【キングダム】河了貂(かりょうてん)は逝ってしまうのか !?

   

1

 

スポンサーリンク

 

漫画キングダムの作中で、マスコット的に動いて、人気の河了貂(かりょうてん)。

連載がはじまった当初から信(しん)のそばで共にがんばっている仲間ですが、今後もずっと共に仲間でいられる保証は・・・ありませんね !?

河了貂(かりょうてん)は、今後どうなっていくのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

女子力の高い河了貂

 

スポンサーリンク

 

河了貂(かりょうてん)は、史実には存在しない漫画キングダム独自のキャラです。

その昔、山界の覇権(はけん)争いに負け、壊滅した梟鳴(きゅうめい)の生き残りの河了貂(かりょうてん)。

祖父の

「あがいてもがいて はいずり回って 生き残れ」

という遺言を守るため、なりふり構わず必死に生きてきました。

信(しん)は、かなり長い間男だと思っていたようですが、実は女の子であり、そのせいか料理をはじめ、家事全般をそつなくこなします。

特に料理の腕前は、ピカイチで、羌瘣(きょうかい)が、一口食べて夢中になるほどです!(笑)

飛信隊(ひしんたい)に来てからも兵たちの食事を作り、かなり評判もいいようです。

今の時代に河了貂(かりょうてん)がいたら、良妻賢母かつ肝っ玉、仕事もバリバリこなし、かつサバサバしいて、周りからも愛される女子力の高い女の子って感じでしょうか。

 

河了貂の今後について

 

信(しん)たちと共に歩んでいきたいと思った河了貂(かりょうてん)は、自分の能力を発揮できる軍師という立場で信(しん)の隣に立ち歩きはじめます。

軍師としての腕を磨き、今では飛信隊(ひしんたい)にとって、なくてはならない存在となっていますね!

そんな河了貂(かりょうてん)ですが、今後はどうなっていくのでしょうか?

漫画キングダムの独自のキャラなので、どうするのかは作者次第、なんですが・・・!

逝ってしまうかも・・・というフラグが立つことが、危機的状況におちいった河了貂(かりょうてん)には幾度となくありました。

漫画キングダム5巻で、お腹を刺されてしまったり、人質になったりと、幾度となく死線を乗り越えて来ています。

今後も軍師として飛信隊(ひしんたい)の中に身を置けば、命の危険にさらされるリスクがあるのは間違いありません。

矢も飛んでくるし、騎馬兵に襲われる可能性だってあります。

あるいは、尭雲(ぎょううん)のような強敵に討たれ、信(しん)が怒りのあまり、将軍が見る景色が見えて、覚醒し見事に尭雲(ぎょううん)を打ち取るという熱い展開になるかもしれません。

 

昌平君を超える河了貂

 

あるいは、河了貂(かりょうてん)が逝ってしまうこともなく、「一流の」軍師になる可能性も考えられます。

「一流の」というのは師である昌平君(しょうへいくん)を超えるということです。

すでに昌平君(しょうへいくん)を超えたか、というような河了貂(かりょうてん)のエピソードもありましたが、それでも尭雲(ぎょううん)との初戦で振り回されていましたので、まだまだかな・・・。

今後の展開では、飛信隊(ひしんたい)は中華全土でさらなる強敵と戦うことになるはずです。

どこかで河了貂(かりょうてん)も王賁(おうほん)や蒙恬(もうてん)のように覚醒して、秦(しん)を勝利に導くかもしれません。

それは史実的には、紀元前前223年、昌平君(しょうへいくん)が楚(そ)の王となり、かつての秦(しん)の部下たちに打ち取られてしまうではないでしょうか?

河了貂(かりょうてん)がその時に軍師として指揮を取り、昌平君(しょうへいくん)と戦うことになるのかもしれません !?

結果は勝利するんですが、そこで昌平君(しょうへいうん)を超えた存在になるということもあるかもしれませんね!

昌平君(しょうへいくん) 対 河了貂(かりょうてん)の知略の戦いというのも見てみたいと思いませんか!

河了貂(かりょうてん)今後は、もしかしたら覚醒して、李牧(りぼく)級の化け物となっていく可能性はあるにしても、李牧(りぼく)のように武力があるわけではありません。

もしかしたら、飛信隊(ひしんたい)から離れることになるのかもしれません。

じゃあ、逝ってしまうのか、はたまた信(しん)と結婚するのでしょうか。

河了貂(かりょうてん)は、信(しん)の嫁候補の1人でもありますし、無事に信(しん)と「幸せになる」ことはできるかな?

古代中国の話だし、一夫多妻でもいいんじゃないかな !?

 


 

 - 未分類