【キングダムのネタバレと最新の考察】第549話(その2)『羌瘣が武功をあげる可能性 !?』

      2018/02/26

10

 

スポンサーリンク

 

羌瘣(きょうかい)は、信(しん)と尭雲(ぎょううん)が刃を交えていることを察しているかのようでした。

天賦の才に秀でている羌瘣(きょうかい)だからこそ、尭雲(ぎょううん)の武力がどのくらいなのかも読めているのではないでしょうか。

もしも、羌瘣(きょうかい)が危険(きけん)を察しているのだとすれば、援護に向う可能性も十分考えられます。

 

一騎打ちの手助けはありえない

 

スポンサーリンク

 

一騎打ちで、仲間に助けられてしまうとなると、信(しん)は汚名を着せられてしまいます。

もしも、羌瘣(きょうかい)が援護するというのであれば、一騎打ちではない場所で助けることになるでしょう。

羌瘣(きょうかい)と信(しん)の二人で戦うとなれば、尭雲(ぎょううん)は瞬殺でしょうけど、そんな簡単に事を済ましてしまったら、漫画的におもしろくありませんよね!

なにせ、羌瘣(きょうか)が本気で剣技を用いたとしたら、勝てるのは龐煖(ほうけん)くらいなものでしょうから。

おそらく、羌瘣(きょうかい)は、そんな直接的な援護の仕方はしないでしょう。

今この瞬間の援護よりも、信(しん)が大将軍になれるようにという思いで力を貸している羌瘣(きょうかい)なんでしょうから。

この状況で、羌瘣(きょうかい)がやるべきことは、この大炎の戦場で戦いを優勢に勝ちすすめることでしょう。

 

⇒【キングダム】羌瘣(きょうかい)敵討ちに生きる『蚩尤(しゆう)』の末裔!

 

羌瘣は大炎で優勢となれるか

 

渕(えん)さんの持ち場に兵が集まり大炎が起きました。

そこに信(しん)は、予備軍を全て向わせます。

そして、羌瘣(きょうかい)の隊も先に向かわせました。

尭雲(ぎょううん)の軍はかなり高い武力を兼ね備えています。

増強された飛信隊(ひしんたい)といえども、かなり手ごわいと感じているようですし、ここで優勢に戦いをすすめるというのは、かなり難しいのではないでしょうか。

しかし、ここで優勢とならないと、尭雲(ぎょううん)が一時撤退を考えることはないでしょう。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第549話は信と羌瘣が尭雲を瞬殺か !?

 

羌瘣の活躍

 

羌瘣(きょうかい)は、この朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)で、大活躍をするはずです。

信(しん)や蒙恬(もうてん)、そして王賁(おうほん)はこのあと将軍になると予想されています。

しかし、史実では、趙(ちょう)を滅ぼすときに羌瘣(きょうかい)も将軍となって王翦(おうせん)とともに戦っています。

おそらく、信(しん)たちと同時に将軍になることはないでしょう。

でも、将来的に羌瘣(きょうかい)は将軍となるはずです。

であれば、今回の鄴攻め(ぎょうぜめ)で、五千人将くらいに昇格したとしてもおかしくはありません。

ということは、ここで武功を上げるとすると、武将の首を飛ばすしかないでしょう。

尭雲(ぎょううん)は信(しん)が首を飛ばすとして、馬南慈(ばなんじ)は王賁(おうほん)。

そうなると、残りの趙峩龍(ちょうがりゅう)か岳嬰(がくえい)を羌瘣(きょうかい)が首を飛ばすかもしれません。

しかし、趙(ちょう)の軍の三武将の首を飛ばし、秦(しん)は誰も討たれないというのは、なんか危機感がなくて、物足りなさを感じてしまいます。

秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場でも、王翦(おうせん)の第一武将・亜光(あこう)が首を飛ばされる可能性が高まってきました。

史実的には、王翦(おうせん)は、この朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)の後、軍を再編成すことになっています。

誰が王翦(おうせん)軍に抜擢されることになるのでしょう !?

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第549話(その2)『羌瘣がまた無茶をする !!』

 

羌瘣の策

 

漫画キングダム第548話で、羌瘣(きょうかい)が講じた策は、大混戦となっている『大炎』の中の飛信隊(ひしんたい)の左右に「止め石」を置き、中央へと流れてくる敵兵を、そこで一網打尽にするというものでした。

尾平(びへい)の「来るんじゃなかった」っていう顔がおもしろかったですね!

