【キングダム】なぜ信だけ『大将軍の見る景色!』が見えないのか !?

   

 


 

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)、秦軍(しんぐん)左右の戦場。

蒙恬(もうてん)は戦(いくさ)前から、王翦(おうせん)と同じように戦(いくさ)が見えていました。

あの昌平君(しょうへいくん)が底が見えないと話していた、とても高い軍才。

王翦(おうせん)も蒙恬(もうてん)の軍才の高さを感じて自軍の幹部に誘うほどです。

それに負け時と、王賁(おうほん)にも見えた『大将軍が見る景色』。

 

スポンサーリンク

 

天下の大将軍

 

スポンサーリンク

 

信(しん)はもちろんのこと、蒙恬(もうてん)も王賁(おうほん)も大将軍を目指しています。

蒙恬(もうてん)は、口先だけという感じにも見えましたが、今の漫画キングダムの段階で最も大将軍に近いのは蒙恬(もうてん)でしょう。

将軍特権で王翦(おうせん)に一時的ではありますが、将軍に抜擢されるほどですからね。

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)二日目。

秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場では、蒙恬(もうてん)の語っていた言葉を回想している王賁(おうほん)。

『大将軍の見る景色』・・・!?

それが、何なのかが明らかになった瞬間とも言えます。

その後の王賁(おうほん)を見ても、玉鳳隊(ぎょくほうたい)の危機的状況から一転して、今度は馬南慈(ばなんじ)に大きなプレッシャーを与えるほどに戦局をくつがえしています。

ということは、朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)ではすでに王翦(おうせん)・蒙恬(もうてん)・王賁(おうほん)と3人もの大将軍が登場してきたと言っても過言ではありません。

 

李牧の読み違え

 

李牧(りぼく)の読みが間違っていたとするならば、蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)が大きく成長したことではないでしょうか。

危険を冒してまで、麻鉱(まこう)の首を取ったというのも李牧(りぼく)の中の戦いの優先順位は王翦軍(おうせんぐん)だからなのでしょう。

ただ、飛信隊(ひしんたい)の武力は警戒している様子でした。

しかし、李牧(りぼく)は決して自分に飛信隊(ひしんたい)の武力が届くことはないと思っています。

ただ、楽華隊(がっかたい)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)に関しては情報が足りなかったのか、

秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場では、蒙恬(もうてん)ではなく麻鉱(まこう)の首を取っています。

これが大きな読み違いではないのかと思われます。

 

信には見えない !?

 

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)では、主人公である信(しん)の競争相手でもある蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)が『大将軍の見る景色』を見ています。

ところが、信(しん)にはまだ見えていないようですね!

て、言うか、下僕(げぼく)から成り上がった信(しん)は、軍略は苦手な武将です。

本能型だけの武将です。

軍師である河了貂(かりょうてん)が成長しなければ、いつまでたっても見えるわけないでしょう。

ということは、信(しん)と、蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)ではかなり違うタイプの将軍となるのではないでしょうか。

だからこその強みがあるとも考えられます。

王騎(おうき)が言っていた「どちらか一方の首が飛ぶまでわからない」話です。

本能型といえば、代表的なのが麃公(ひょうこう)将軍ですよね。

蒙武(もうぶ)も間違いなく本能型でしょう。

どちらかと言えば、おそらく楊端和(ようたんわ)もそうでしょう。

ただ、漫画キングダムの作中では知略型のほうが強そうな感じがするのは、やはり李牧(りぼく)や王翦(おうせん)の影響なのでしょうか。

 

信が目覚めるのはまだまだ先 !?

 

信(しん)は朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)では
蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)に遅れをとるのではないでしょうか。

そして、遅れながら目覚める時には蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)を遥かに超えるような『大将軍の見る景色』を見るのかもしれません。

史実的には今後訪れる楚(そ)との戦いで、李信(りしん)将軍が総大将となって出陣していきます。

蒙恬(もうてん)は副将という立ち居地にいることを考えると、この時すでに、蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)を抜いていたと考えられます。

蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)よりも上をいく『大将軍の見る景色』で目覚める信(しん)。

そう考えると、今後の戦いで龐煖(ほうけん)と一騎打ちとなり、苦戦を強いられた信(しん)が逆境の中、神が降りてきたかのように『大将軍の見る景色』が見えるのかもしれませんね!

 

まとめ!

 

実は漫画キングダムの信(しん)ですが、史実に登場するのはまだまだ先の紀元前229年~紀元前228年なんですね。

現在の漫画キングダムの信(しん)は史実にもとづいたお話しではなく、原先生が設定したフィクションなんです。

そして、王翦(おうせん)が数十万の軍を率いて趙(ちょう)と対峙している時、漫画キングダムの信(しん)のモデルとなった李信(りしん)は趙(ちょう)の太原、雲中に出征していたと記されています。

この時が漫画キングダムの信(しん)の史実デビューとなります。今までの約10年強の間はフィクションです。

でも、王翦(おうせん)が趙(ちょう)を本格的に攻め始める紀元前229年より後は史実にもとづいていくと思うので、遅くともその前には天下の大将軍となっているんじゃないかな!

ということは、今回の鄴攻め(ぎょうぜめ)が終ったらということになるのかな !?

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類