【キングダム】史実から見る信(しん)の考察「最期はかなり悲惨 !?」

   

8

 

スポンサーリンク

 

キングダムの主人公・信の悲惨な最期

 

スポンサーリンク

 

人気絶頂の漫画キングダムの主人公・信(しん)、今回の対趙戦(たいちょうせん)の朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)で武功をあげれば大将軍となることは間違いありません。

しかし、この対趙戦(たいちょうせん)の後、始皇帝(しこうてい)が中華を統一したら、信(しん)はどうなるのでしょうか?

そこには、歴史の渦に巻き込まれた悲惨な最期が・・・!

 

信はいつ大将軍になるのか?

 

秦王・政(しんおう・せい)の影武者として、逝ってしまった大親友の漂(ひょう)との約束が「天下の大将軍になる」だった信(しん)。

史実的にはいつ頃大将軍になるのでしょうか?

それは紀元前229年から228年、王翦(おうせん)が再び趙(ちょう)に攻め入った頃だと思われます。

この時、信(しん)は趙(ちょう)の太原(たいげん)、雲中(うんちゅう)に軍隊を率いて戦地にいたと記されています。

別働隊ということも考えられますが、一軍を率いている可能性もありますので、おそらくこの時には、大将軍となっていたと思われます。

紀元前228年、李牧(りぼく)に苦戦した秦(しん)が李牧(りぼく)を排除すべく、趙(ちょう)の幽繆王(ゆうぼくおう)に仕える郭開(かくかい)に多額の賄賂を贈って、李牧(りぼく)と司馬尚(しばしょう)が反乱を企んでいると幽繆王(ゆうぼくおう)にありもしない事を告げさせました。

幽繆王(ゆうぼくおう)はそれを信じて、李牧(りぼく)を誅殺し、司馬尚(しばしょう)の地位を他の者に代えてしまい、趙(ちょう)が滅亡する年に当たっています。

 

燕(えん)の太子・丹(たいし・たん)を討ち取り大武功をあげる紀元前226年

 

六国が次々に滅ぼされる中で危機感を抱いた燕(えん)の太子丹(たいしたん)は、暗殺者・荊軻(けいか)を刺客として派遣して秦王・政(しんおう・せい)を暗殺しようとして失敗します。

それに怒った秦王・政(しんおう・せい)は、王翦(おうせん)、王賁(おうほん)それに信(しん)に燕(えん)を攻めさせて、都の薊(けい)を落とします。

その時、燕王(えんおう)の喜(き)と太子の丹(たん)は遼東(りょうとう)まで逃れますが、信(しん)は単身で1000騎を率いて追撃し太子丹(たいしたん)を討ち取ります。

秦王・政(しんおう・せい)暗殺の首謀者を討ち取ったのは大武功と言ってよく、その後の対楚戦(たいそせん)で信(しん)が選ばれることになります。

 

蒙恬と楚に侵攻するも20万の兵を失う大失態!

 

紀元前225年、秦王・政(しんおう・せい)は、ついに秦(しん)と並ぶ強国・楚(そ)との戦いに入ります。

王翦(おうせん)と信(しん)にどのくらいの兵力が必要かと尋ねます。

王翦(おうせん)は「60万」と答え、信(しん)は「20万もいれば楽勝」と返しました。

秦王・政(しんおう・せい)は若い信(しん)と蒙恬(もうてん)に20万の兵を与え指揮を執らせました。

信(しん)は20万を2つの部隊に分け、信(しん)は10万を率いて平輿(へいよ)で、蒙恬(もうてん)は同じく10万で寝丘(しんきゅう)にて楚軍(そぐん)に大勝します。

その後、合流した信(しん)と蒙恬(もうてん)は、郢(てい)周辺を攻め、再び楚軍(そぐん)を破ります。

次から次へと勝利で浮かれ気分になる信(しん)と蒙恬(もうてん)でしたが、なんと、それは楚(そ)の項燕(こうえん)の策でした。

そして、城父(じょうほ)で信(しん)と蒙恬(もうてん)が合流した所を項燕(こうえん)が急襲、油断していた秦軍(しんぐん)は大混乱となり大敗、兵士の大半と七人の将校を失ってしまいます。

