【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その3)『エンポじぃの猿手族は忍者だった!』

      2018/04/08

2016y11m01d_131412804

 

スポンサーリンク

 

メラ族をはじめとして集った山の民軍団たちが壁(へき)の軍と共に戦うことになりました。

対する犬戎族(けんじゅうぞく)は、ブネン軍。

兵力は1万5千以上に膨れ上がっています。

他の二軍の対戦相手も今までの倍の2万となっています。

おそらく犬戎族(けんじゅうぞく)は、三軍ともに2万の兵力を投入してくるのでしょう。

舜水樹(しゅんすいじゅ)は、楊端和(ようたんわ)の作戦を読んでいた様子です。

 

スポンサーリンク

 

兵力で圧倒する敵を倒す

 

おそらく、倍の兵力の敵と戦うことになる山の民軍団の主攻の三軍。

ロゾの血族であるこの三兄弟は、間違いなく強いと思われます。

そんな強敵と戦うのに、兵力で劣り、加えて、兵糧もないため一刻を争う戦いをしなければなりません。

舜水樹(しゅんすいじゅ)の迎撃の策を打ち破ることができないと、おそらくこれで楊端和(ようたんわ)と山の民軍団は終わるでしょう。

ただ、今回ばかりは楊端和(ようたんわ)も、列尾(れつび)で言ったような

「城壁を登って」

「裏に回って 内から門を開け」

「部隊を突入させて 中を制圧する」

「まあ いつもウチは そんな感じだ」

ではないでしょう。

それが、主攻の強さで押し切るということではなく、「マンタンワ」という興味深い呼び方をしているエンポじぃが率いる猿手族が一肌脱ぐ作戦なのでしょう。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『史実でひも解く橑陽の戦い』

 

エンポじィの猿手族

 

楊端和(ようたんわ)に一肌脱いでもらいたいと頼まれたのに、速攻「嫌じゃ」と断っているエンポじぃ。

笑ってしまうシーンになっていましたが、たぶんエンポじぃには、わかっていたのでしょう。

楊端和(ようたんわ)が、一肌脱いで欲しいというその作戦は、猿手族(えんしゅぞく)そのものが全滅しかねないほど危険なものだということを・・・。

この猿手族(えんしゅぞく)という名前から考察してみるに、猿の手ということは、森などにある樹木を利用して戦うのが得意なのではないでしょうか。

もしかすると猿のように、生活そのものが、木の上を主体としているのかもしれません。

そう考えると、忍者のような戦い方をする部族なのかと推測されます。

今回の迎撃体制を取った舜水樹(しゅんすいじゅ)の布陣。

おそらく、本陣の守備は手薄になっていると思われます。

そこに楊端和(ようたんわ)自ら攻め込むということも考えられるのではないでしょうか。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その2)『壁かカタリが逝ってしまうかも !?』

 

主攻三軍で討ち取れるのか

 

メラ族と壁(へき)の軍の1万に対して、次男のブネンが2万の兵力で迎え撃つ体制。

ゴバはバジオウ率いる楊端和(ようたんわ)の直下部隊

そして、フィゴ王がトアク。

どれも昨日の倍以上の2万規模の軍と戦うことになります。

楊端和(ようたんわ)直下の軍も、かなりの攻撃力の強さを有しています。

しかし、犬戎族(けんじゅうぞく)もまた同様に、かなり強いでしょう。

兵力差をものともせずに、三人の首を飛ばすとなると、おそらく無理。

奇策を用いたとして、三軍ともにうまくその策にハマってこそなせる奇跡のような感じがします。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話(その6)『橑陽の戦局を握るのは例の一族 !?』

 

ロゾを真っ二つに !?

 

この迎撃のための三軍に守備陣まで投入しているであろう犬戎族(けんじゅうぞく)。

ただ、元々兵力差は明らかに趙軍(ちょうぐん)が有利でした。

この迎撃のための三軍に6万という兵力を割いたとしても、10万規模だった趙軍(ちょうぐん)からすれば、守備陣営が手薄になるとも思えません。

ただ、犬戎族(けんじゅうぞく)の殆どを、この一戦に投入したとなれば話は別です。

それだけ精鋭の部隊を迎撃に投入しているのなら犬戎族(けんじゅうぞく)として王のロゾを守る兵は少なく、かつ弱いのではないでしょうか。

趙軍(ちょうぐん)に察知されないように猿手族が忍者のように動き、楊端和(ようたんわ)自身がロゾの本陣を急襲したとしたらどうでしょう。

楊端和(ようたんわ)ならそんな展開もあるのかもしれません。

かつて、桓騎(かんき)と王翦(おうせん)が登場した、あの山陽平定戦(さんようへいていせん)の時も、桓騎(かんき)は少数で伝者に化けて本陣に忍び込み玄峰(げんぽう)を討ち取りました。

同じ様な奇策で、楊端和(ようたんわ)独自の戦い方で仕掛けるのだとしたら、決戦をよそに、猿手族の持つ忍術で姿を隠して敵本陣に忍び込み、一気に襲い掛かかってロゾを真っ二つにするのではないでしょうか !?

もしかすると、舜水樹(しゅんすいじゅ)も一緒に逝ってもらうことになるかもしれません !?

 

スポンサーリンク

 

 

⇒ここの管理人torajirouが好きなことをして生きていられる理由を皆さんにコソッと教えちゃいます!

 

こんな記事も読まれています↓

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『フィゴ王・ダントとメラ族・カタリは強かった !?』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その2)『壁かカタリが逝ってしまうかも !?』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『史実でひも解く橑陽の戦い』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その4)『カタリとキタリが強すぎる!』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その5)『壁が山の民と固い絆で結ばれる!』

【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話(その6)『橑陽の戦局を握るのは例の一族 !?』

【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話『史実でひも解く鄴攻め(ぎょうぜめ) !? 』

 

 


 

 - 未分類