【ワンピース 考察】ビッグマムの欲しがっていたエルバフの軍事力はルフィの手に渡る!

   

【ワンピース考察】マザー・カルメルとビッグマムの関係は!?命の恩人は事実!?

 

スポンサーリンク

 

ルフィ達がエルバフに行くエピソードが描かれるなら、そこである重要な事件が描かれると思います。

それは、麦わら大船団のパワーアップです。

麦わら大船団は、ドレスローザでの大激闘の後、バルトロメオら「曲者(くせもの)」7人がルフィの下に押し掛け、一般的な「親子杯(さかずき)」ではなく、「極めて 異例の 子分杯(さかずき)」で結成されましたね。(80巻800話)

ルフィ達がエルバフに行った際には、この麦わら大船団が、大幅に強化されると思います。

具体的に言うと、エルバフの戦士達がルフィ達の見方になってくれるのではないかと言うことです。

ルフィ達は、ワノ国編の後、「巨大な戦争」で黒ひげ海賊団や海軍の精鋭など、さらなる強敵と戦わなければならないと予想されます。

ならば、その「巨大な戦争」に向けて、麦わら大船団がパワーアップするエピソードが何かしら描かれるはずです。

ルフィたちが、エルバフの軍事力を手に入れるというエピソードは、そのひとつになるのではないでしょうか。

巨人国エルバフは「世界一の 強国と 名高い」(85巻858話)そうです。

その戦力に関して、ビッグ・マムはこう言っていました。

(娘のローラとエルバフの王子ロキとの政略結婚が成功していれば)得られた力は 強大だった・・・!!!」

「おれは とっくに!! “カイドウ”も “赤髪”も!! “白ひげ” さえもブッ潰して!!! 今頃は・・・!!!」

「「海賊王」に!!!」

「なって たんだァ ~~!!!」(84巻847話)

これは、あくまでビッグ・マムの主観であり、彼女自身が持つビッグ・マム海賊団の戦力と合わせてということですが、エルバフの軍事力は、それを手に入れれば、他の四皇をしのげるほどの強大な戦力なのです。

結局ビッグ・マムは、それを手に入れることに失敗しましたが、このセリフは、エルバフという強大な戦力を誰かがいつか手に入れるという伏線だと思われます。

そして、その「誰かがいつか」の最有力候補は「ルフィ達がエルバフに行った時」ではないかとtorajirouは考えています。

ルフィ達は、これまでエルバフの巨人族と信頼関係を築いてきました。

リトルガーデン編では、もと巨兵海賊団のお頭(かしら)だったドリーとブロギーと仲良くなり、最終的には、彼らに「友」(15巻128話)と呼ばれる程の存在になっています。

また、ウォーターセブン編では、オイモとカーシーと共に、世界政府と戦い、ウソップがエルバフに誘われていました。(45巻431話・439話)

その際、ウソップはいつの日か麦わらの一味のみんなでエルバフに行くことを約束したそうです。(45巻431話)

オイモとカーシーは2年前のエニエス・ロビーでの激闘の後、ウォーターセブンに少し滞在してからエルバフに向けて出発しているので、(50巻490話扉絵)おそらく現在は故郷に帰っているのではないでしょうか。

エルバフ編が描かれるなら、ふたりとの再会が期待できそうです。

 

スポンサーリンク

 

さらに「子分杯」でルフィの傘下に入った「曲者7人」の中には、エルバフ出身の巨人ハイルディンがいます。

これらを踏まえると、ルフィ達がエルバフに入国した際には歓迎を受ける可能性が高いと思われます。

最も、だからと言ってエルバフの戦士達がルフィ達に見方してくれるとは限りません。

例えば、ルフィ達が何か誤解を招くような行動をして、巨人たちと対立する可能性も無きにしも非ずです。

しかし、ルフィのことですから、そのような状況になったとしても、最終的には誤解を解いて、再び信頼関係を取り戻すことでしょう。

そして、ついにはビッグ・マムが欲しがっていたエルバフの軍事力をルフィが手に入れることになるのではないでしょうか。

あるいは、ドレスローザ編でハイルディンが、

「そいつら(巨人傭兵(ようへい)の5人の仲間)と共に いずれ 全巨人族を 束ね・・・!!」

「かつて世界を 震撼(しんかん)させた「巨兵海賊団」を 復活させてみせる!!!」(80巻799話)

と言っていたことを踏まえると、エルバフ編は、彼の巨兵海賊団復活をルフィ達が手助けするエピソードになるのかもしれません。

ルフィの子分となった「曲者7人」は、

「この先 各個に成長を 遂げ・・・いずれ 歴史に名を 残す──」

「「一大事件」を引き起こす」(80巻800話)

らしいので、ハイルディンの成長が巨兵海賊団復活である可能性は十分にあります。

ハイルディンが巨兵海賊団を復活させることに成功したならば、それは、きっとビッグ・マムが欲しがっていたほど強大な戦力になることでしょう。

そして、その強大な戦力が麦わら大船団に加わるわけですから、ルフィも四皇並の戦力で「巨大な戦争」に臨むことになるのかもしれません。

もっとも、ハイルディンの巨兵海賊団復活も、そう簡単に実現するとは限りません。

ハイルディンは「全巨人族の 王になる !!!」(72巻714話)という野望を持っているようですが、一方でエルバフには、「王子ロキ」の存在からもわかるように、「王族」がいます。

ハイルディンも王族のひとりであるなら話は別ですが、そうでないとすると、王子ロキをはじめとする王族は、ハイルディンの野望と対立する存在となる可能性があります。

「全巨人族の 王」を目指しているハイルディンがエルバフの王族にどういう感情を抱いているのか、また、王子ロキとの個人的関係性はといったことも、気になるところです・・・。

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類