【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その4)『壁の失態で楊端和が講じる策とは !? 』

      2017/12/08

 

【電通と日経が発表】 ”あの市場” に第2次バブルが到来!団塊世代が月収88万円を実現した最強ノウハウを特典付きで無料公開!

 


 

壁(へき)が兵糧(ひょうろう)を焼かれるという大失態を犯してしまった遼陽の戦い(りょうようのたたかい)

それは、舜水樹(しゅんすいじゅ)とこの遼陽(りょうよう)を領地とする犬戎族(けんじゅうぞく)との連携によってなされた秘策でした。

壁(へき)には落ち度はないと励ます楊端和(ようたんわ)でしたが、現実的に考えると、かなり厳しい状況におちいってしまったことには変わりはありません。

山の民軍団の追加分の兵糧(ひょうろう)も持参していた壁(へき)。

その半分を消失してしまうという大失態。

そして、楊端和(ようたんわ)は策の変更を余儀なくされてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

壁は名誉挽回に失敗する

 

スポンサーリンク

 

次の3日目に名誉挽回をはかろうと奮闘する壁(へき)でしたが、まってましたと言わんばかりに、逆に犬戎族(けんじゅうぞく)やられてしまいます。

兵糧(ひょうろう)を焼かれてしまい、兵力までダメージを受けた壁(へき)の想いとはどんなものなのでしょう。

すでに、精神的にかなりダメージを受けていた様子は、よくわかりました。

これで、将軍としての能力まで、支障をきたしてしまったとなると、1万の壁(へき)の軍はもう役に立ちません。

元々、倍近い兵力差のある遼陽の戦い(りょうようのたたかい)

犬戎族(けんじゅうぞく)が登場したことで、戦(いくさ)は、かなりやっかいなモノとなってしまいました。

さらに、兵糧(ひょうろう)を失い、一刻の猶予もない状況におちいったことで、用いることのできる策も限られてしまうのではないでしょうか。

 

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話『元趙国三大天の「武」を担っていた堯雲(ぎょううん)の強さとは !?』

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その4)『壁の失態で楊端和が講じる策とは !? 』

 

楊端和の策

 

武力が、かなり強いといっても、兵力が倍もある相手と戦うのは、かなり大変なことだと思われます。

加えて、この遼陽(りょうよう)は犬戎族(けんじゅうぞく)の領地で地の利もありません。

となると、もはや命がけの戦いを覚悟した策を講じて戦うより他に策はないのではないでしょうか。

正攻法で考えるならば、じわじわと攻め上げる戦(いくさ)もアリだったかもしれません。

一刻を争う事態におちいった、楊端和(ようたんわ)は、そんなことはやってはいられないでしょう。

どこかで、一気に猛攻をかけて、最悪、朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)で王翦(おうせん)が勝利するまでの間、遼陽軍(りょうようぐん)を足止めしなくてはなりません

壁(へき)将軍も命がけの戦いとなるのではないでしょうか。

 

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話『元趙国三大天の「武」を担っていた堯雲(ぎょううん)の強さとは !?』

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その4)『壁の失態で楊端和が講じる策とは !? 』

 

総大将を討ち取る策になる

 

もちろん、戦(いくさ)は総大将を討ち取った時点で、終ります。

楊端和(ゆたんわ)と舜水樹(しゅんすいじゅ)。

今までの展開では何の因縁もありませんが、舜水樹(しゅんすいじゅ)は出てきたと同時に陽端和(ようたんわ)の目の前で山の民軍団の兵をグサッとやって、怒りを買っています。

壁(へき)にしてみても、舜水樹(しゅんすいじゅ)の汚いやり方には、かなり頭にきていることでしょう。

犬戎王(けんじゅうおう)ロゾも目が離せませんが、橑陽の戦い(りょうようのたたかい)では舜水樹(しゅんすいじゅ)を討ち取ることに集中して策を講じるのではないでしょうか !?

