【漫画 この世界の片隅に ネタバレ】すみちゃんのアザについてどこよりも詳しく考察してみた!

   

 

スポンサーリンク

 

漫画この世界の片隅に

 

スポンサーリンク

 

広島の原爆をテーマにした漫画といえば『はだしのゲン』が有名ですね。

中沢啓治(なかざわ けいじ)先生の『はだしのゲン』を図書館や図書室で棚におくべきかどうかで、かなりもめていました。

そして、中沢先生が逝ってしまった後、広島の原爆をテーマにした漫画を描いている漫画家といえば、こうの史代(こうの ふみよ)先生となりました。

『はだしのゲン』が漫画としてどのような意味を与えたのかが、ここにきてふたたび注目されているようです。

そんな『はだしのゲン』の後継とも言える、こうの史代先生の漫画をとおして、『はだしのゲン』の意味というものが見えてくるのではないでしょうか。

こうの史代先生は平成の時代から広島の原爆を見ています。

こうの史代先生の漫画は、広島の原爆をテーマにしているとはいえ、そのストーリーはかなり現代的です。

詳しく考察してみると、『この世界の片隅に』という、こうの先生の漫画は、広島から、軍港として有名となった呉(くれ)に嫁いだすずという女性が主人公として描かれています。

夫とすずの思いの微妙な違いが描かれたり、なんとなくきつい性格の義姉さんがいたり、戦時中の庶民の生活がかなり詳しくに描かれたり、戦争による死や、呉(くれ)の空襲、原子爆弾の投下を呉(くれ)で経験したことなどが描かれています。

ストーリーや時代背景の描写もかなり丁寧に描かれている漫画です。

NHKの朝の連続テレビ小説を見ている感じ!

ただ、こうの先生は原爆に関しては、かなり現代風の描き方をしています。

主人公のすずは、戦争で身も心もボロボロになり、広島の実家に帰ろうと考え始めます。

かなり悩んだ末にいつもはきつくあたる義姉さん(←この人はいつもはつんつんしているけど、普通にいい人なのです)に「やっぱり嫁ぎ先で暮らす」という気持ちを伝えます。

まぁ良いシーンなんですが、その描写が広島に原爆が投下された直後だったことが、ちょっと気になるところですが・・・。

すずの実家の家族は全員逝ってしまったような状況になってしまいます。

おそらくこのシーンでは、主人公のすずの決断と原子爆弾の投下が関連付けられているようにも思われるのですが・・・。

すずはもう元の実家に帰っても誰もいない。

そんな主人公の思いが漫画の世界を変えてしまうわけです。

これが、こうの史代先生の漫画の現代的な世界観と言えるのではないでしょうか。

その点、主人公や、その他広島の人々が圧倒的な破壊力の原爆にさらされる『はだしのゲン』とはかなり世界が違うように思えます。

言ってしまえば、こうの先生の漫画の世界は原爆をちょっと気の利いた小道具として描いているという感じなんですね!

さらに、言ってしまえば、そのことが悪いわけではないと思います。

現代人の問題や関心という見方で考えると非常に理にかなっています。

 

同性愛とこうの史代先生

 

そして、こうの史代先生は、なんとなくではありますが、おそらく同性愛に興味があるのではないかと思われる節があります。

こうの史代先生の漫画『桜の国』ではひょんなことから女の子二人でラブホテルに入る描写があります。

漫画『桜の国』では一人の女性がもう一人の女性がお風呂に入るところを見ていて女性の裸体を褒めるシーンの感じは、こうの先生が同性愛に興味を持っているではないかと思える節があります。

そして『この世界の片隅に』でも、すずが義姉さんに抱きついて泣いて、いつもはつんつんしている義姉さんが動揺したりするシーンは、感動的なシーンでした。

漫画のキャラ設定としては、天然系のふわっとした感じで描かれている女性と、性格がきつい感じで描かれている女性との同性愛が多いようにに思われます。

まあ、それはいいとして、主人公すずの決断と原爆の投下が同じシーンで描かれたり、同性愛っぽい感じになったりと、なんとも現代的なんです。

この20年間で完成度が高くなったというか、現実的な現象が、かなり含まれる漫画なので、漫画を読んでいる現代人にとっては、これがわかりやすいんですね。

読んで理解しやすいんです。

自分たちはこういう時代を生きているのだとしみじみ思えてくるのです。

時代の持つ雰囲気に、人々の感覚は思った以上に変わってきています。

『はだしのゲン』はそうした意味で、どうしてもちょっと古くさく感じます。

古くさいせいで、ギャップを感じるのでしょう、ネット上でおもしろおかしくネタになるような書き込みも見られます。

おそらく「おどりゃクソ森」を笑い飛ばすことと図書館の棚におくかどうかが問題となってしまったのでしょう。

もっときびしい口調で言ってしまえば、「反日的」と評価されてもおかしくはないのでしょうか。

ただ、中沢先生が漫画を描いた時代は、戦後の経済成長の時代がそういう空気をかなりかもし出していたからかもしれません。

時代は流れて21世紀。

こうの先生の知略的かつ、かなり丁寧な描写によって(← うまくく記述できなかったけど、なんでもない仕草の描写から多くの情報を発信しているような場面がたくさん描かれているように思えるのです)。

さらに原子爆弾が投下された後の想像を絶する被爆を我々読者は知ることができます。

加えて、現代風の世界との関連や同性愛な感じも伝わってくるのです。

『はだしのゲン』とこうの史代先生の漫画を是非読み比べて欲しいです。

漫画の違い、すなわち時代の違いは、現代に生きる我々読者が発想する『はだしのゲン』への評価の表面上だけではわからない、陰で強い影響力を持っているということに気づかされると思います。

 

すみちゃんのアザついて

 

前置きがかなり長くなってしまいましたが、主人公すずの家族でだだひとり生き残った妹のすみちゃんを見ていて気づいたことを最後にお伝えしたいと思います。

すみちゃんは母を探して爆心地に入り被爆してしまったと思われます。

すみちゃんの腕にアザが出始めた描写から察しがつきますね。

働けないほど衰弱したすみちゃんを姉である主人公のすずが見舞うシーンで被爆したことが明らかになりました。

主人公すずの実家は、広島の原爆が直撃して跡形もなく焼け野原となってしまった地域です。

母親は行方不明、父親は、逝ってしまいました。

とすみちゃんが話していました。

すみちゃん自身も、原爆症でもう長くは無いかも知れない・・・という描写なわけです。

すみちゃんが被爆して原爆症を患っているシーンは、ここでのみ描かれていますが、なんとそれから後の漫画の作中にすみちゃんは登場しないのです。

主人公すずと夫の会話から結末の段階の時点では生きていることはわかるのですが、その後どうなったのかはわからずじまいでした。

 

原爆症とは

 

原子爆弾・水素爆弾の爆発などで発生する爆風・熱線・放射線などによる人体の障害です。

火傷などの外傷のほか、アザ、全身的な機能低下や発育不全、造血器障害・ガンなどの障害も原爆症と呼ばれます。

アザが出ても快復する人もいたし、亡くなってしまった人もいたようです。

重要なのは、ここではそのどちらも描かれない点です。

若くして亡くなっていった人のエピソード、生き残って語り部となった人のエピソード。

どちらも残されているし、フィクションでも描かれていたりもしますが・・・。

『この世界の片隅に』でもそうした内容を描いてもよさそうなものですが・・・。

なぜか描かれない?

もしこれが『はだしのゲン』だったらどうなったでしょうか?

独断と偏見で妄想してみると、どんな結末にしろ、すみちゃんを最後まで描き切ったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類