【キングダム】ネタバレあらすじ感想!第525話『馬南慈と王賁の一騎打ち』

   


 

【キングダム】ネタバレあらすじ感想!第525話『馬南慈と王賁の一騎打ち』

 

スポンサーリンク

 

馬南慈軍(ばなんじぐん)に槍(やり)を突き刺すような形で突っ込んだ玉鳳隊(ぎょくほうたい)。

これはまぎれもなく命令違反。

しかし、この戦いの要(かなめ)と趙峩龍(ちょうがりゅう)が評した馬南慈(ばんなじ)をやれるのか。

もしくは、岳嬰(がくえい)を討ち取るのか !?

 

スポンサーリンク

 

亜光の選択

 

待機の命令を無視して、馬南慈(ばなんじ)の軍に突入した玉鳳隊(ぎょくほうたい)。

この予告なしの襲撃に亜光(あこう)はとっさに馬南慈(ばなんじ)に狙いを定め百騎の騎馬で挟み込む策にでる。

そして、馬南慈(ばなんじ)は、後方の部隊がついてきていないことを知る。

前からは亜光(あこう)騎馬隊が近づいてくる。

馬南慈(ばなんじ)

「あの旗の数、敵将か!?フッ、さぁて」

馬南慈(ばなんじ)の周りを取り囲むように玉鳳隊(ぎょくほうたい)が攻め入る。

馬南慈(ばなんじ)を守ろうと必死に抵抗する趙(ちょう)の兵たちだが、王賁(おうほん)の槍術にまったく歯が立たない。

 

スポンサーリンク

 

圧倒的な王賁の武力

 

元々武力に長けている王賁(おうほん)。

さらに、飛信隊(ひしんたい)や楽華隊(がっかたい)が徐々に力をつけてきたように王賁(おうほん)もまたその武力が成長している感じ。

趙軍(ちょうぐん)の歩兵などはまったく戦いになっていない感じで、次々とやられていく。

亜光(あこう)は玉鳳隊(ぎょくほうたい)の進行具合を見ながら
馬南慈(ばなんじ)をやる策に移行する。

一方、馬南慈(ばなんじ)は笑みを浮かべていた。

それだけ、討ち取られない自信があるのだろう。

趙峩龍(ちょうがりゅう)いわく、この李牧(りぼく)と王翦(おうせん)の戦いの鍵となる人物。

 

関常(かんじょう)の出番

 

この場を関常(かんじょう)に任せる王賁(おうほん)。

関常(かんじょう)

「心得ました」

そう言って、後ろの憂いは消しておくと返す関常(かんじょう)。

関常(かんじょう)

「宮康。若についていけ。何かあったらお前が身代わりになって
若を守れ」

戸惑う宮康。

番陽と共に向かう王賁。

珍しく素直に行かせると言う松琢。

関常(かんじょう)は全てに口答えしているわけじゃないという。

松琢はこの出陣は命令違反だと言が、関常(かんじょう)は独立遊軍としては間違っていないと返す。

加えて、この奇襲攻撃で亜光(あこう)の軍は救われ、馬南慈(ばなんじ)を窮地に追いやった。

馬南慈(ばなんじ)を討ち取れれば、右の戦場はかなり有利だと言う。

さらに、王賁(おうほん)の戦略眼が鋭くなっていることに血は争えないとつぶやく。

 

奇襲成功

 

亜光(あこう)が百騎たらずではあるが、馬南慈(ばなんじ)に正面からぶつかり、王賁(おうほん)も周囲を囲む。

この戦いで馬南慈(ばなんじ)を討ち取ることができれば、まさしく右の戦いは有利に展開するでしょう。

しかしながら、馬南慈(ばなんじ)ほどの武将が、ここで簡単に討ち取られてしまうのでしょうか。

 

馬南慈登場!

 

王翦(おうせん)は高台から秦軍(しんぐん)右翼の戦いを見つめている。

宮康が嫌な感じがすると王賁(おうほん)の前を固める。

その瞬間、大きな矛(ほこ)振りかぶっていた馬南慈(ばなんじ)の一撃が炸裂し、一気に吹っ飛んでしまう宮康たち・・・。

そして、王賁(おうほん)の目の前に馬南慈(ばなんじ)が姿をあらわす。

馬南慈(ばなんじ)

「趙左翼三将が一人、馬南慈である」

話しに聞くところの玉鳳隊(ぎょくほうたい)だなと馬南慈(ばなんじ)は玉鳳隊(ぎょくほうたい)のことを聞き及んでいるようです。

馬南慈(ばなんじ)の巨体に驚愕する玉鳳隊(ぎょくほうたい)の兵たち。

一方の王賁(おうほん)はというと、涼しい顔で、知らぬ名だと返す。そして、一撃で眉間(みけん)に風穴をあけると槍(やり)を向ける。

馬南慈(ばなんじ)

「そうであろうな。本物の修羅場では飾られた名など何の意味ももたぬ」

 

馬南慈と王賁の一騎打ち

 

馬南慈(ばなんじ)の巨体は蒙武(もうぶ)と肩を並べるくらい。

そして、武力は廉頗(れんぱ)や介子坊(かいしぼう)にも、勝るとも劣らないということも想像されます。

ただ、その昔、廉頗(れんぱ)四天王の中で、最強と言われていた輪虎(りんこ)と剣を交えた経験のある王賁(おうほん)。

その時から見れば、王賁(おうほん)も大きく成長していると思われます。

今更、四天王だからといって恐れることもないのかもしれません。

この勝負で馬南慈(ばなんじ)を討ち取ることができれば、この戦(いくさ)自体を有利に運べるようなるに違いありません。

もちろん、馬南慈(ばなんじ)の武力は李牧(りぼく)の副官であることを考えるとかなりなモノを持っていると思われます。

 

北方の異民族との戦いの地から

 

趙(ちょう)で名を轟かせた武将も北の局地で李牧(りぼく)がいた雁門(かんもん)では一月と持たなかったようです。

そんな李牧(りぼく)にその頃から馬南慈(ばなんじ)はずっと仕えているわけですから・・・。

北方の地を奪わんとする匈奴(きょうど)という異民族を忌み嫌っていた馬南慈(ばなんじ)。

さらに、中華の六国を奪い取ろうとする軍を進める秦王政(しんおうせい)は人の皮をかぶった獣(けだもの)だとも言い放ちました。

王賁(おうほん)は馬南慈(ばなんじ)の話の途中で言い換えします。

王賁(おうほん)

「他人の王を嘲う前に少しは史を学べ、趙将(ちょうしょう)よ」

一閃の最初の五百年で百あった国が7つに淘汰されています。

古代中国の歴史が求める答えは一つだと返します。

さらに、折り合いがつかないのもわかっているという王賁(おうほん)。

だからこそ、力で是非を決めるのだと。

王賁(おうほん)

「馬何慈(ばなんじ)」

「秦王(しんおう)の刃(やいば)として貴様をここに沈めてやる」

 - 未分類