【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『フィゴ王・ダントとメラ族・カタリは強かった !?』

      2018/04/08

 

スポンサーリンク

 

メラ族・カタリに変わって壁(へき)が最終決戦の場に・・・。

山の民に山の民の言葉で出撃を命令する壁(へき)。

舜水樹(しゅんすいじゅ)は、何か奇策があるのか、迎撃して今日決めてやると言い放ちます。

楊端和(ようたんわ)にも、何か奇策がある様子。

犬戎王(けんじゅうおう)・ロゾの血族の首を飛ばす戦い。

もし、この作戦が失敗すれば、楊端和(ようたんわ)と山の民軍団が犬戎族(けんじゅうぞく)に敗れたということになるでしょう。

となると、橑陽の戦い(りょうようのたたかい)はおろか、秦国軍の敗北となることも必至。

史実的には、王翦(おうせん)は、この鄴攻め(ぎょうぜめ)で鄴(ぎょう)の城を落とすことになっていますが、「それまで落とせなかった鄴(ぎょう)などを落とす」という記述もあり、

かなり苦戦しながら、鄴(ぎょう)を落としたことがうかがえます。

 

スポンサーリンク

 

ロゾの血縁vs.楊端和の主力軍団

 

橑陽の戦い(りょうようのたたかい)も終盤戦に差し掛かり、ロゾの三兄弟に相対するのは、フィゴ王ダント、メラ族カタリ、そしてバジオウという山の民の主力軍団。

この楊端和(ようたんわ)の主力軍団三人が率いる軍が、狙いを定めたのが、犬戎王(けんじゅうおう)・ロゾの血縁の武将・ゴバ・ブネン・トアク。

今までに、山の民のいくつかの部族が全滅させられているということから、かなりの武力を持つ犬戎族(けんじゅうぞく)の主力部隊なのではないでしょうか。

この3部隊を打ち破ることができれば、ロゾまでの道が見えてくるでしょう。

これまで、こう着しながら、なかなか犬戎族(けんじゅうぞく)の消耗戦を崩せなかった楊端和(ようたんわ)と山の民軍団。

生きるか死ぬかの主力と主力との戦いで勝利することができるのでしょうか !?

壁(へき)は、この生きるか死ぬかの戦いに自ら参戦を願い出ましたが、楊端和(ようたんわ)はこころよく受け入れてくれました。

しかも、笑顔のおまけつきで・・・!

ただ、この生きるか死ぬかの戦いで、死闘を繰り広げるほどの実力が壁(へき)にあるのでしょうか、正直、疑問を感じるところです。

単なる友情でどうにかなるほど、犬戎族(けんじゅうぞく)はあまくないでしょう。

空腹で力も出せない状況で、出撃しても、瞬殺されてしまうのでは、単なる玉砕行為にしかなりませんせん。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話(その6)『橑陽の戦局を握るのは例の一族 !?』

 

メラ族 !?

 

メラ族という名称は、これまでの戦の中で、何回か登場していました。

メラ族の族長ダントとカタリとも出てくることが多かったですが、戦っているところは見ていません。

もしかすると、楊端和(ようたんわ)は、これまでの戦いでは、主力をあまり用いずに戦っていたのかもしれません。

この主力の三人が生きるか死ぬかの戦いを繰り広げるのであれば、山の民軍団の各軍の士気も上昇するかもしれません。

そして、この三人が見事に、このロゾの血縁の三武将の首を飛ばせば、次は楊端和(ようたんわ)vs.ロゾと言う展開を期待せずにはいられません。

犬戎族(けんじゅうぞく)に勝利できれば、これは、かなりの武功と言えます。

さらに、橑陽(りょうよう)の城も落としたとなれば、舜水樹(しゅんすいじゅ)率いる趙(ちょう)の軍が鄴(ぎょう)に向かうことも阻止できます。

山の民の中で、強さというランキングで見ると、楊端和(ようたんわ)に次いでバジオウ。

そして、これまでの発言力の強さから察して、フィゴ王、ダント、カタリという順番になるでしょうか。

壁(へき)は、メラ族と共に戦うようですね。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『史実でひも解く橑陽の戦い』

 

舜水樹の策

 

ロゾが血縁を失った場合、舜水樹(しゅんすいじゅ)はどういう策を講じるのでしょうか。

今のところ、犬戎王(けんじゅゆうおう)・ロゾとふつうに話をしていますが、息子たちを失い、ブチ切れてしまったロゾは手に負えなくなる可能性もあります。

そして、もはやこれまでと悟った舜水樹(しゅんすいじゅ)は、敗北後のことを考えるかもしれません。

城を放棄する場合、兵糧を残さず逃げるという可能性もあります。

ぬかりのなさそうな舜水樹(しゅんすいじゅ)のことです。

ロゾと共に泥沼の復讐戦に参戦するとは思えません。

この橑陽(りょうよう)では、舜水樹(しゅんすいじゅ)が楊端和(ようたんわ)と戦う可能性は少ないように思われます。

おそらく、戦うとすれば、秦軍(しんぐん)が、再び趙(ちょう)に進軍する楊端和(ようたんわ)と山の民軍団の邯鄲(かんたん)包囲戦です。

この戦いで、舜水樹(しゅんすいじゅ)は守りの将として再登場し、楊端和(ようたんわ)に真っ二つにされるのではないでしょうか !?

李牧(りぼく)の側近であり、高い知略をもつ舜水樹(しゅんすいじゅ)。

舜水樹(しゅんすいじゅ)の戦死は、李牧(りぼく)にとって、かなりの打撃になることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

⇒ここの管理人torajirouが好きなことをして生きていられる理由を皆さんにコソッと教えちゃいます!

 

こんな記事も読まれています↓

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『史実でひも解く橑陽の戦い』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その2)『壁かカタリが逝ってしまうかも !?』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その3)『エンポじぃの猿手族は忍者だった!』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その4)『カタリとキタリが強すぎる!』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その5)『壁が山の民と固い絆で結ばれる!』

【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話(その6)『橑陽の戦局を握るのは例の一族 !?』

【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話『史実でひも解く鄴攻め(ぎょうぜめ) !? 』

 

 


 

 - 未分類