王賁(おうほん)。

秦(しん)中華統一における最大の敵、楚(そ)との戦いでは李信(りしん)と蒙恬(もうてん)が兵20万を率いて、項燕(こうえん)にコテンパンやられてしまっていました。

そして、2回目の攻撃では王翦(おうせん)が総大将に、そして蒙武(もうぶ)を副将とした秦軍(しんぐん)のほぼ全ての60万を率いて挑みます。

この楚(そ)との大戦(おおいくさ)が中華統一の中では最大のものとなります。

ところが、この戦(いくさ)の後にも、嘉(か)が王となった代(だい)が残っていました。

そして、代(だい)は燕(えん)との連合を進めていきます。

漫画キングダムの展開も、中華統一において、最後の戦(いくさ)となるのがこの燕(えん)と代(だい)の連合軍との戦いになるでしょう。

この戦(いくさ)に抜擢されたのが王賁(おうほん)と李信(りしん)なのです。

展開を予想するとすれば、李信(りしん)が総大将で、王賁(おうほん)は副将となるのかもしれませんね。

そりの合わないこの2隊の武将が、最終戦でどんな戦いっぷりを
見せてくれるのでしょうか。

王賁(おうほん)の進化に興味津々ですね。

 - 未分類