本来なら敗戦した将軍は死罪ですが、信(しん)も蒙恬(もうてん)も罪や刑罰を受けてはいません。

意見を退けられた王翦(おうせん)は後難を恐れて隠居していましたが、秦王・政(しんおう・せい)は老将軍・王翦(おうせん)に秦(しん)の全軍に匹敵する60万の兵を託し、秦王政24年(紀元前223年)に楚(そ)を滅ぼしました。

 

王賁と再び燕を攻めそして斉を降伏させて中華統一

 

信(しん)と蒙恬(もうてん)が失敗した結果、項燕(こうえん)は秦国(しんこく)の函谷関(かんこくかん)まで攻め込んできますが、そこで秦王・政(しんおう・せい)は隠居していた王翦(おうせん)に頼み込みます。

そして王翦(おうせん)は項燕(こうえん)を破り、さらに勢いを増して楚(そ)に攻め込み楚(そ)の王を捕えて楚(そ)を滅ぼしました。

大失態をやらかした信(しん)の出番は三年後、紀元前222年に遼東(りょうとう)に逃げていた燕王(えんおう)の喜(き)を捕えこれを滅ぼします。

さらに、趙(ちょう)の滅亡後に趙(ちょう)の王族が代(だい)に逃れて樹立した政権を攻め代王(だいおう)・嘉(か)も捕えてこれを滅ぼします。

これで秦王・政(しんおう・せい)の信頼を取り戻したのか、翌年の紀元前221年に信(しん)は最後に残った斉(せい)を王賁(おうほん)と蒙恬(もうてん)と共に攻めます。

援軍を求める相手もなく、斉王(せいおう)は、戦うことなく降伏し中華は統一されました。

 

中華統一後、歴史の舞台から消える信の不安なその後・・・

 

しかし、秦による中華統一の後、信(しん)の名は歴史の舞台から消えてしまいます。

それは信(しん)だけに限ったことではなく、王賁(おうほん)も王翦(おうせん)も楊端和(ようたんわ)も羌瘣(きょうかい)も同じように消えています。

なぜか蒙恬(もうてん)だけは例外として、多くの武将のその後の記録が忽然と無くなっているのです。

 

項羽

 

その大きな原因としては、紀元前206年、秦(しん)を滅ぼして咸陽(かんよう)に入った項羽(こうう)が、降伏していた秦(しん)の最後の王である子嬰(しえい)一族を皆殺しにして、咸陽(かんよう)を焼き払って財宝を略奪したりしたためと見られています。

徹底的な略奪の後に咸陽(かんよう)に火を放ち公文書や秦(しん)の歴史資料が焼けてしまったのでしょう。

さらに、それ以上に深刻なのは、中華史上最悪の、後宮につかえた去勢された男の役人、趙高(ちょうこう)により、秦(しん)の王族に仕える者達が皆殺しにされてしまった事でした。

 

保身に走った趙高により何万という臣が殺されていた!

 

始皇帝(しこうてい)は後継に扶蘇(ふそ)をと考えていたと思われますが、北方の騎馬民族・匈奴(きょうど)に対する国境警備の監督を命じられ、へんぴな蒙恬(もうてん)の駐屯地へ遠ざけられていました。

ところが、始皇帝(しこうてい)が中華を巡る旅の途中に死去した為に、始皇帝(しこうてい)が逝ってしまったことは始皇帝(しこうてい)に気に入られて後宮につかえた去勢された男の役人趙高(ちょうこう)により秘密にされました。

その理由は、趙高(ちょうこう)が扶蘇(ふそ)と仲が悪かったからです。

こうして趙高(ちょうこう)は、同じく扶蘇(ふそ)と仲が悪かった大臣の李斯(りし)と手を組み始皇帝(しこうてい)の遺言をすり替えて、末子の胡亥(こがい)を後継者にしてしまいます。

そして、本来の後継者である扶蘇(ふそ)と後見人の蒙恬(もうてん)に自害するように命じます。

胡亥(こがい)は李斯(りし)ではなく、家庭教師であった趙高(ちょうこう)と仲が良かったのでした。

こうして、王族の権力を握った趙高(ちょうこう)は、たびたび起こる農民の一揆などは無視して、自分の邪魔になりそうな、始皇帝(しこうてい)の時代の大臣達を闇に葬っていきます。

さらに、趙高(ちょうこう)と意見が合わなくなった李斯(りし)にも罪をなすりつけて処刑してしまいます。

 

文官の章邯が一番の将軍という秦軍の真実 !?

