【キングダムネタバレ】朱海平原戦いでの飛信隊の役割を考察してみた!

   

キャプチャ124

 


 

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)で飛信隊(ひしんたい)が布陣したのは中央軍でした。

しかもその場所は後方・・・。

そんな布陣から信(しん)は、李牧(りぼく)から隠れているみたいだと文句を言っていました。

ところが、開戦してみるとその布陣は、かなり動き安い場所だったのです。

あの王騎(おうき)将軍から授かったという矛(ほこ)を見て王翦(おうせん)は思うところがあったのでしょう。

最後の秦国(しんこく)六大将軍が名付け親の飛信隊(ひしんたい)。

はたして、その役割とはどんなモノなのでしょうか !?

 

スポンサーリンク

 

秦軍左翼の戦場で紀彗の首を狙う

 

スポンサーリンク

 

飛信隊(ひしんたい)が最初の出番となったのは、わりと早かったですね。

中央後方から送り出されて、紀彗(きすい)の首を取って来いと王翦(おうせん)から命令を受けました。

そして、飛信隊(ひしんたい)の中で速い騎馬と精鋭を選抜して、秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場に向かいます。

かなり押していた秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦局でしたが、突然出てきた李牧(りぼく)に麻鉱(まこう)が首を飛ばされてしまうという結果となってしまいました。

これは、王翦(おうせん)にとっても想定外の展開だったのでしょう。

その後兵糧(ひょうろう)の配給を減らしたのは麻鉱(まこう)を失った事で戦いが長引くと予想したからではないでしょうか。

一方、飛信隊(ひしんたい)は、麻鉱(まこう)が逝ってしまった後、麻鉱軍の兵たちが復活するために必要な役割を担います。

その後、すぐに中央に戻されました。

秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場における働きを見ると、あきらかに蒙恬(もうてん)のほうが上でした。

 

秦軍右翼の戦場にも現れる

 

秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場では、番陽(ばんよう)が討たれてしまった、まさにその瞬間に突然飛信隊(ひしんたい)が現れました。

力強い立ち回りで登場した信(しん)と羌瘣(きょうかい)。

そんな展開から、王翦(おうせん)は飛信隊(ひしんたい)の役割を王騎(おうき)と同じ様に考えているのかもしれません。

重要ながら、かなり柔軟に対応できる部隊であり、加えて、その武力もかなりのモノを持っています。

何と言っても、飛信隊(ひしんたい)の持つ真っすぐな信念は、その戦場を一変させてしまう効果もあります。

王翦(おうせん)は飛信隊(ひしんたい)にかなり期待しての中央後方への布陣だったと言えます。

 

最後は中央同士の戦いとなる

 

右左両翼で削り合う王翦(おうせん)と李牧(りぼく)。

援軍を左右の戦場に配置することで中央を細らせています。

最終戦はこの中央がやせ細ったところで、突撃して朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)は決着がつくのでしょう。

史実的に考察してみると、ここで李牧(りぼく)が逝くことはありません。

鄴攻め(ぎょうぜめ)は秦国の勝利となっていますので、王翦(おうせん)が何らかの形で勝利します。

ただ、その勝利が、李牧(りぼく)を撤退させての勝利となるのかどうかはまだわかりません。

しかし、中央軍同士の戦いで飛信隊(ひしんたい)が大きな役割を担うことは、たぶん間違いないでしょう。

もしかすると、飛信隊(ひしんたい)と信(しん)で李牧(りぼく)を追い詰め、一太刀浴びせるくらいの展開もあるのではないでしょうか。

それによって、趙軍(ちょうぐん)が撤退するのなら李牧(りぼく)を打ち損じたとしても、大きな武功を信(しん)が挙げたことになるのではないでしょうか。

 

まとめ!

 

漫画キングダム第542話では、信(しん)が少しワープした感じが否めませんが、また、信(しん)と飛信隊(ひしんたい)の出番が来そうで、楽しみです。

登場の仕方も、粋でよかった!

そして、王賁(おうほん)が番陽(ばんよう)を無理をしてでも助けに行こうとしたときは、なんか感動しました。

わりとクールな性格の王賁(おうほん)ですが、信頼している副長となると、放っておけなかったんでしょうね!

近頃の王賁(おうほん)は、かっこよさが出てきましたが、最初の頃は、なんかエリート意識が強くて、下僕(げぼく)出身者が多い飛信隊(ひしんたい)をことごとくバカにしていましたよね。

特に隊長の信(しん)とは色々と馬が合わなかった感じでした。

ただ、尭雲(ぎょううん)の強さはかなりのものでしょうが、信(しん)はあの三大天である廉頗(れんぱ)の側近の輪虎(りんこ)を討ち取っているのですから、尭雲(ぎょううん)も討ち取って欲しいところです。

しかし、最近のキングダムはワープのような展開がたまに出てくるときがありますが、

李牧(りぼく)が麻鉱(まこう)をクビチョンパしたときもそうでしたが、

キングダム第542話でも趙兵(ちょうへい)の誰かが飛信隊(ひしんたい)が突撃してくるぞというセリフや描写が描かれれば、ワープとは思わないですよね。

でも、まあ、おもしろかったのでいいんですけどね。

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類