【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第549話(その2)『羌瘣がまた無茶をする !!』

   

11

 

スポンサーリンク

 

信(しん)の強さがわかった尭雲(ぎょううん)。

どうせ貴様らはここで死ぬと言いながらも信(しん)を見直したような感じ。

ただ、大炎となった渕(えん)さんの持ち場だった戦場は、かなり押されている模様。

河了貂(かりょうてん)は、かりに一騎打ちで信(しん)が尭雲(ぎょううん)を討ち取ったとしても、負け戦となる危機感を案じていました。

そこに羌瘣(きょうかい)が、何かしなければと策を講じて戦う展開となっています。

歩兵どうしの死闘が繰り広げられるのでしょうか !?

 

 

下馬した方が強い羌瘣

 

スポンサーリンク

 

羌瘣(きょうかい)も歩兵の先頭に立ち、敵を斬るため下馬しました。

下馬した方が多くを斬れるという羌瘣(きょうかい)。

これは、強力な敵の歩兵に対して巫舞(みぶ)が展開されるということなのでしょうか。

中央に敵歩兵部隊を誘導して、飛信隊(ひしんたい)の歩兵で一網打尽するという羌瘣(きょうかい)の策。

逆に一網打尽にされる可能性も無きにしも非ず。

ただ単に多くを斬れた方の勝ちという、今までの戦では、あまり見られなかった、かなり単純な構図を策とした羌瘣(きょうかい)。

久しぶりに、圧倒的な剣技を披露してくれるのでしょうか。

巫舞(みぶ)を用いている時間が伸びていれば、マジで、100人規模の歩兵隊を斬り伏せることも
可能なのではと感じさせる羌瘣(きょうかい)の剣技。

神を降ろした時には、龐煖(ほうけん)に匹敵するくらいに跳ね上がる武力。

龐煖(ほうけん)は万の軍勢にひとりで殴り込みをかける化物です。

はたして、羌瘣(きょうかい)は、どれほどの武力を見せてくれるのでしょうか !?

 

羌瘣は逝きかける !?

 

この朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)は、王翦(おうせん)将軍が初めて登場した戦いである山陽平定戦(さんようへいていせん)に似ている所があります。

・中央と左右の戦いで、左右が攻撃の要となっている展開。

・敵が三大天。

・信(しん)・蒙恬(もうてん)・王賁(おうほん)が同じ軍の中で戦っています。

・蒙恬(もうてん)が臨時の将軍になっています。

他にもありますが、上記のような展開となっているところが酷似しているのです。

信(しん)が三大天の側近と一騎打ちという展開もそのままです。

そうなると、羌瘣(きょうかい)のことが心配されます。

羌瘣(きょうかい)は山陽平定戦(さんようへいていせん)の最後で、限界を超えて戦って逝きかけるシーンがありました。

もしかすると、この尭雲(ぎょううん)の軍との戦いでも、そういう展開となるかもしれません。

 

王賁はどうなった?

 

王賁(おうほん)は馬南慈(ばなんじ)と戦いっているはずです。

二日目に復活できぬほどに削られた馬南慈(ばなんじ)の軍でしたが、1万の兵力が半分くらいに削られたと考えられます。

そして、王賁(おうほん)の玉鳳隊(ぎょくほうたい)は、もともと5千の兵力です。

半数といえども、兵力の差はありません。

そんな状況で王賁(おうほん)は馬南慈(ばなんじ)の首を飛ばすことができるのでしょうか。

蒙恬(もうてん)と同様、大将軍の見る景色で戦が見られるようになった王賁(おうほん)。

李牧(りぼく)の側近相手に、負けないくらいの実力を兼ね備えたと思われます。

 

首が飛ぶのは?

 

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)。

史実的には、秦軍(しんぐん)の勝利となることはわかっています。

さらに、その後の秦(しん)の武将達の活躍を考えれば、王翦(おうせん)に桓騎(かんき)、そして楊端和(ようたんわ)。

加えて、信(しん)に蒙恬(もうてん)、そして王賁(おうほん)と羌瘣(きょうかい)も、ここで逝くことはありません。

趙国(ちょうこく)サイドの武将がどれくらい、やられるのかは、わかりませんが、

信(しん)が尭雲(ぎょううん)、
王賁(おうほん)が馬南慈(ばなんじ)、
蒙恬(もうてん)が紀彗(きすい)、

という展開になれば、秦軍(しんぐん)の圧勝となります。

そうならないのだとすれば、秦軍(しんぐん)でも首を飛ばされる武将がまだいるかもしれません。

麻鉱(まこう)が首を飛ばされ、秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場で亜光(あこう)が首を取られれば、秦軍(しんぐん)サイドのダメージも、かなりのものだったということになるでしょう。

少なくとも、六大将軍級の王翦(おうせん)の軍の軍力を削ったということになれば、この先も戦えると李牧(りぼく)は考えるかもしれません。

はたして、誰が誰を討つのでしょう。

漫画キングダム、かなりおもしろくなってきましたね!

 

スポンサーリンク

 

 - 未分類