【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その5)『壁が山の民と固い絆で結ばれる!』

      2018/04/08

17

 

スポンサーリンク

 

山の民軍団のメラ族と主功の一角を入れか換わった壁(へき)。

そして、そこに現れた山の民軍団の12の部族。

カタリが名前を教えただけでヘキショウグン!と雄たけびを上げて歓迎されている感じでした。

山の民は思っている以上に壁(へき)の軍が好きなのだと明かすカタリ。

はたして、壁(へき)はそんな山の民の期待に応えることができるのでしょうか !?

 

スポンサーリンク

 

ルーディン

 

ヘキショウグン!という名前をしっかりと覚え雄たけびをあげる山の民軍団。

そんな期待に、壁(へき)も山の民の言葉でしっかりと思いを返しています。

「ルーディン!」

「出陣」という意味のこの言葉で山の民軍団は、さらに壁(へき)のことを好きになったのではないでしょうか。

壁(へき)は、人に好かれる能力を兼ね備えていると言える武将です。

昌文君(しょうぶんくん)を始め、秦王・政(しんおう・せい)や信(しん)といった、かなりの重要人物から信頼されています。

楊端和(ようたんわ)にしれもしかり。

あまり強そうではありませんが、信(しん)よりも先に将軍に登り詰めた努力と根性。

軽んずることはできません。

優し過ぎるところから、軽く見られますが、山の民軍団を前にしてもビクビクしないでそれを率いる覚悟ができていました。

器の広がりを感じずにはいられません。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話(その6)『橑陽の戦局を握るのは例の一族 !?』

 

士気をあげる武将

 

武将には大きく分けて2つのタイプがいます。

一人で戦局をひっくり返すような怪物的パワーを兼ね備えている将軍。

もうひとつは、歯車のように働く将軍です。

壁(へき)は最初は後者だと思われていました。

しかし、今回の兵糧を焼失してしまうという失態を犯してしまいました。

それこそ、秦軍(しんぐん)の敗北が決定的となるほどの大失態でした。

だからこそ、今度こそと命をかけると決めた壁(へき)の願い。

山の民との関係もそうですが、この戦において壁(へき)は武将として大きく成長したと感じられます。

戦局を大きく動かす武将。

兵の士気をコントロールし、ここぞという場面で大きく引き上げることの出来る武将。

そんな、武将になっていくのかもしれません。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『史実でひも解く橑陽の戦い』

 

スポンサーリンク

 

 

⇒ここの管理人torajirouが好きなことをして生きていられる理由を皆さんにコソッと教えちゃいます!

 

こんな記事も読まれています↓

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『フィゴ王・ダントとメラ族・カタリは強かった !?』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その2)『壁かカタリが逝ってしまうかも !?』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その3)『エンポじぃの猿手族は忍者だった!』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話(その4)『カタリとキタリが強すぎる!』

【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第555話『史実でひも解く橑陽の戦い』

【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話(その6)『橑陽の戦局を握るのは例の一族 !?』

【キングダムのネタバレと最新の考察】第555話『史実でひも解く鄴攻め(ぎょうぜめ) !? 』

 

 


 

 - 未分類