【キングダム ネタバレ(予想)最新】第541話で壁が大どんでん返しの大活躍 !?

      2017/12/13

キャプチャ001

 


 

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい) 2日目。

戦いが終わり戦局をかんがみた李牧(りぼく)は 尭雲(ぎょううん)のところに出向きます。

一方、兵糧(ひょうろう)を焼かれてしまった壁(へき)の軍・・・。

戦いの原動力である兵糧(ひょうろう)を焼かれてしまったということは敗北を意味します。

この〘大事件』は秦(しん)の連合軍にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

キングダムネタバレ第540話

 

スポンサーリンク

 

舜水樹(しゅんすいじゅ)が 犬戎王(けんじゅうおう)ロゾに犬戎族(けんじゅうぞく)が、趙(ちょう)との有事を考えて地下に抜け道をつくっていると察して、その場所を聞いています。

『ラゴの森』に壁(へき)の軍の兵糧(ひょうろう)が隠してあり、『ラゴの森』に通じる地下の抜け道をロゾは舜水樹(しゅんすいじゅ)に教えました。

 

【キングダム 】第452話以降の展開予想で『朱海平原の戦いで勝利するための条件を考察してみた!』

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話(その3)『舜水樹が次に狙うのは山の民軍団の兵糧庫 !?』

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第542話(その4)『楊端和と山の民軍団が絶体絶命のピンチに!』

 

 

抜け道の存在

 

舜水樹(しゅんすいじゅ)が、壁(へき)の軍が隠した兵糧(ひょうろう)のある『ラゴの森』に、誰にも見つからずにたどり着けた理由がわかりましたね!

犬戎族(けんじゅうぞく)が趙(ちょう)との有事の時に使うはずだった地下の抜け道。

舜水樹(しゅんすいじゅ)は、犬戎族(けんじゅうぞく)が もしもの際に脱出経路くらいは確保していることをしっかりと読んでいました。

舜水樹(しゅんすいじゅ)は、かなり知略の高い人物であり、観察力と洞察力に長けていることは、秦軍(しんぐん)が金安(きんあん)で兵糧(ひょうろう)の流れを偽装していることに気付いたことからもわかっていました。

さらに、壁(へき)の軍の兵糧(ひょうろう)まで、人知れず近づき、焼き払ってしまうことにも成功しています。

舜水樹(しゆんすいじゅ)は、今後も壁(へき)や楊端和(ようたんわ)たちを苦しめ続けるのでしょうか !?

 

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その5)『秦軍右翼で羌瘣が尭雲を討ち取る!』

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話『元趙国三大天の「武」を担っていた堯雲(ぎょううん)の強さとは !?

 

絶望的な壁

 

兵糧(ひょうろう)を失い、うなだれる壁(へき)。

楊端和(ようたんわ)が壁(へき)の責任ではないと励ましますが、危機的な状況であることは理解しているようです。

日は変わって、朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)3日目、壁(へき)は前日の大失態を取り返すべく奮闘しますが空回り・・・。

桓騎(かんき)の軍団に向かわせた伝令も、舜水樹(しゅんすいじゅ)が、待ってましたとばかりに始末してしまいます。

 

【キングダム 】第452話以降の展開予想で『朱海平原の戦いで勝利するための条件を考察してみた!』

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話(その3)『舜水樹が次に狙うのは山の民軍団の兵糧庫 !?』

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第542話(その4)『楊端和と山の民軍団が絶体絶命のピンチに!』

 

励ます楊端和

 

壁(へき)のうなだれ方は、半端ないものでした。

あんな壁(へき)・・・ 今までに見たことないし、はっきり言って見たくありませんでした。(泣)

ふたつに分けて隠していた兵糧(ひょうろう)の半分が焼かれてしまったようです。

疲れ切った感じの壁(へき)ですが、 楊端和(ようたんわ)の優しさが染みている様子・・・。

「下を向くな」

と兵糧(ひょうろう)を焼かれたことを責めることなく、山の民の分を与えるから・・・と 言ってくれた楊端和(ようたんわ)ですが、現実的にはかなり厳しい状況で戦い方を根本から変えないと全滅もありうるとつぶやいていました。

何とかして、この状況をくつがえしたい壁(へき)ですが、逆に犬戎(けんじゅう)の罠にハマって 大打撃を受けてしまいましたね!

冷静に策を講じる力も残っていないようですし、奮闘すればするほど空回りし、敵の思うつぼにハマっていってしまっているようです。

一方、桓騎(かんき)の軍団に伝令を向わせたはいいものの、あっけなく始末されてしまいました。

かりに、伝令の報告を受けたとしても、桓騎(かんき)が兵糧(ひょうろう)を分けてくれるとは、思えませんよね!

