【キングダムネタバレ(予想)】第537話で王賁の見た大将軍の景色が明らかとなる!

   

 


 

古代中国の戦国時代を描いた漫画キングダム、第536話では、秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場で大きな動きが起きました。

それまで、眠れる獅子を決め込んでいた趙峩龍(ちょうがりゅう)が動き、兵力の少ないの玉鳳隊を岳嬰(がくえい)軍と挟むように突撃してきたのです。

この苦しい状況に、亜光(あこう)は玉鳳隊(ぎょくほうたい)と王賁(おうほん)を救出するために援軍を送りだしすが、そうはさせじと、馬南慈(ばなんじ)が現れました。

ところが、崩壊寸前の状況の玉鳳隊(ぎょくほうたい)の真っ只中で王賁(おうほうん)は戦いもせず何かを見つめています。

何かに目覚めたかのように、関常(かんじょう)に「巻き返すぞ」と驚愕の言葉を放ったのです。

いったい何が起きたのでしょう?

まさかの蒙恬(もうてん)に続き、王賁(おうほん)にもアレが見えたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

クールな王賁に逆境が襲う

 

スポンサーリンク

 

現在の王賁(おうほん)の状態を説明しますと、前方に岳嬰軍(がくえいぐん)と左後方に趙峩龍軍(ちょうがりゅうぐん)と完全に挟みこまれている状態です。

趙峩龍(ちょうがりゅう)は、秦軍右翼(しんぐんうよく)でも一人、秦将(しんしょう)を葬り去ると言い放っていますが、その一人とは、おそらく、王賁(おうほん)のことでしょう。

普通に考えると、将軍である亜光(あこう)だと思いますが、趙峩龍(ちょうがりゅう)は王翦(おうせん)が王賁(おうほん)の父親だと知っているようなので、

息子の首を取って王翦(おうせん)を心理的に揺さぶろうという策を講じたようです。

ただ、史実的に王賁(おうほん)が逝くのは、朱海平原(しゅかいへいげん)ではないので、間違いなく、王賁(おうほん)狙いは失敗するでしょう。

て、言うか、あの王翦(おうせん)が息子の首を取られたくらいでショックを受けるとは思えませんが・・・。

 

王賁は突き抜ける

 

上記の玉鳳隊(ぎょくほうたい)の状況から考えると、王賁(おうほん)は、このままでは趙峩龍(ちょうがりゅう)と岳嬰(がくえい)の挟み撃ちで討ち取られてしまうでしょう。

しかし、王賁(おうほん)の部隊は、多くが騎兵ですから、何も、敵の突撃をまともに受けることはありません。

前方の岳嬰隊(がくえいたい)に突撃して、突破し、その背後に抜けるという策もあると思います。

これは、玉鳳隊(ぎょくほうたい)の背後に趙軍(ちょうぐん)がいるわけではなく、いるのが援軍の英紀(えいき)の軍だという状況を利用した突破だと言えます。

すでに開戦初日の秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦いで王賁(おうほん)は、馬南慈(ばなんじ)の軍勢を騎兵で止め、後から来る趙兵(ちょうへい)を孤立させたという経験があるわけですから、漫画の流れとしてもおかしくない流れだと思います。

 

機動力で馬南慈の背後に迫る

 

岳嬰軍(がくえいぐん)を突破した後は、趙峩龍(ちょうがりゅう)の軍は外に出てきてしまっているので亜光(あこう)と戦闘している馬南慈(ばなんじ)の背後を取ることもできます。

秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場は意外と、狭い感じでしたから。

玉鳳隊(ぎょくほうたい)がいた戦場には、亜光(あこう)が援軍で送った英紀(えいき)と八千の兵がいます。

岳嬰(がくえい)も趙峩龍(ちゅがりゅう)も、突撃の勢いで顔を合わせざるを得ないので英紀(えいき)とは、戦わざるおえない状況になるでしょう。

要は、王賁(おうほん)の覚醒で窮地を脱するとともに逆に馬南慈(ばなんじ)に挟み撃ちをかけるのです。

こんくらいのことをしてもらわないと、『大将軍が見る景色』が見えた意味がないでしょう。

かなり複雑な展開ではありますが、予想してみます。

 

王賁の突破を読んでいた趙峩龍

 

王賁(おうほん)率いる玉鳳隊(ぎょくほうたい)の、得意技は突破力なので、岳嬰軍(がくえいぐん)を突き抜けるくらいは、難しくは無いでしょう。

関常(かんじょう)や番陽(ばんよう)で前方を固めて、岳嬰軍(がくえいぐん)の兵たちを吹っ飛ばしていけば、その背後から続く騎兵たちは、楽勝でしょう。

これが、見事に決まれば、かなりかっこいい名シーンとなるかもです。

一方で、趙峩龍(ちょうがりゅう)が、さらに深く読んでいて、奇策を用いてくる可能性も十分考えられます。

王賁(おうほん)が岳嬰軍(がくえいぐん)を突破することまで読んでいたとしたら、まあ、そうなったら、そうなったで、今後の展開がまたさらにおもしろくなるでしょう。

なんか今までの感じでは趙峩龍(ちょうがりゅう)は、どちらかというと知略型の武将ような気がしますので、王賁(おうほん)が「しまった!はめられた!!」と悔しがるような展開となれば、漫画的にはいい感じの流れになりますね。

 

まとめ!

 

漫画キングダムでもそうですが、ピンチにはチャンスの種が隠されていますから、大きな逆境を乗り越えた後は、必ずや大逆転劇が起こります。

ただ、秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場はまだまだ戦いがはじまったばかりなので、この戦いだけで勝利という流れにはならずに、二転三転して、ハラハラ、ドキドキの展開が繰り広げられると思います。

信(しん)も中央で待機していることですし、これからの展開がたのしみですね!

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類