【漫画キングダム武将まとめ!】どっちが強い !?『本能型』と『知略型』の武将をどこよりも詳しく比較してみた !!』

   

 


 

漫画キングダムに登場する武将は大まかに知略型と本能型にわけることができます。

現在漫画キングダムの作中では王翦(おうせん)と李牧(りぼく)の『知略対知略』の戦いが描かれています。

では、『知略型と本能型』では、はたしてどちらが強いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

知略型と本能型とは?

 

スポンサーリンク

 

知略型と本能型。

武将には2つの種類があるとキングダムの主人公・信(しん)に教えてくれたのはあの王騎(おうき)将軍でした。

漫画キングダムのコミック第7巻は、王騎(おうき)将軍の教えが描かれた戦いのバイブルのようなとても貴重なものとなっています。

そして、蛇甘平原の戦い(だかんへいげんのたたかい)の際に描かれた王騎(おうき)将軍の例え話しが黄金律といってもいいでしょう。

本能型の象徴とも言える人物は麃公(ひょうこう)将軍でした。

そして知略型の代表は魏(ぎ)の呉慶(ごけい)。

戦を炎に例えて表現し、その戦場の匂いを嗅ぎ取って動く本能型の極みとも言える将軍、麃公(ひょうこう)。

ただ単純に手探りでぶつかっていくだけではなく、本能型とは言え敵の本質を見抜くなど、戦いを読み取る経験に裏打ちされた感性は正しい結果を導いていました。

そう考えると信(しん)も間違いなく『本能型』の武将と言えます。

そして、呉慶(ごけい)は魏国(ぎこく)随一の軍才を誇る『知略型』の武将です。

戦(いくさ)を将棋のように何歩も先を読み、こうなったらああで、ああなったらこうでといった具合に、盤面上から戦上を見すえて軍隊を動かしていきます。

王翦(おうせん)と李牧(りぼく)はこの『知略型』の極みと言えます。

ここから、エッ!そう出るか !?というような、驚かされる策をも見せてくれます。

戦(いくさ)は勝敗が全ての世界です。

さて、強いのは『本能型』か『知略型』どっちでしょう?

 

主な登場人物

 

『知略型』と『本能型』、漫画キングダムの作中で活躍した主な登場人物を挙げてみました。

※名前をクリックすると、人物紹介へリンクします。

 

知略型

 

秦(しん)

 

・河了貂(かりょうてん

・蒙恬(もうてん)

・羌瘣(きょうかい)

・昌平君(しょうへいくん)

・昌文君(しょうぶんくん)

・蒙豪(もうごう)

・王翦(おうせん)

・桓騎(かんき)

・王騎(おうき)

・騰(とう)

・壁(へき)

 

趙(ちょう)

 

・李牧(りぼく)

 

魏(ぎ)

 

・廉頗(れんぱ)

・呉鳳明(ごほうめい)

 

楚(そ)

 

・媧燐(かりん)

 

本能型

 

秦(しん)

 

・信 (しん)

・羌瘣(きょうかい)

王賁(おうほん)

蒙武(もうぶ)

桓騎(かんき

陽端和(ようたんわ)

・麃公(ひょうこう)

 

趙(ちょう)

 

・龐煖(ほうけん)

・慶舎(けいしゃ)

 

楚(そ)

 

汗明(かんめい)

 

燕(えん)

 

オルド

 

本能と知略、両方を持ち合わせている武将もいます。

廉頗(れんぱ)のように、戦(いくさ)の前は事細かに策を講じる『知略型』となり、戦(いくさ)が始まれば戦いの流れを直感的に感じ取る『本能型』となります。

天下の大将軍としてもうしぶんない人物です。

 

強いのはどっち?

 

結局どっちが強いの?

はい!王騎(おうき)が言っていましたが、やっぱり結果が出ないことには

「わかりません」(汗)。

『知略型』の武将が何だかんだと策を講じていても、『本能型』の猛将が圧倒的な武力で『知力型』の想像をはるかに上回れば本能型が強いとも言えますし、

『本能型』の直感でぶつかってきたとしても、策をめぐらせて裏をかかれれば『知略型』はやっぱり強いということにもなりますし。

ただ信(しん)のように身体能力がずば抜けて高く、知力がかなり低めの場合、危険をともなう可能性はかなり高くなると思います。

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)開戦初日に秦軍左翼(しんぐんさよく)がかなり苦戦を強いられていました。

押し込まれた秦軍(しんぐん)を蒙恬(もうてん)が何とか押し戻して膠着状態にしましたが、

もしこれが信(しん)と河了貂(かりょうてん)が秦軍右翼(しんぐんうよく)の指揮を執っていたとしたらどうだったでしょう?

おそらく秦軍右翼(しんぐんうよく)は総崩れとなっていたでしょう。

信(しん)は蒙恬(もうてん)の知略の行方がほとんど見えていなかったようですし、蒙恬(もうてん)も信(しん)の武力をあてにしていましたからね。

さらに信(しん)を史実的に見ても、楚(そ)との大戦を始めるにあたって、王翦(おうせん)が兵60万を要求したのに対し兵20万十分だと言い、その結果、項燕(こうえん)に奇襲され惨敗してしまいました。

直感の力だけに頼りすぎるとかなり危険なので河了貂(かりょうてん)などの軍師がいてはじめてその真の力を存分に振るえるのでしょう。

ただ『知略型』と『本能型』が一対一で戦った場合には単純に武力が強い方が勝つのでしょうか?

麃公(ひょうこう)と呉慶(ごけい)の一騎打ちは麃公(ひょうこう)が勝利しました。

信(しん)も今の所一騎打ちではかなりの強さを見せています。

将軍 対 将軍の一騎打ちとなった場合、武力対武力の戦いとなりますので、知略はほとんど用いることなく『知略型』よりも『本能型』の方が強いと言えるかもしれません。

ただ、『知略型』将軍の軍隊を、そこまで突破していくことができればの話しです。

『知略型』と『本能型』、強いのはどっち・・・?

「これはどちらか一方の首が飛ばねば分かりかねますねェ!」(漫画キングダム第67話)

やはりこの王騎(おうき)の言葉に戻ってきてしまいますね!

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類