「馬を食え!」とか返してきそうな気がしますが・・・。

しかし、逆にこの危機的状況からが、陽端和(ようたんわ)と山の民軍団の腕の見せ所となるんじゃぁないでしょうか。

想像を絶するような戦い方で、橑陽(りょうよう)軍を攻めまくってくれることを願います。

壁のためにも・・・!!!

一方、秦軍右翼(しんぐんうよく)軍と趙軍左翼(ちょうぐんさよく)本陣とのにらみあいが続く王賁(おうほん)サイドでは、王賁(おうほん)が玉鳳隊(ぎょくほうたい)に檄(げき)を飛ばしています。

対する趙軍(ちょうぐん)サイドでは、中央軍に1万の援軍を加えた李牧(りぼく)。

そこには藺相如(りんしょうじょ)の『武』を束ねていたという尭雲(ぎょううん)が登場してきました。

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)3日目は、長い間にらみ合いが続いているという秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場。

李牧(りぼく)が何か仕掛けてくるのを警戒して、秦軍右翼(しんぐんうよく)はヘタにに手が出せない状況でした。

その李牧(りぼく)の策というのは中央から尭雲(ぎょううん)を趙軍左翼(ちょうぐんさよく)に加えるというものでした。

藺相如(りんしょうじょ)は大戦略家だったようですが、その武力を担っていたのが尭雲(ぎょううん)であり、藺相如(りんしょうじょ)に欠けていた武力を補っていた武将です。

つまり藺相如(りんしょうじょ)の『武』そのものであったということです。

そんなすごい奴が出てきたら、今まで以上に王賁(おうほん)たち秦軍右翼(しんぐんうよく)は、苦しい戦いを強いられるかもしれません。

ただ、王賁(おうほん)も覚醒していますからね!

あんなに檄(げき)を飛ばすようなキャラではなかったような気がしましたが、玉鳳隊(ぎょくほうたい)の兵たちの重苦しい空気を 一気に変えて、士気を高めました。

王賁(おうほん)の覚醒は、本物ですね!

将軍になる日も近いのではないでしょうか。

 

 

王翦の策

 

漫画キングダム第539話では、舜水樹(しゅんすいじゅ)の奇策にまんまとしてやられた壁(へき)将軍でした。

ただでさえ、長期戦の様相を呈してきている今回の趙(ちょう)との戦い。

そして、さらには、補給路を断たれて敵国内で、孤立している状態です。

そんな時に、壁(へき)の軍が隠していた兵糧庫を舜水樹(しゅんすいじゅ)が焼き払ってくれちゃったわけです。

「ああ、壁(へき)のあんちゃんがやっちまった・・・、ただ真面目なだけで、中身は平凡な、あんちゃんなのに、山の民の援軍として送られたのに、足を引っ張っちまったよ!」

と、キングダムファンの皆さんは、思った事でしょう。

しかし、今までの壁(へき)の活躍を見ていると、楊端和(ようたんわ)の元へ壁(へき)を送ったのは、あの王翦(おうせん)ですよね !?

大切な兵糧(ひょうろう)焼かれるなんていう大失態を招く人物をあの王翦(おうせん)が抜擢するでしょうか。

 

【キングダム 】第452話以降の展開予想で『朱海平原の戦いで勝利するための条件を考察してみた!』

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話(その3)『舜水樹が次に狙うのは山の民軍団の兵糧庫 !?』

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第542話(その4)『楊端和と山の民軍団が絶体絶命のピンチに!』

 

壁の役割

 

王翦(おうせん)は、あの廉頗(れんぱ)と戦った山陽平定戦(さんようへいていせん)のころから、壁(へき)を上手に用いています。

それは壁(へき)が優秀な武将だからというわけではありません。

 

「私の目に狂いはない」

「あ奴はいい囮になる」

(漫画キングダム21巻218話)

 

適度に間抜けなので囮(おとり)として最適だと言うことではないでしょうか。

つまり、舜水樹(しゅんすいじゅ)が壁(へき)の軍の兵糧(ひょうろう)を焼ことくらいのことは、王翦(おうせん)は読んでいて、すべては策のひとつに過ぎないのではないでしょうか。

では、王翦(おうせん)は舜水樹(しゅんすいじゅ)に壁(へき)の軍の兵糧(ひょうろう)を焼かせて、いったいどうするのでしょうか?

責任感の強い壁(へき)の性格からして、このまま山の民の兵糧(ひょうろう)を分けてもらい、陽端和(ようたんわ)のお荷物になるという事態は避けたいでしょう。

もちろん、兵糧(ひょうろう)を失い、本隊に戻るという事も考えられます。

さあ、どうするのでしょうか?