しかも、どうなるかは、策を打ち出した羌瘣(きょうかい)ですら、何もしないよりもいいだろうというもの・・・。(汗)

しかし、実際に何もしないと負け戦となることは、目に見えている状況。

馬を下りて歩兵隊の先頭に立つ羌瘣(きょうかい)。

中央に敵兵を流れさせたると、混雑し動きが取れなくなり、敵兵の戦闘能力が落ちると羌瘣(きょうかい)は読んでいるのでしょうか?

そして、身動きの取れない敵兵に羌瘣(きょうかい)が緑穂(りょくすい)で切り込むというものなのでしょうか?

ただ、敵兵も、かなり強いだけに、そのまま抜かれてしまい、突破されてしまうことも考えられるので、イチかバチかの戦い方ではありますね。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第550話で羌瘣(きょうかい)が将軍級の武功を挙げる !?

 

巫舞の再来?

 

おそらく、羌瘣(きょうかい)は、愛刀・緑穂(りょくすい)を、たくみに振り回し、多くの敵兵を斬り倒してしまうでしょう。

軽快な身のこなしで、敵兵も斬られたことに気付かないくらいの超絶的な剣技で。

さらに、久しぶりに『巫舞(みぶ)』を見せてくれるのでしょうか?

幽族(ゆうぞく)の蓮(れん)と戦った時に、最後の『巫舞(みぶ)』となるはずでしたが、逆境を乗り越えて、さらに磨きがかかったであろう羌瘣(きょうかい)の『巫舞(みぶ)』。

是非、見せてほしいですね!

ただこの剣技は、使用後に呼吸ができず、動けなくなるので、長時間戦う戦闘では不利となってしまいます。

しかし、危ない状況となったら、そんなことは言ってられないので、おそらく今回は『巫舞(みぶ)』が再来する気がします。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第550話(その2)『松左と崇原が逝く!!』かもしれない !!!

 

羌瘣が将軍に昇格?

 

羌瘣(きょうかい)もおそらく、今回の鄴攻め(ぎょうぜめ)で将軍昇格級の手柄をあげるはすです。

ここで、尭雲(ぎょううん)の軍が起こした『大炎』を打ち砕くことができれば、その手柄はかなりの武功となるにちがいありません。

その事は、王翦(おうせん)に報告され、王翦(おうせん)も羌瘣(きょうかい)に一目置くことになるでしょう。

もしかすると、信(しん)よりも先に将軍に抜擢されるかもしれませんね?

現在、羌瘣(きょうかい)は三千人将ではありますが、将軍級の武功をあげれば、2つ昇格することもあるかもしれません。

何しろ、羌瘣(きょうかい)には常人にはない特異な剣技と天賦の才がありますからね。

信(しん)にはない指揮力で、軍の士気を上げ、兵たちを率いていくことでしょう。

しかし、今回の尭雲(ぎょううん)の軍が、かなり手ごわいことくらいは羌瘣(きょうかい)自身もちゃんとわかっており、命がけの覚悟も必要となるでしょう。

さらには、多くの飛信隊(ひしんたい)の古参の兵達も、羌瘣(きょうかい)を守るために死闘を繰り広げることになるかもしれません。

でも、羌瘣(きょうかい)の天然なところが、なんともかわいいので、そんなシーンも見せて欲しいですね!

 


 

 

⇒ここの管理人torajirouが好きなことをして生きていられる理由を皆さんにコソッと教えちゃいます!

 

こんな記事も読まれています↓

【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第550話(その2)『松左と崇原が逝く!!』かもしれない !!!

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第550話で羌瘣(きょうかい)が将軍級の武功を挙げる !?

【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第549話(その2)『羌瘣がまた無茶をする !!』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第549話は信と羌瘣が尭雲を瞬殺か !?

【キングダム】信が王騎の矛を託された理由!

【キングダムのネタバレと最新の考察】第549話で信は王騎の矛を使いこなせるのか !?

【キングダム】史実から見る信(しん)の考察「最期はかなり悲惨 !?」

【キングダム】羌瘣(きょうかい)敵討ちに生きる『蚩尤(しゆう)』の末裔! 

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類