【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第550話(その2)『松左と崇原が逝く!!』かもしれない !!!

   

 

スポンサーリンク

 

尭雲(ぎょううん)と信(しん)は一騎打ちとなり。

羌瘣(きょうかい)が任された、信(しん)の予想した大炎の戦場は、歩兵同士の激戦となっています。

はたして、古参の歩兵長たちは無事にこの戦いを生き残ることはできるのでしょうか !?

 

スポンサーリンク

 

松左と崇原歩兵長

 

スポンサーリンク

 

羌瘣(きょうかい)を主軸に据えて、崇原(すうげん)と松左(しょうさ)が、この大炎の戦の将として挑むことになりそうです。

新兵を率いている飛信隊(ひしんたい)で、崇原(すうげん)歩兵長と松左(しょうさ)百人将は、どんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

歩兵長という立ち位置にいる崇原(すうげん)。

おそらくは、松左(しょうさ)よりも位は上ということになるのでしょう。

ただ、この古参たちは階級とかよりも、今まで死線をともに戦ってきたという絆でまとまっていると思われます。

それだけに、読者の注目も高いのが古参たちです。

しかし、今回の戦では、そんな古参達も、逝ってしまう可能性も高いような気がします。

 

秦国で首が飛ぶ武将

 

史実的には、この戦の後に活躍する武将たちが、この鄴攻め(ぎょうぜめ)で、かなり登場しています。

先ずは、王翦(おうせん)。

そして、桓騎(かんき)と楊端和(ようたんわ)。

加えて、信(しん)や蒙恬(もうてん)、そして王賁(おうほん)に羌瘣(きょうかい)。

これらの武将は全てこの先の史実に登場して活躍している武将です。

そんな史実があるのですから、ここで彼らが逝ってしまうわけがありません。

では、逆に、趙(ちょう)はどうなっているのかというと・・・。

史実的には、名前が記されていない人物がほとんどです。

史実的には、この先で名前が記されているのは李牧(りぼく)だけという状況。

後は、ほとんど漫画キングダム独自のキャラ。

 

秦国側の被害状況は?

 

上記の事実を勘案すると、秦国(しんこく)の被害が少なすぎる気がします。

ただ、王翦(おうせん)の第二武将である麻鉱(まこう)は、序盤で李牧(りぼく)首を飛ばされていました。

もしかすると、第一武将の亜光(あこう)も、この戦で逝ってしまうのかもしれません。

さらに、楊端和(ようたんわ)や桓騎(かんき)も側近や軍長を失うという展開も考えられます。

そうなったらとしたら、この戦の被害状況はどちらも、かなり大きかったということになるのでしょう。

中でも、注目なのが、飛信隊(ひしんたい)の被害状況です。

全員無事でいられるのでしょうか !?

 

崇原と松左が逝く !?

 

飛信隊(ひしんたい)は、元・趙国(ちょうこく)三大天の刃と戦っています。

そんな戦で、尭雲(ぎょううん)の首を飛ばして、さらに全員が無事生き残ることができるのでしょうか。

漫画だから、あるっちゃあるのでしょうが、でも、ここで大きな被害が出るということも十分考えられます。

さらに、今回は血みどろの戦いとなる歩兵戦なわけですよ。

その将として挑む崇原(すううげん)と松左(しょうさ)。

新兵も率いている中での、命がけの戦い、新兵を守って、やられるという展開となれば、お涙ちょうだい物の名シーンとなります。

新兵にとっても、自分が強くならなければと、心の底から感じるにことでしょう。

かつて、尾平(びへい)の弟だった尾到(びとう)の最期が、漫画キングダム史上に残る名シーンの一つとして語られています。

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)もまた、そんな名シーンが描かれる可能性があるのではないでしょうか。

 


 

 - 未分類