【キングダムのネタバレと最新の考察】第552話で尭雲の予想は見事に外れる!

      2018/04/08

15

 

スポンサーリンク

 

【キングダムネタバレ】第551話

 

 

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)も 3日目がすぎ、漫画キングダムの場面は一旦秦(しん)の王都・咸陽(かんよう)へと変わります。

秦(しん)の中央は、どんな様子なのでしょうか?

信(しん)の活躍が政(せい)のへと伝わるのでしょうか。

 

舞台は秦・咸陽

 

ウツラウツラしている政(せい)たちのものとに、「第2の伝者」が到着します。

趙軍(ちょうぐん)の待ち伏せに合い、他の伝者たちは何人もやられてしまった模様です。

今までの戦況を報告する伝者。

それは、 若武者たちの活躍です。

第2の伝者も命からがらたどり着いたという感じです。

かなり咳もしていますし、たった1人なんとかたどり着いたという感じです。

ボロボロになりながらも、とにかく自身の役目を果たそうと命からがらなんとか咸陽(かんよう)へ戻ってきたといった感じです。

第1の伝者が来てから、かなり間が開いての第2の伝者。

電話もメールもない時代です。

咸陽(かんよう)では、何がどうなっているのか、まったくわからないので、気が気じゃないでしょう。

政(せい)たちがウトウトしていたのも、寝不足で疲れていたからじゃぁないでしょうか?

伝者が伝えたのは、楽華隊(がくかたい)や玉鳳隊(ぎょくほうたい)、そして飛信隊(ひしんたい)の活躍でした。

あの李牧(りぼく)を押さえつけるほどの活躍に、政(せい)も何か熱いものを感じたようです。

他の文官たちにも三人の活躍が伝わったので、これは戦いのあとに間違いなく正式に将軍へと昇格するのではないかという期待が高まります。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の考察】第554話から死闘を繰り広げる壁(へき)の強さをおさらい!

 

兵糧は5日分

 

伝者の報告から、王翦(おうせん)の軍には、5日分くらいの兵糧しか残っていないとのこと。

動揺する咸陽(かんよう)の文官たち・・・!?

しかし政(せい)は、選抜し送った兵たちを信じるしかないと、強い口調で言い放ちます。

 

信じるしかない

 

伝者は戦いが始まったときには秦軍(しんぐん)に残されていた兵糧は13日分だったと話します。

それから朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)3日目に伝者として咸陽(かんよう)へと送り出されます。

そして咸陽(かんよう)まで戻るのに5日間かかったということですので、現時点で5日分の兵糧しか残っていないということになります。

残り5日・・・。

今こうしている間にも兵糧は無くなっていきます。

この5日間で何がしかの策を講じないと、秦軍(しんぐん)は敗北してしまいます。

趙軍(ちょうぐん)が、のらりくらりと攻撃をかわしながら、持久戦にもちこまれると、秦軍(しんぐん)は終わってしまいます。

今すぐ咸陽(かんよう)から兵糧を送らないと大変なことになります。

政(せい)は選び抜かれた将軍たちを信じるしかない!

と言い放ちましたが、マジで、祈ることしかできない状況です。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『史実でひも解く橑陽の戦い』

 

橑陽の戦い

 

描写は楊端和(ようたんわ)たちが戦っている橑陽(りょうよう)へと変わります。

壁(へき)の元に次々と隊長たちが討たれたという報告が入ります。

楊端和(ようたんわ)と山の民軍団サイドの兵糧は、あと3日ももたないという状況。

山の民軍団の中で内輪揉めが起きるような事態になっています。

バジオウに、全族長を集めろと命ずる楊端和(ようたんわ)。

生きるか死ぬかの策を伝えるようです。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話(その6)『橑陽の戦局を握るのは例の一族 !?』

 

楊端和の策

 

壁(へき)の顔からは生気が消え去っています。

次々と入る訃報に胸が痛んでいることでしょう。

しかし、戦意喪失しているようです。

あれだけ激しい戦いをして、食物がないとなると、これはもう過酷と言うしかないですね!

腹が減っては戦はできぬを絵にかいたような状況です。

なんか生気を失った壁(へき)を見ているのも辛くなってきました。

自責の念も、あるんでしょうね。

楊端和(ようたんわ)は、責めたりしませんし、責めたところで状況が変わるわけではないこともわかっているのでしょう。

残り3日で何とかするしかありません!

全族長を集めるという楊端和(ようたんわ)。

生きるか死ぬかの策とは一体、どんなものなのでしょうか!?

