【漫画キングダム】ネタバレ!第527話その2『橑陽城の犬戎という謎の部族』

   


 

飛信隊の精鋭八百騎に、秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦いに参戦し、紀彗(きすい)の首をとってこいと命じた王翦(おうせん)。

はたして李牧(りぼく)はこの戦局にどう対処するのか !?

激闘が続く朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)。

では、第527話を見ていくことにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

楊端和と公孫龍軍

 

スポンサーリンク

 

朱海平原より南西に三百里はなれたところ。

楊端和(ようたんわ)と公孫龍軍(こうそんりゅうぐん)の戦いは楊端和(ようたんわ)の山の民軍団がその力のみで押しているかのように見えます。

援軍の壁(へき)が参戦することもなく、公孫龍軍(こうそんりゅうぐん)軍9万を圧倒するほどの力です。

壁(へき)にたいしてムダ足だったなと言う山の民軍団だが、楊端和(ようたんわ)は[何か狙いがあってかもしれぬ流れ次第ではすぐに出陣してもらうかもしれぬ」と話します。

その時、少数の騎馬が戦死した山の民を引きずりながら楊端和(ようたんわ)の方へ走ってくる。

舜水樹(しゅんすいじゅ)もその中にいます。

引きずっていた山の民の死体を楊端和(ようたんわ)前で槍(やり)を突き刺し、去っていく舜水樹(しゅんすいじゅ)。

そのまま公孫龍軍(こうそんりゅうぐん)と闘っている山の民軍団の首を背後からハネていく。

公孫龍(こうそんりゅう)

「派手な登場だ。ようやく総大将が到着されたぞ」

楊端和(ようたんわ)

「バカが。しっかりと顔を覚えたぞ」

 

スポンサーリンク

 

激戦の予感

 

舜水樹(しゅんすいじゅ)の登場は見せしめとでも言ったら良いのか、その後の展開へとつなぐためと取ったらいいか?

まるで桓騎(かんき)のような手口とでも言ったら良いのか・・・。

当然、こんなことをすれば、顔を覚えたと言い放った楊端和(ようたんわ)の怒りを買うことになるわけです。

これはもう、激戦となることは間違いないでしょう。

橑陽城(ろうようじょう)に巣食うというヤツもこれからの明らかになります。

今のところは楊端和(ようたんわ)の山の民軍団が優勢に見える戦の展開ですが、もしかすると今後の展開は、逆転してしまうかもしれませんね。

楊端和(ようたんわ)の「だいたいウチはいつもこんな感じ」で進んでいくのでしょうか。

 

公孫龍軍全軍退却

 

舜水樹(しゅんすいじゅ)が先ず行った策は全軍退却。

なぜかと問われる舜水樹(しゅんすいじゅ)。

舜水樹(しゅんすいじゅ)の狙いは趙(ちょう)の奥深くまで引き込み、楊端和(ようたんわ)と山の民軍団を全滅させること。

生き残った山の民軍団が李牧(りぼく)たちが戦っている秦軍(しんぐん)に合流するのを避けるためだと言う。

退却するのは橑陽城(ろうようじょう)まで。

公孫龍(こうそんりゅう)は城には煩わしいヤツラがいるといいいます。

舜水樹(しゅんすいじゅ)は橑陽の牙(ろうようのきば)で山の民軍団を全滅に追い込むと言います。

公孫龍軍(こうそんりゅうぐん))が退却していくのを動きを不審に思うバジオウたち山の民。

「追わずに視界から消えられるのが厄介だ」

「軍を分けて鄴(ぎょう)に行かれる恐れが出てくる」

と楊端和(ようたんわ)が言います。

壁(へき)は鄴(ぎょう)から遠ざけられれば好都合だと言います。

しかし、だからこそ不気味だと話すバジオウ。

楊端和(ようたんわ)がふたつの予測を話す。

有利な戦場に誘い込む策か、または、強力な援軍があるか。

 

橑陽の牙

 

ついに出てきそうな感じが否めない橑陽の牙(ろうようのきば)。

橑陽城(ろうようじょう)まで退却すれば、出てこざるを得ないというところでしょうか。

それにしても、趙(ちょう)と言う国の人物は司馬尚(しばしょう)や龐煖(ほうけん)など、一癖も二癖もある人物たちが多いような気がしますね。

あんな王様だから、統制がとれていないのかな !?

それで、李牧(りぼく)が太子嘉(たいしか)が趙(ちょう)の希望だと言っていたのもうなづけますね。

個としては強力でも、1つの力では限界があります。

そうなると統制のとれた秦軍(しんぐん)の強みはその辺にあるのかもしれませんね。

 

橑陽の牙『犬戎』

 

退却する公孫龍軍(こうそんりゅうぐん)を追う楊端和軍(ようたんわぐん)。

崖の上に狼のような犬のような姿のモノがいる。

本当に橑陽城(ろうようじょう)を巻き込む気かと公孫龍(こうそんりゅう)が確認しています。

舜水樹(しゅんすいじゅ)もその部下も知らない橑陽の牙(ろうようのきば)。

しかも、橑陽城(ろうようじょう)の軍はこの地の周辺から集められたもので真の橑陽城(ろうようじょう)の兵ではないようです。

「この城は趙人と異なる人種が巣食っている」

と話す舜水樹(しゅんすいじゅ)。

楊端和(ようたんわ)も城まで来ていました。

そして、城の手前で、敵の突撃に備えよと命じます。

異人種とは犬戎(けんじゅう)と呼ばれる部族で、かつて中華の周王朝を滅ぼした部族の末裔とのことです。

 

犬戎(けんじゅう)と山の民

 

山の民軍団もまた、秦国(しんこく)と同盟関係にあるものの、異民族です。

ならば、犬戎(けんじゅう)もまた同様な存在と言えるのではないでしょうか。

なんだか異民族の格闘技戦のような様相を呈してきた楊端和(ようたんわ)の山の民軍団と公孫龍軍(こうそんりゅうぐん)の戦い。

犬戎(けんじゅう)ということは、闘犬というか狼のような野獣を戦いに用いるということなのでしょうか。

闘犬のような野獣が人間に立ち向かうとなると、これはかなりの脅威。

動物を戦で用いるというのは昔から使われていた戦い方の1つとも言えなくもないですが、、函谷関(かんこくかん)の戦い、楚(そ)が用いていた象よりも身近で噛み付かれたらどうなるかが容易に想像できる犬です。

山の民軍団はこの犬戎族(けんじゅうぞく)を上まわる力を見せ付けることができるのでしょうか。

王翦(おうせん)と李牧(りぼく)の戦いは一時中断で、楊端和(ようたんわ)のほうの戦いが描かれていくことになるようです。

 

まとめ

 

なんとも言えない雰囲気になってきましたが、舜水樹(しゅんすいじゅ)て、意外とエグイことも平気でやるヤツだったのですね!

引き回して、槍で刺すあの意味は、ただ単に楊端和(ようたんわ)を挑発する目的だったのでしょうか?

それとも、他にも何か意味があったのでしょうか?

そして、公孫龍(こうそんりゅう)も知らない犬戎族(けんじゅうぞく)が登場しましたけど、ちゃんと舜水樹(しゅんすいじゅ)の狙いどおりに戦ってくれるのでしょうか?

 - 未分類