【ワンピース】ビッグマムは仲間を疑いマザーカルメルを食べたことを知る!

   

 

スポンサーリンク

 

ビッグ・マムが自分のソルソルの能力とカルメルの死を結び付けていないのは、過去にプリンが母の記憶を改竄(かいざん)したことがあるからでは?

と思われた方もいるかもしれませんが、その可能性は低いと言えます。

もし過去にプリンがビッグ・マムの記憶を編集したことがあるのならば、もう少しカルメルの情報が兄弟間で共有されていてもいいはずですし、

さまざまなリスクの原因となりうるカルメルの存在自体をビッグ・マムの記憶から消し去っているほうが自然です。

これまでの描写から察するに、プリンが「カルメルの記憶によるリスク」と「ママの大切にしているカルメルとの楽しい思い出」を天秤(てんびん)にかけた場合、後者を重んじるほどプリンは母親思いではないはずです。

それを踏まえると、プリンが過去に「カルメルとの思い出」を「編集(エディット)」したことはないと言えます。

ところで、すでに作中には、ビッグ・マムの禁断(きんだん)の記憶の扉を開きそうな人物が登場しています。

それはビッグ・マム海賊団の総料理長「美食騎士」シュトロイゼンです。

カルメル失踪事件の一部始終を目撃したシュトロイゼンは、リンリンに興味を持って近づき、彼女とともにビッグ・マム海賊団を築きあげました。(漫画ワンピース868話)

シュトロイゼンが事件を目撃して笑い転げていたことや、

「あんな怪物  見たことねェ !!」

「放っときゃ 死ぬな・・・勿体ねェ・・・!!」

(漫画ワンピース868話)

といった感想を漏らしていたことを考えると、何か企みを秘めてリンリンに近づいた、ひと癖もふた癖もありそうな人物であることが伺えます。

85巻858話で初めて登場した現在のシュトロイゼンとは、ずいぶんとキャラの印象が違います。

現在のシュトロイゼンは陽気に歌を歌いながらケーキを作ったり、サンジとプリンの結婚を祝福したりと、あまり悪巧(わるだく)みをするようなキャラには見えません。

また、普段はビッグ・マムのことをママと呼び、

(漫画ワンピース863話)

ビッグ・マムからウェディングケーキを誉められたときには

「勿体 なき お言葉 !! 」(漫画ワンピース862話)

というなど、忠実な配下として振舞っています。

しかし、ビッグ・マムがKXランチャーで撃たれそうになったときには、思わず昔の呼び方で、

「リンリン !!!」

「正気を 取り戻せ !!! 撃たれる ぞー !!!」

(漫画ワンピース868話)

と叫んでいました。

これらの描写が暗示しているのは、シュトロイゼンの現在のキャラが演技であり、本来のキャラは昔から変わっていないということです。

すなわち、シュトロイゼンが「リンリン !!!」と叫んだときには、ついうっかり素の部分が出てしまったのだと考えられます。

シュトロイゼンはリンリンとはじめて会ったときに

「お嬢ちゃん 夢でも 語り合わ ねェか?」

(漫画ワンピース868話)

という言葉をかけて近づきました。

そしてリンリンのソルソルの実の能力を見て、彼女の語る「夢の国」を一緒につくろうと呼びかけています。

では、シュトロイゼン自身の夢はどうだったのでしょうか?

どんな野望や企(たくら)みを秘めてリンリンに近づいたのでしょうか。

それが何はまだわかりませんが、少なくともビッグ・マム海賊団で料理長をすることではないはずです。

 

スポンサーリンク

 

シュトロイゼンは彼の渾身(こんしん)の力作であるウェディングケーキをルフィーに壊された際にも、

「ママ気を 確かに !! お気持ちは 察し ますが」

(漫画ワンピース863話)

と、どこか他人事のようであり、部下から

「料理長 お逃げに !!」

「ママの 様子が 変です !!」

(漫画ワンピース863話)

と言われても、落ち着いて状況を観察している様子でした。

一方で、先ほども書いたとおり、ビッグ・マムがKXランチャーで撃たれそうになったときには、我を忘れて昔のシュトロイゼンに戻っていたようです。

おそらくシュトロイゼンの夢を叶えるためには、ビッグ・マムに生きててもらわなければ困るのでしょう。

カルメルの写真を壊されてショック状態になってから、一度は正気を取り戻したビッグ・マムですが、このシュトロイゼンの存在によってカルメル失踪事件の真相を知り、ふたたびショック状態におちいる危険性があります。

シュトロイゼンの意思で本人の口から語られるのか、それとも不振な行動を咎(とが)められて、プリンのメモメモの実の能力で記憶をあばかれるのかはわかりませんが、

とにかくビッグ・マムはシュトロイゼンをきっかけにして、カルメル失踪事件の真相を知ることになるのではないでしょうか。

ちなみに、torajirouは、今回の騒動でルフィーがウェディングケーキの中から登場したことで、ビッグ・マムがシュトロイゼンの謀反(むほん)を疑い、プリンにシュトロイゼンの記憶を覗かせたがために、真相を知ってしまうのではないかと予想しています。

ビッグ・マムからすると、ベッジ、シーザー、ジンベエと裏切り者が続出したため、最も付き合いの長いシュトロイゼンを疑うほど疑心暗鬼(ぎしんあんき)におちったとしてもおかしくはないと思うのですが・・・。

どうでしょうかね!

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類