それにしても、さすが血に飢えた死王の異名を持つ楊端和(ようたんわ)、肝が据わっています!

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『フィゴ王・ダントとメラ族・カタリは強かった !?』

 

尭雲が感じた嫌な臭い

 

さて、ここからは、展開予想となりますが、尭雲(ぎょううん)は羌瘣(きょうかい)と信(しん)、そして王 賁(おうほん)にかつての六将の臭いを感じていました。

さらに、趙(ちょう)にとって最も懸念されるのが、この戦に敗北し、羌瘣(きょうかい)と信(しん)、そして王 賁(おうほん)に蒙 恬(もうてん)が、六将級の力をつけてしまうことです。

逆に言ってしまえば、この鄴攻め(ぎょうぜめ)で、四人の若武者と王翦(おうせん)・桓騎(かんき)・楊端和(ようたんわ)が逝ってしまえば、間違いなく秦(しん)は滅亡の一途をたどることでしょう。

中華の運命を決する戦いが、この戦いということになります。

 

尭雲の直感

 

スポンサーリンク

 

尭雲(ぎょううん)は藺相如(りんしょうじょ)の遺言と言うか、自分たちに言い残した言葉が
この朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)だと信じ切っています。

そして、その思いは、信(しん)と羌瘣(きょうかい)そして蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)を、この地に沈めること。

さらに、総大将・王翦(おうせん)や、橑陽(りょうよう)で戦う楊端和(ようたんわ)。

鄴(ぎょう)の城を包囲している桓騎(かんき)も、この地に沈めようと考えています。

そして、歴代最強の三大天の李牧(りぼく)がそれをなすと確信しています。

確かに、漫画キングダムの今の状況を見ていると、そうなる可能性は高いと言えるのかもしれません。

戦っているのは、自国、趙(ちょう)の王都圏。

地の利をいかすことがでる李牧(りぼく)に勝機があると言えるのでしょう。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想!】第552話で王翦が少数精鋭部隊を編成する!!

 

史実的には

 

史実的にはこの秦(しん)の武将七人はどうなってしまうのかというと、尭雲(ぎょううん)の思いはかないません。

しかし、尭雲(ぎょううん)の感じた嫌な臭いの方は完全に実現します。

信(しん)・蒙恬(もうてん)・王賁(おうほん)は、この後中華に打って出て、たくさんの活躍をしていきます。

なかでも王賁(おうほん)は、四ケ国を滅ぼすという武功をあげていきます。

蒙恬(もうてん)については、主に中華統一後に活躍する武将ですが、始皇帝の絶大な信頼を得ていたことは明らかです。

羌瘣(きょうかい)もまた、趙(ちょう)を滅ぼす時に参戦した記録が残っていることから、かなり重要な武将であったと思われます。

楊端和(ようたんわ)や桓騎(かんき)も同様に活躍しています。

王翦(おうせん)にいたっては、超大国の楚(そ)を滅ぼすという大業を成し遂げています。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】552話(その2)『王翦が昌平君に頼んでいた例の物が明かになる!』

 

大損害を被るのは趙

 

史実的に見ると、尭雲(ぎょううん)の七人に対する思いはかなうことはなく、全員生き残ります。

逆に、尭雲(ぎょううん)や趙峩龍(ちょうがりゅう)、そして岳嬰(がくえい)や馬南慈(ばなんじ)などの趙(ちょう)の武将は史実に記されてもいません。

舜水樹(しゅんすいじゅ)の名もありません。

もしこの鄴攻め(ぎょうぜめ)で大きく戦力を失うのが趙(ちょう)だったとなるならば、史実に即しているということになります。

史実的には、この後、趙(ちょう)は滅亡の一途をたどることになります。

最後は次の王である嘉(か)の弟である幽繆王(ゆうぼくおう)の失策が大きな原因となります。

李牧(りぼく)や司馬尚(しばしょう)を解任するという大失態をおかし、それから一気に
趙(ちょう)は滅びてしまいます。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第552話(その3)鄴(ぎょう)の食料20日分は桓騎の虚報だった !?

 

朱海平原の戦力は趙が上

 

現時点の漫画キングダムだけを見ていると、趙(ちょう)の方が戦力で勝っているように見えます。

知略で最強とされる李牧(りぼく)を総大将に、秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場でも元三大天の側近が4人います。

秦軍(しんぐん)は、成長過程の武将が中心となっています。

将の身体能力では趙軍(ちょうぐん)を圧倒していたとしても、全体としての武力は、物足りないような気がします。

犬戎(けんじゅう)と舜水樹(しゅんすいじゅ)と戦っている楊端和(ようたんわ)にしても大群と強敵相手に、かなり苦戦を強いられている感じです。

やはり、全体的に見てみると、戦力的には趙(ちょう)の方が上と見て間違いないでしょう。

さらに、時間的に見ても趙(ちょう)にとって有利となっています。

今ある戦力をフルに活用して、突破していくのはどこでしょう。

尭雲(ぎょううん)が感じた嫌な臭いを、秦軍(しんぐん)が放つ瞬間が来るのでしょうか !?

