【漫画キングダム】ネタバレ予想!第531話『李牧が王翦の中央軍に突っ込む!』

      2017/09/06

 


 

いかにも王翦(おうせん)が「ここから攻めて来い」言わんばかりの、考えられないほどすくない兵数の秦軍左翼(しんぐんさよく)。

李牧(りぼく)が紀彗(きすい)と馬呈軍(ばていぐん)三万を差し向けた理由とは?

まるで自ら進んで罠(わな)にはまっていったように思えますね。

策の裏で見え隠れする李牧(りぼく)の知略とは !?

 

スポンサーリンク

 

秦軍左翼の戦い

 

スポンサーリンク

 

王翦(おうせん)は秦軍左翼(しんぐんさよく)に蒙恬(もうてん)率いる五千人の楽華隊(がっかたい)だけで陣形を組みました。

いかにも「ここから攻めて来い!」と言わんばかりの王翦(おうせん)の布陣に李牧(りぼく)も一瞬まよいましたが、王翦(おうせん)の誘いにのる形で紀彗(きすい)と馬呈(ばてい)率いる趙兵(ちょうへい)三万をぶつける判断をくだします。

開戦当初は秦軍左翼(しんぐんさよく)を一気に撃破し、中央軍左翼を取り、戦局の流れを優勢に進めて生きたいと李牧(りぼく)は考えていました。

ところが、蒙恬(もうてん)の奇襲に翻弄され、その後の麻鉱軍(まこうぐん)の波状攻撃をモロに食らってしまた紀彗軍(きすいぐん)を見たときに李牧(りぼく)は、はじめから趙右軍(ちょううぐん)は不利な状況に追い込まれることを察していたのではないかと思えてきました。

王翦(おうせん)はこの好機を逃すなと言わんばかりに紀彗(きすい)を討ち取るよう信(しん)を送りだします。

漫画キングダム第529話で秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場の様子を見た信(しん)と河了貂(かりょうてん)は麻鉱軍(まこうぐん)と楽華隊(がっかたい)が紀彗(きすい)の首を狙って追い詰めている姿を目の当たりにします。

追い詰められていく紀彗(きすい)を見て、今まさに紀彗(きすい)を討ち取る絶好の機会だと確信します。

 

更新情報 ⇒【漫画キングダム】ネタバレ第531話(その2予想!)『 紀彗の逆転劇 !?』

 

李牧の策

 

スポンサーリンク

 

いままでの李牧(りぼく)の策を見ていると、李牧(りぼく)は、あえて王翦(おうせん)の策にはまったふりをして、その裏に多くの秘策をめぐらせようとしているように思えてなりません。

近いところであれば楊端和(ようたんわ)の山の民軍団と飛信隊(ひしんたい)で攻め落とした趙(ちょう)の国門列尾(れつび)も、落城を想定してあえて城を攻めやすく守りづらくしてあり、秦国軍(しんこくぐん)の中継陣地となることを防いでいます。

そんな李牧(りぼく)が秘策なしで、あえて王翦(おうせん)の誘いにのるとは思えません。

現在の秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場を見てみると、楽華隊(がっかたい)五千+麻鉱軍(まこうぐん)二万に加えて飛信隊(ひしんたい)の八百が増員されることになります。

一方、秦軍右翼(しんぐんうよく)は玉鳳隊(ぎょくほうたい)の王賁(おうほん)と亜光(あこう)が匈奴(きょうど)との戦いを勝ち抜いてきた馬南慈(ばなんじ)と激しい戦いを繰り広げているので、こうちゃく状態となっています。

左右はそんな状態ですが、考えてみると、秦軍(しんぐん)は左翼に兵を集中しているので、中央軍の兵力が不足してしまっていると考えられます。

李牧(りぼく)がこの好機を見逃すはずがありません。

趙中央軍(ちょうちゅうおうぐん)六万に対して秦中央軍(しんちゅうおうぐん)三万八千となるわけです。

ということは、現在のこの兵力差で趙中央軍(ちょうちゅうおうぐん)が秦中央軍(しんちゅうおうぐん)に攻撃を仕掛ければ、圧倒的に有利な展開となります。

しかし、兵力のすべてを秦中央軍(しんちゅうおうぐん)にあててしまうと、趙軍(ちょうぐん)右軍(うよく)の紀彗(きすい)が討たれた場合、趙中央軍(ちょうちゅうおうぐん)は、はさまれてしまうことになりかねません。

そこで、尭雲(ぎょううん)か、あるいは金毛(きんもう)に三万ほどの兵を託して、王翦(おうせん)の中央軍に突っ込むかもしれません。

 

更新情報 ⇒【漫画キングダム】ネタバレ第531話(その2予想!)『 紀彗の逆転劇 !?』

 

王翦はどうやって鄴を攻めるのか?

 

史実的には桓齮(かんき)・楊端和(ようたんわ)らと趙(ちょう)の鄴(ぎょう:現・河南省)を攻めて先ず9城を取る。

王翦(おうせん)は一人で閼与(あつよ)などを攻める。

それから、皆兵をあわせて一軍とした。

将軍になると18日間で軍中の斗食以下の功労のない者を帰らせ、軍をおよそ5分の1に減らし精鋭揃いに編成した。

そして、それまで落とせなかった鄴(ぎょう)などを落とす。

と記されています。

漫画キングダムの作中では桓騎(かんき)とその軍団が鄴攻め(ぎょうぜめ)の機会を狙っていますが、李牧(りぼく)は桓騎(かんき)の弱点がわかったと言っているので、秘策をめぐらすと思われます。

王翦(おうせん)はいつものように戦わずして勝つ策でいくと考えられますので、趙中央軍(ちょうちゅうおうぐん)の出方をみながら秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦いを早々に片付け、

その流れで趙中央軍(ちょうちゅうおうぐん)を秦軍左翼(しんぐんさよく)と中央軍で挟みうちにする策でいくのではないかと予想されます。

楊端和(ようたんわ)と犬戎(けんじゅう)の戦いが火蓋を切ろうとしていますが、この橑陽城の戦い(りょうようじょうのたたかい)を楊端和(ようたんわ)が勝利した後に桓齮(かんき)や王翦(おうせん)と一緒に鄴(ぎょう)を落とすのではと予想しています。

李牧(りぼく)と王翦(おうせん)の知略の戦い行方がおもしろい展開となって来ています。

 

更新情報 ⇒【漫画キングダム】ネタバレ第531話(その2予想!)『 紀彗の逆転劇 !?』

 - 未分類