舜水樹(しゅんすいじゅ)に仕掛けるとなると、舜水樹(しゅんすいじゅ)が圧倒的に有利な状況になっていると思い込ませて、油断させる必要があるのではないでしょうか。

ただ、犬戎族(けんじゅうぞく)がいる趙軍(ちょうぐん)に対して負けているように見せかけるというのは、かなり難しいですね。

そして、舜水樹(しゅんすいじゅ)の首を狙っているとなると、策の失敗は軍の敗北となってしまう可能性も高いです。

 

【電通と日経が発表】 ”あの市場” に第2次バブルが到来!団塊世代が月収88万円を実現した最強ノウハウを特典付きで無料公開!

 

正攻法では戦わない

 

すでに、正攻法での勝利することは不可能な状況におちいてる橑陽の戦い(りょうようのたたかい)。

しかも、王翦(おうせん)や桓騎(かんき)への伝令も使えない状況で孤立してしまっては、一発逆転を狙った楊端和(ようたんわ)にしかできない戦いをしていかなければなりません。

壁(へき)もそれに呼応して命がけの戦いに参戦するでしょう。

自責の念もあることでしょうし・・・。

そんな状況下で、壁(へき)が戦うとなると、もしかすると、この橑陽の戦い(りょうようのたたかい)で壁(へき)が逝ってしまう可能性もあるような気がしてきますね!

あるいは、大どんでん返しの大活躍をするか !?

さてさて、いったいどうなるのでしょうか?

漫画キングダム弟541話が、もう待ち遠しくなってきました。

 

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話『元趙国三大天の「武」を担っていた堯雲(ぎょううん)の強さとは !?』

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その4)『壁の失態で楊端和が講じる策とは !? 』

 

まとめ!

 

何しろ、壁(へき)のあの落ち込み具合と、その後の戦い方が気になって仕方がないtorajirouです。

楊端和(ようたんわ)は、優しく励ましてくれていましたが、壁(へき)には山の民軍団の追加の兵糧(ひょうろう)を持った援軍としての役割もあったわけですので、

山の民達の分の兵糧(ひょうろう)を壁(へき)の軍に分ける与えるとなると不満がつのり、一部の山の民達が楊端和(ようたんわ)を裏切る可能性も考えられます。

そして、犬戎族(けんじゅうぞく)は、兵糧(ひょうろう)がないところをついて、持久戦に持ち込むでしょう。

つまり、食料が尽きて山の民軍団が退却しようとすると、総攻撃をかけてくるという戦術です。

となると、やっぱり壁(へき)は、太行山脈(たいこうさんみゃく)を越えて一時的に、秦(しん)に帰るという道を選ばざるを得ないのかなぁ!

とりあえず、壁(へき)の軍がいなくなれば、山の民軍団の不平不満は落ち着くでしょうしね。

 

【電通と日経が発表】 ”あの市場” に第2次バブルが到来!団塊世代が月収88万円を実現した最強ノウハウを特典付きで無料公開!

 

スポンサーリンク

 

⇒ここの管理人torajirouが好きなことをして生きていられる理由を皆さんにコソッと教えちゃいます!

 

こんな記事も読まれています↓

【キングダム ネタバレ(予想)】第542話『元趙国三大天の「武」を担っていた堯雲(ぎょううん)の強さとは !?』

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その4)『壁の失態で楊端和が講じる策とは !? 』

【キングダム】第540話のネタバレと第541話の展開予想!

【キングダム ネタバレ(予想)】第541話(その2)『楊端和が「血に飢えた死王」の本領を発揮!』

【キングダム ネタバレ (考察)】新キャラ登場!不世出の天才 !! 亜花錦(あかきん)が強い !!!

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第540話で怒り狂った陽端和が舜水樹を真っ二つに! 

【キングダム ネタバレ(予想)最新】第540話(その2)『楊端和と山の民軍団が底力を見せる!』

【キングダムネタバレ(予想)】第540話(その3)『李牧が次に狙うのは秦軍の兵糧!』

【キングダム ネタバレ (予想)】第540話(その4)『尭雲(ぎょううん)は王翦(おうせん)の陽動作戦で逝く!』

 

 - 未分類