【キングダムネタバレ】紀彗率いる離眼の兵はどれくらい強いのか考察してみた!

   

5

 

スポンサーリンク

 

王翦(おうせん)と李牧(りぼく)が戦っている朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)。

秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場はこの戦(いくさ)の開戦の場となりました。

最初は、紀彗(きすい)軍3万に楽華隊(がっかたい)5千という陣形で挑んだ王翦(おうせん)でした。

そして、李牧(りぼく)も王翦(おうせん)の挑発に乗る形で戦いがはじまりました。

しかし、楽華隊(がっかたい)に手玉に取られ、あっちゅう間に兵を何千も失った紀彗(きすい)の軍でした。

はたして、紀彗(きすい)の軍はどれくらい強いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

李牧が認めた紀彗

 

スポンサーリンク

 

黒羊の戦い(こくようのたたかい)を観察していた李牧(りぼく)は慶舎(けいしゃ)が討たれた代わりに、新たに優秀な武将を見つけることができたと言っていました。

それが紀彗(きすい)でした。

事実、慶舎(けいしゃ)が逝ってしまった後も、紀彗(きすい)が秦国を追い詰めていました。

桓騎(かんき)の冷酷無比な策さえなければ、更に秦国(しんこく)軍は追い詰められていたことでしょう。

紀彗(きすい)の将軍としての能力は、かなりのモノと言えるでしょう。

実際、楽華隊(がっかたい)と麻鉱(まこう)の軍に翻弄されている様に見えてはいましたが、李牧(りぼく)の策を活かす為に、かなりの無理をしていたというのであれば、ガテンがいきます。

実際に、麻鉱(まこう)は李牧(りぼく)に首チョンパされてしまった。

 

楽華隊に負けた騎兵

 

楽華隊(がっかたい)が5千の兵力で戦っていた開戦当初の秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場。

趙軍右翼(ちょうぐんうよく)の3万の兵力に対して、5千という油断もあったとは思いますが、様子見に出した騎兵の1千を、あっちゅう間に叩き潰されてしまいました。

それを考えると、紀彗(きすい)の軍の離眼(りがん)の兵は、そんなに強くはないのではと思ってしまいますが、そんなこともないでしょう。

まず、楽華隊(がっかたい)の兵の数はこの騎兵の千よりも多かったと思われます。

さらに言ってしまえば、楽華隊(がっかたい)というのは、秦軍(しんぐん)の中でも、屈指の武力を誇る部隊でもあります。

そんな楽華隊(がっかたい)でも、兵数で不利な状況で、更に紀彗(きすい)が策も講じていたならば、軽かったのではないでしょうか?

 

麻鉱無き後攻めに転じる

 

李牧(りぼく)の秘策によって、麻鉱(まこう)がいなくなった秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場。

しかし、蒙恬(もうてん)と飛信隊(ひしんたい)の策によって、麻鉱(まこう)軍の兵達は、かなりの数が生きていました。

麻鉱(まこう)が討たれたと聞かされた兵達は士気が下がり、紀彗(きすい)の軍に反撃できませんでした。

かなりの数の兵達が生き残ったと言っても、おそらく万単位でやられてしまったとは思われます。

軍隊というのは戦意次第で強さが大きく左右されるということでもあります。

離眼(りがん)の兵達は王都圏を守るために集められたわけではありません。

ということは、離眼(りがん)の兵達の真の力は、最初の油断で失敗しただけのことで、まだ出し切ってはいないのではないでしょうか。

紀彗(きすい)は檄(げき)を飛ばす時、離眼(りがん)の兵の質という言葉を口にしていました。

それだけ、趙(ちょう)の軍の中でも、離眼(りがん)の兵たちの
武力は高いということなのでしょう。

それを裏付けるだけの武功なり練兵がされていると見てまちがいないでしょう。

 

まとめ!

 

蒙恬(もうてん)が秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場で臨時の将軍となり、紀彗(きすい)の軍は相変わらず、手玉に取られています。

しかし、秦軍(しんぐん)としては麻鉱(まこう)という王翦(おうせん)の軍の中でも、第二武将として、かなりの攻撃力を誇る軍です。

さらに、秦軍(しんぐん)の中でも、精鋭の楽華隊(がっかたい)。

この両者を相手にしながら奮闘している紀彗(きすい)の軍というのは、かなりのモノと見ていいのかもしれません。

離眼(りがん)という場所にこだわりがあるようにも見える紀彗率いる兵達ではありますが、その強さは普通の兵とはかなり異質とも言えるのではないでしょうか。

 


 

 - 未分類