【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第557話『亜光死亡の伏線』

   

0

 

亜光(あこう)が逝ってしまう可能性が高まってきました。

楊端和(ようたんわ)と山の民軍団が戦う橑陽(りょうよう)から、舞台は変わって桓騎(かんき)のいる鄴(ぎょう)になります。

そこで、兵糧の戦いでは敗けが確定したことを桓騎(かんき)とその軍団も知ることになります。

さらに、場面は変わり朱海平原(しゅかいへいげん)では秦軍右翼(しんぐんうよく)が作戦会議をしています。

そして、趙軍(ちょうぐん)を、個別に撃破することになりました。

 

スポンサーリンク

 

馬南慈が亜光の弱点を突く

 

秦軍右翼(しんぐんうよく)は、飛信隊(ひしんたい)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)で、最初に岳嬰(がくえい)の軍を将もろとも一掃する作戦となりました。

そして、亜光(あこう)の軍が残りの三軍を食い止めるようです。

それを察してか、李牧(りぼく)は馬南慈(ばなんじ)に亜光(あこう)の弱点を話します。

今の状況で、秦軍右翼(しんぐんうよく)で亜光(あこう)の軍が大きなダメージを受けたり、
討たれたりすると、秦軍(しんぐん)敗北となる程の大きな打撃となってしまう可能性が高いです。

さすがの王翦(おうせん)も、そこまでは読めていないのでしょうか。

亜光(あこう)が討たれるような展開となれば、王賁(おうほん)が臨時の将軍となる可能性もでてきます。

信(しん)の武功は、まだまだ先ということになるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

桓騎も腹をくくったのか

 

摩論(まろん)は、桓騎(かんき)に兵糧が残り1日になったら退却すると約束できますかと問います。

承諾した桓騎(かんき)ですが、なんとなく表情から察するに、そうはならないと思っているような雰囲気です。

おそらく、王翦(おうせん)を一番信じているのが桓騎(かんき)なのではないでしょうか。

王翦(おうせん)が負ける戦はしないと信じているのでしょう。

問題は、王翦(おうせん)の知略の高さよりも李牧(りぼく)の方が勝っている可能性です。

もし李牧(りぼく)のほうが勝っていたとしたら、今回の鄴攻め(ぎょうぜめ)は、かなり苦しい戦いになっていくと思われます。

 

スポンサーリンク

 

亜光が馬南慈に討たれる !?

 

秦軍右翼(しんぐんうよく)では、飛信隊(ひしんたい)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)で、岳嬰(がくえい)とぶつかることになりました。

他の三軍は、余力がある亜光(あこう)の軍が相手をするとのこと。

しかし、それが秦軍(しんぐん)にとって裏目となるようです。

おそらく、李牧(りぼく)が、何か秘策をめぐらしているのでしょう。

李牧(りぼく)が伝えた亜光(あこう)の弱点とは・・・!?

 

亜光の弱点

 

馬南慈(ばなんじ)に尭雲(ぎょううん)、 そして趙峩龍(ちょうがりゅう)という、かなり強い軍が相手となる亜光(あこう)の軍。

もうすでに、兵糧の戦いでは負けることはわかっています。

つまり、堅い守りの体制を取られると、戦いは長引き終わります。

ただ、亜光(あこう)の軍にしてみれば、強固な守備体制を取っている相手を足止めするだけということになります。

それほど難しいことでないということなのでしょう。

しかし、気になるのが、李牧(りぼく)が馬南慈(ばなんじ)に亜光(あこう)の弱点を伝えたことです。

しかも、このことが、秦軍(しんぐん)にとって裏目となるとのこと。

おそらく、亜光(あこう)の弱点というのは、王翦(おうせん)の息子である王賁(おうほん)なのではないでしょうか !?

もしそこを狙うとしたら、王賁(おうほん)を危機的状況に追い込むことで、亜光(あこう)が命がけで助けようとして無理をする可能性も考えられます。

そんな形で亜光(あこう)が逝ってしまったら、王翦(おうせん)としてもやりきれないでしょう。

それほどまでに信頼されている第一武将の亜光(あこう)。

逝ってしまったら秦軍右翼(しんぐんうよく)は、かなりヤバイでしょう。

 

亜光は逝かない

 

亜光(あこう)は逝かないと思われます。

現在の戦局から察するに、馬南慈(ばなんじ)に尭雲(ぎょううん)、そして趙峩龍(ちょうがりゅう)の三軍が、攻撃に出た場合、亜光(あこう)の軍は、かなりの苦戦を強いられるでしょう。

強固な守備体制を取ると考えていた三軍が、攻めに転じたとしたら、それだけもヤバイでしょう。

もし、尭雲(ぎょううん)や趙峩龍(ちょうがりゅう)といった、かなり強い三軍が亜光(あこう)の軍に集中攻撃をしかけたら・・・。(汗)

岳嬰(がくえい)を討つことができたとしても、その代償が亜光(あこう)の首や、亜光(あこう)の軍の壊滅的な打撃となってしまったら・・・。(汗)

何よりも、翌日、もう一人を討つという策がもうできないでしょう。

仮に、亜光(あこう)が逝ってしまったとして、蒙恬(もうてん)のように臨時の将軍に任命される人物がいるのでしょうか。

だとすれば、王賁(おうほん)が将軍になるということなのでしょうか。

 

危機的状況の秦国軍

 

桓騎(かんき)サイドは静かですが、兵糧攻めの真っ最中です。

しかも、それは敗けることが分かっています。

楊端和(ようたんわ)か王翦(おうせん)が兵糧を持ってこなければ、終わってしまいます。

そして、楊端和(ようたんわ)は、生きるか死ぬかの戦いに入っています。

朱海平原(しゅかいへいげん)でも、それは同じです。

趙将(ちょうしょう)を、一人も討ち取ることができていません。

戦局は、明らかに秦軍(しんぐん)が不利な状況です。

しかし、王翦(おうせん)は、形成が不利になることをわかったうえで戦に挑んだのかもしれません。

気になるのは、今のところ李牧(りぼく)にただやられているだけに見える王翦(おうせん)。

李牧(りぼく)に対抗できる秦軍(しんぐん)でただひとりの人物のはずです。

そう考えると、もしかすると王翦(おうせん)は、今の状況も想定内なのかもしれません。

味方にもわからないような秘策を、王翦(おうせん)はすでに仕掛けているのかもしれません。

 


 - 未分類