 

秦国(しんこく)の末期に起きた陳勝・呉広の乱で、史実に名前が見える秦(しん)の将軍は章邯(しょうかん)や王賁(おうほん)の息子の王離(おうり)、渉間(しょうかん)、蘇角(そかく)などしかいません。

しかも、一番有名な将軍・章邯(しょうかん)は、元は少府(しょうふ)という官名を持つ高級貴族であり、武将でさえ無かったのです。

ここにも趙高(ちょうこう)に虐殺され尽くした秦(しん)の官僚の人材不足が見えてきます。

趙高(ちょうこう)の虐殺がないとするなら、それが百姓一揆とはいえ、大きい乱にまでなることはなかったのではないでしょうか !?

 

始皇帝に信頼を得ていた信は、蒙恬同様に真っ先に始末されていた !?

 

趙高(ちょうこう)は、民衆に人気の人物として評判の高かった扶蘇(ふそ)ではなく、胡亥(ごかい)が王となった事で遺言を偽造したのではないか?という疑惑を常に秦(しん)の大臣や王族から向けられていたことでしょう。

趙高(ちょうこう)は、軍を率いて秦(しん)の中華統一に尽力した将軍達を何よりも恐れたに違いありません。

ましてや、楚(そ)と戦って大敗しても罪にも問われないほど始皇帝(しこうてい)の信頼を得ていたと信(しん)など、生かしてはおけなかったことでしょう。

同様に、楚(そ)での大敗を許された蒙恬(もうてん)が真っ先に、ニセの始皇帝(しこうてい)の遺言で自害させられたように・・・。

もしかすると信(しん)は、ありもしない罪に問われ、逃亡しますが、刺客を送り込まれ闇に葬られた、そんな最期だったのかも知れません。

 

新唐書にある信の子孫の話はどうなるの?

 

「ちょっと待って!信(しん)には子孫がいるんじゃないの?」

そういう疑問が湧いてきますね。

確かに『新唐書(しんとうしょ)』によると、信(しん)のモデルとなっている李信(りしん)には李超(りちょう)という子孫がいて、さらにそこから、漢の飛将軍、李広(りこう)に繋がり、そこから、五胡十六国時代に西涼を建国した李暠(りこう)に繋って唐の太祖、李淵(りえん)に繋がるようです。

しかし、この『新唐書(しんとうしょ)』は西暦1060年に編纂されたもののようです。

確かに、現在は失われた古い系図を元に編纂した可能性もありますが、それにしては、あまりに英雄から英雄へ繋ぎすぎではないでしょうか?

さらに、李信(りしん)の最期や李超(りちょう)について記されておらず、突然に李広(りこう)に繋がり、今度は五胡十六国時代に繋がるというのは、かなり現実離れしているように思われます。

 

まとめ!

 

では、漫画キングダムでは、主人公である信(しん)が闇に葬られるシーンで漫画が終わるのか?

というと、さすがに漫画的には、それはないとは思います。

恐らくは『新唐書』の記述に従い、信(しん)には李超(りちょう)という息子が生まれ、始皇帝(しこうてい)の中華を巡る旅の一行を見ながら、「いつかあんな人になりたい」という息子に信(しん)が「なると思っていれば必ずなれるさ」と話すようなシーンで終わるのではないでしょうか !?

急激な改革により失敗させた、始皇帝(しこうてい)の法の支配による中華統一を前漢(ぜんかん)の劉邦(りゅうほう)の時代に実現させる、そんな流れになるんじゃぁないかな。

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類