【漫画キングダム】ネタバレ!第529話(その2)『山の民軍団vs.犬戎族 !?』 

   


 

趙(ちょう)の犬戎族(けんじゅうぞく)対、秦(しん)の山の民軍団の異民族同士の戦いがついに火蓋を切ります。

楊端和(ようたんわ)も犬戎族(けんじゅうぞく)に対して、何か自分達と同じ臭いを感じ取っているようです。

なんとも!勝敗の行方は予想がつきませんね !!

 

スポンサーリンク

 

犬戎族の戦術

 

スポンサーリンク

 

いよいよ犬戎族(けんじゅうぞく)が登場してきました。

あっという間に山の民軍団が吹き飛ばされています。

シュンメンまで主要な登場人物ではない犬戎族(けんじゅうぞく)の王モブに吹っ飛ばされていましたので、これまでに無く、手ごわそうな相手です。

山の民軍団は、かなり苦戦するのではないでしょうか !?

犬戎族(けんじゅうぞく)のような騎馬民族は、馬の扱いを得意としていると思われるので、馬と兵が一丸となり、速攻攻撃で相手を討ちとるのではないでしょうか?

戦略というよりも、かなり泥臭い、力にものを言わせたやり方で、ひたすらぶつかり続けるみたいな、策などあってないような感じでしょうか?

今のところ犬戎族(けんじゅうぞく)がワンワン吠えていたかは
わかりませんが、狼のような野生的な武器や、すばやさを得意とし、速攻攻撃をしかけてくる可能性があります。

でもそこらへんは山岳地帯で鍛えぬいた山の民軍団も得意とするところかと思います。

力まかせの激戦となり、壁(へき)の軍が圧倒されてしまうくらいの肉弾戦になるかもしれませんね!

スポンサーリンク

 

シュンメンが抜ける!

 

犬戎王(けんじゅうおう)ロゾには、自身の右腕のような存在の
ポルフがいます。

シュンメンが抜けてしまった今、バジオウと楊端和(ようたんわ)が、この戦(いくさ)の要となっていくのではないでしょうか?

タジフもいるにはいるのですが・・・。

バジオウはポルフを、そしてもしかすると楊端和(ようたんわ)とロゾの差し向かいとなるかもしれませんね!

言ってしまえば、楊端和(ようたんわ)の武力は今のところ不明ではありますが、もしかすると、今回その強さが描かれるかもしれません。

知力・指揮力、加えて美貌は文句なしの陽端和(ようたんわ)。

過去の戦歴を見てみても、数多くの戦(いくさ)を勝ち進んできました。

ロゾとの一騎打ちという展開となれば、本当の楊端和(ようたんわ)の戦いプリやその強さが明らかになります。

女性であるがゆえの身のこなしで、ふわっと飛んだりするかもしれませんね !? 

そうです!あの羌瘣(きょうかい)のように・・・!!!。

今のところロゾの武力は不明ですが、楊端和(ようたんわ)も実のところよくわかっていません。

もしかすると互角の戦いになるかもしれません。

そして、楊端和(ようたんわ)もかなりダメージをくらうかもしれませんね。

この時とばかりに壁(へき)が危機的状況の楊端和(ようたんわ)を助けるべく、隙を見計らって、まさかの角度から突っ込んでいく!

といった展開になるかもしれません。

ロゾを討ち取ることができれば、ベストな流れではありますが、壁(へき)までシュンメンのようにやられてしまってはちょっとさびしくなってしまうので・・・。

壁(へき)が、ここで名誉の戦死となってしまうことも考えられなくもないので・・・。

 

舜水樹の来歴

 

それに、もう一つ描かれそうなのが舜水樹(しゅんすいじゅ)の
来歴ですね!

ロゾは舜水樹(しゅんすいじゅ)を見たことがなかったようなので
、今までの間に何らかの関係はなさそうです。

ところが、ペラペラと匈奴(きょうど)語をしゃべる舜水樹(しゅんすいじゅ)。

もしかして、舜水樹(しゅんすいじゅ)は匈奴(きょうど)なのでしょうか?

なんとなく普通の登場人物たちとは異なる容姿ですし(特に髪型)、異民族だとしてもおかしくはないですね!

そんな理由で李牧(りぼく)が公孫龍(こうそんりゅう)と総大将を変えたということもうなずけます。

さらに、李牧(りぼく)との関係にもなんらかの過去がありそうですね!

『北の遺児』だったとのことなので、李牧(りぼく)が匈奴(きょうど)とわかっていたにもかかわらず、もしかすると今後役に立つかもしれないと、拾って育てたのかもしれません。

 

橑陽城は陥落する!

 

橑陽城(りょうようじょう)は史実的に見てみると最後は陥落するはずです。

でも、楊端和(ようたんわ)と山の民が橑陽城(りょうようじょう)を落としたという記録はありません。

もしかすると、最初は敗れて、その後王翦(おうせん)や桓騎(かんき)が再び攻めて落とすという筋書きも考えられます。

そう考えるならば、今回の橑陽の戦い(りょうようのたたかい)だけで、決着がつくとも言い切れません。

なんといっても壁(へき)やバジオウは漫画キングダムの作者の創造上の人物ですから・・・。

いつお役ごめんとなったとしても、なんの問題もないわけですから。

橑陽(りょうよう)の戦いは結構長引くかもしれませんね!

今後の漫画キングダムの展開をたのしみに見守っていきたいと思います!

 - 未分類