尻尾を巻いて帰るしかありません。

太行山脈(たいこうさんみゃく)を越えて、残された兵糧(ひょうろう)だけで秦(しん)に戻る事になります。

もちろん、舜水樹(しゅんすいじゅ)にとっても、そうしてもらったほうが都合がいいわけで、退却していく壁(へき)の軍に対して、笑い飛ばすだけで、何もしないでしょう。

そして、そこが、王翦(おうせん)の狙いなのです。

 

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その5)『秦軍右翼で羌瘣が尭雲を討ち取る!』

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話『元趙国三大天の「武」を担っていた堯雲(ぎょううん)の強さとは !?

 

壁の軍には王翦の兵がいる

 

壁(へき)の軍の一万の兵達は、壁(へき)と同じくらいに、これといった特徴がないように見せかけているのでしょう。

それも王翦(おうせん)の策だとしたらどうでしょう。

つまり、舜水樹(しゅんすいじゅ)の目をあざむく為にこれといって取り柄のない壁(へき)の軍を選んで援軍としたわけです。

そして、壁(へき)の軍が太行山脈(たいこうさんみゃく)を越えて秦(しん)に入り、趙軍(ちょうぐん)の見張りの目が届かなくなってから壁(へき)の軍に紛れ込んだ王翦(おうせん)の兵が動き始めます。

そして、王翦(おうせん)の命令を壁(へき)に伝えます。

その命令とは、黒羊丘(こくようきゅう)周辺に新設された、趙軍(ちょうぐん)の城を落し、咸陽(かんよう)まで戻れ、というものです。

舜水樹(しゅんすいじゅ)は間違いなく壁(へき)の軍をただの足手まといだと思っているので、黒羊丘(こくようきゅう)にまで、追っ手をやることはしないでしょう。

黒羊丘(こくようきゅう)に新設された趙軍(ちょうぐん)の城は砦(とりで)と化しているようですが、

離眼(りがん)の兵たちは朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)に駆り出されているので、黒羊丘(こくようきゅう)に大きな軍はいないでしょう。

 

 

閼与を落として壁が帰ってくる

 

こうして、尻尾を巻いて戻ったと思った壁(へき)の軍は、秦(しん)本国から兵糧(ひょうろう)と援軍を率いて、閼与(あつよ)を落として朱海平原(しゅかいへいげん)に戻ってきます。

李牧(りぼく)も舜水樹(しゅんすいじゅ)も目ん玉ひんむいて冷汗ものの、展開となりますね!

まさか兵糧(ひょうろう)を焼かれて尻尾を巻いて逃げ帰った、お間抜けな壁(へき)の軍が閼与(あつよ)を落として援軍と兵糧(ひょうろう)を持って復帰するとは思わなかったでしょう。

そんな展開こそ、まさに知略を駆使した王翦(おうせん)の策と言えるのではないでしょうか!

 

【キングダム 】第452話以降の展開予想で『朱海平原の戦いで勝利するための条件を考察してみた!』

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話(その3)『舜水樹が次に狙うのは山の民軍団の兵糧庫 !?』

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第542話(その4)『楊端和と山の民軍団が絶体絶命のピンチに!』

 

まとめ!

 

この展開がそのまま描かれるかどうかはなんとも言えません。

それは漫画のお話しの流れとして、そんな展開を描いていたらダレてしまい、迫力のある戦場の描写が描けなくなってしまいますからね。

漫画的には、最初は疲れ切った壁(へき)が自軍を率いて、秦(しん)本国に戻り、あとは、壁(へき)の動きは描かれないのではないでしょうか?

そして、ひとりで閼与(あつよ)に向かった王翦(おうせん)と共に、朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)で絶体絶命のピンチを迎えた秦国(しんこく)連合軍のもとに突然現れるみたいな展開になったほうがおもしろいですからね!

 

 

スポンサーリンク

 

⇒ここの管理人torajirouが好きなことをして生きていられる理由を皆さんにコソッと教えちゃいます!

 

こんな記事も読まれています↓

【キングダム 】第452話以降の展開予想で『朱海平原の戦いで勝利するための条件を考察してみた!』

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話(その3)『舜水樹が次に狙うのは山の民軍団の兵糧庫 !?』

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第542話(その4)『楊端和と山の民軍団が絶体絶命のピンチに!』

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その5)『秦軍右翼で羌瘣が尭雲を討ち取る!』

 
 
【キングダム】第540話のネタバレと第541話の展開予想!

 

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その2)『楊端和が「血に飢えた死王」の本領を発揮!』

【キングダム ネタバレ (考察)】新キャラ登場!不世出の天才 !! 亜花錦(あかきん)が強い !!!

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第540話で怒り狂った陽端和が舜水樹を真っ二つに! 

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第540話(その2)『楊端和と山の民軍団が底力を見せる!』

【キングダムネタバレ(予想)】第540話(その3)『李牧が次に狙うのは秦軍の兵糧!』

【キングダム ネタバレ (予想)】第540話(その4)『尭雲(ぎょううん)は王翦(おうせん)の陽動作戦で逝く!』

 

 - 未分類