見逃せない展開となってきました。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その3)『エンポじぃの猿手族は忍者だった!』

 

まとめ!

 

おそらく、王翦(おう せん)は兵糧が尽きる前に閼与(あつよ)攻めると思われます。

今回の伝者にそのことも伝えていると思われます。

王翦(おう せん)は、趙(ちょう)に向かう前に昌平君(しょうへいくん)と話し合っていました。

もしもの時のために昌平君(しょうへくん)と話し合い援軍を控えさせておいたのではないでしょうか。

そして、朱海平原(しゅかいへいげん)の闇の中を人知れず騎馬隊が走っていきます。

先頭を走る武将は、なんと!仮面を外した王翦(おう せん)だった!!

王翦(おうせん)は、王賁(おうほん)に閼与(あつよ)に向かうことを伝えると、すぐさま5000の騎馬隊を率いて閼与(あつよ)向けて進軍していきました。

しかし、秦軍中央には仮面をつけた王翦(おう せん)がいます。

なんと、王翦(おうせん)は、趙軍(ちょうぐん)を欺くため影武者まで用意して、閼与(あつよ)に向かったのでした。

兵糧で、圧倒的に有利な状況だとわかった李牧(りぼく)は、全軍に持久戦の指示を出します。

そして、秦軍(しんぐん)にも王翦(おう せん)から待機命令が出されていました。

王翦(おうせん)は閼与(あつよ)に向かう前に、李牧(りぼく)が持久戦を仕掛けてくると読んで、全軍を待機させることにしたのです。

その方が、兵糧の消耗も防げます。

両軍共に、大した戦闘を行わずに、2日が過ぎます。

李牧(りぼく)は、王翦(おうせん)が何を考えているのかわからず、嫌な予感を感じ始めます。

そこに、閼与(あつよ)から伝者がやって来ます。

閼与(あつよ)が秦軍(しんぐん)によって落とされたとのこと!

主力部隊が朱海平原(しゅかいへいげん)に出陣していた閼与(あつよ)は、外側と内側から攻撃を受けて、半日で落ちてしまったとのこと!

かくして、李牧(りぼく)は、まんまと王翦(おうせん)にしてやられてしまいました。

閼与(あつよ)を落とした秦軍(しんぐん)は、大急ぎで兵糧を運び込みます。

兵糧の補給を阻止するため李牧(りぼく)は、秦軍(しんぐん)に気付かれないように朱海平原にいる趙軍(ちょうぐん)2万を閼与(あつよ)に向けて進軍させようとします。

ところが、趙軍(ちょうぐん)2万が閼与(あつよ)に向って半日ほどして、秦軍(しんぐん)が総攻撃を仕掛けてきました。

趙軍(ちょうぐん)が秦軍(しんぐん)に気付かれないように軍を閼与(あつよ)向けて進軍させたのに、なぜ秦軍(しんぐん)にそのことがわかったのでしょうか?

実際、秦軍(しんぐん)では、趙軍(ちょうぐん)が動いたことに気付いた者はいませんでした。

すべてを読んでいた王翦(おう せん)の指示通りに動いただけだったのです。

攻めてこないと油断していた趙軍(ちょうぐん)は秦軍(しんぐん)の猛攻撃で、一気に崩れ去ってしまいます。

めでたしめでたし・・・。

なんて展開になるとおもしろいかも、ですね !!!

 

 

⇒ここの管理人torajirouが好きなことをして生きていられる理由を皆さんにコソッと教えちゃいます!

 

こんな記事も読まれています↓

【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話(その6)『橑陽の戦局を握るのは例の一族 !?』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『史実でひも解く橑陽の戦い』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『フィゴ王・ダントとメラ族・カタリは強かった !?』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その2)『壁かカタリが逝ってしまうかも !?』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その3)『エンポじぃの猿手族は忍者だった!』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その4)『カタリとキタリが強すぎる!』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その5)『壁が山の民と固い絆で結ばれる!』

【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話『史実でひも解く鄴攻め(ぎょうぜめ) !? 』

 

 


 

 - 未分類