【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第557話『裏目となった戦い!』

   

c63d69f94b424973f92ee0fdaf56c31f

攻撃に関して亜光(あこう)は、圧倒的に強いと思われます。

突破する武力は凄まじく、味方がいてもそこを踏み超えていくという徹底ぶり。

狂気を漂わせているかのような亜光(あこう)の軍。

ただ、守りに関しては、他の部隊が担うのかと思っていました。

しかし、実際は違っていました。

守備についても亜光(あこう)の軍は精通しているようです。

 

スポンサーリンク

 

亜光の防陣は鉄壁だった

 

岳嬰(がくえい)を討つ作戦で、玉鳳隊(ぎょくほうたい)と飛信隊(ひしんたい)が共闘することとなりました。

亜光(あこう)は、尭雲(ぎょううん)の軍と趙峩龍(ちょうがりゅう)の軍という藺相如(りんしょうじょ)の側近の二軍に加えて、馬南慈(ばなんじ)の軍を足止めすることとなりました。

亜光(あこう)の軍の攻撃力は、すでに圧倒的な強さを有しているということはわかっていますが、守備についてはどうなのでしょう。

虞寧(ぐねい)は、まだ亜光(あこう)の軍には余力があると話していました。

はたしてどうなのかと心配させられましたが、鉄壁の守りを見せてくれました。

どうやら亜光(あこう)の軍は、攻撃とか守備とかに特化しているのではなく、すべてにおいて高いレベルを誇っている強い軍であることがわかってきました。

それはそうでしょう。

王翦(おうせん)は、時にありえないような策を打ち出す将軍です。

その策について行けるのは、副官たちが優秀だからでしょう。

その第一武将として選ばれた亜光(あこう)が、攻撃だけ強いというだけではないでしょう。

全てを見事にやってのけるからこその第一武将と言えるでしょう。

王翦軍(おうせん)の軍の第一武将をはるということは、かなり高い能力が求められて当然ということなのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

総大将クラス

 

李牧(りぼく)も語っていましたが、亜光(あこう)という将軍は王翦(おうせん)が不在となっても、総大将になり得る能力をもつ存在とのこと。

あの王騎(おうき)将軍の副官の騰(とう)と同じ様な存在なのかもしれません。

ただ、知略ということとなると、王翦(おうせん)のほうが、かなり上のレベルなのかもしれません。

しかし、武力などが高いレベルなので、秦(しん)の大将軍になれるくらいの武将と言えるでしょう。

そんな亜光(あこう)。

敵が、普通の将軍クラスなら楽勝のはずです。

それが、尭雲(ぎょううん)や趙峩龍(ちょうがりゅう)、そして馬南慈(ばなんじ)といった趙(ちょう)の強い将軍でも同じではないでしょうか。

ここに李牧(りぼく)が策を講じることで亜光(あこう)は危機にひんすることになるのでしょうが、李牧(りぼく)がいなければ、普通に勝利していることでしょう。

だからこそ、李牧(りぼく)の狙いを定めたのが亜光(あこう)ということなのでしょう。

亜光(あこう)が逝ってしまうと、秦軍(しんぐん)が敗北する可能性は高いと思われます。

もし、亜光(あこう)が逝ってしまったとしても、王賁(おうほん)に「大将軍の見る景色」が、また見えれば、何とかなるかもしれません。

李牧(りぼく)の想定が崩されるとすれば、やはり若武者三人の存在を他の武将よりも重視しなかったことに原因があるような気がします。

王翦(おうせん)や本人たちですら想定するのが難しい戦いの中での成長。

攻撃と防御を兼ね備えた圧倒的な第一武将の亜光(あこう)を超えてほしいところです。

 

スポンサーリンク

 

岳嬰の実力

 

秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場では最も狙いやすいと思われた岳嬰(がくえい)。

しかし、岳嬰(がくえい)は回想を見る限りでは、慶舎(けいしゃ)に忠義を尽くした武将でした。

その慶舎(けいしゃ)を討った飛信隊(ひしんたい)への憎しみは、かなりのもののようです。

岳嬰(がくえい)自身が狙われているにもかかわらず、敵討ちの好機と考えているくらいです。

好機と感じた岳嬰(がくえい)の軍の士気は大いに高まります。

 

飛信隊と同レベル

 

飛信隊(ひしんたい)の武力は秦軍(しんぐん)の中でもかなりのものです。

岳嬰(がくえい)は、その士気の高さから、飛信隊(ひしんたい)を苦しめる武力を出してくるのではないでしょうか。

そんな状況では、飛信隊(ひしんたい)だけで岳嬰(がくえい)を討つというのは無理。

そこで、玉鳳隊(ぎょくほうたい)の出番なわけです。

おそらくは、玉鳳隊(ぎょくほうたい)と飛信隊(ひしんたい)が共闘するのだから、岳嬰(がくえい)の首は飛ぶことになるのでしょう。

ただ、そこに李牧(りぼく)が秘策を打ち出してくるのです。

そうです、亜光(あこう)の弱点です。

この戦で、亜光(あこう)の存在は、かなりのウェイトを占めています。

李牧(りぼく)も語っていますが、亜光(あこう)が敗れてしまうと、秦軍(しんぐん)は敗れる可能性が高いです。

朱海平原の戦い(しゅかいげいげんのたたかい)も橑陽の戦い(りょうようのたたかい)も同じことなのですが、負けてしまうと秦軍(しんぐん)20万の命はおろか、秦国(しんこく)自体が滅びてしまうことも考えられます。

 

最大のピンチを迎える亜光

 

玉鳳隊(ぎょくほうたい)と飛信隊(ひしんたい)が岳嬰(がくえい)の軍との戦いで苦戦するれば、亜光(あこう)は最大のピンチを迎えることになります。

亜光(あこう)の弱点を突かれることになるのでしょうが、これによって亜光(あこう)が逝ってしまったら秦軍右翼(しんぐんうよく)にとっては、大きな打撃となることでしょう。

最大のピンチを迎えることとなり、王賁(おうほん)がそれに気付いた場合、飛信隊(ひしんたい)が単体で岳嬰(がくえい)の首を取りにいくことになるのでしょうか。

玉鳳隊(ぎょくほうたい)が亜光(あこう)の援軍として、左側に向かうという展開も考えられます。

あるいは、狙われた亜光(あこう)の盾となり、虞寧(ぐねい)が命を落とす可能性も十分にあります。

おそらく、この初日の対戦で李牧(りぼく)の秘策がきいてくれば、亜光(あこう)の軍は大きな打撃を被ることになるのでしょう。

最悪、亜光(あこう)と虞寧(ぐねい)が逝ってしまうことも考えられます。

怒り狂った岳嬰(がくえい)の武力が、飛信隊(ひしんたい)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)を苦しめて、四将軍を残したまま次の日を迎えるのではないでしょうか。

史実的には、この戦いは最低でも18日間は続くはずなので、そう簡単には終わらないでしょう。

 

岳嬰が強すぎる

 

戦争で、士気が大きく影響することは、過去の戦いから見ても想像がつきます。

士気という意味で、岳嬰(がくえい)の軍は飛信隊(ひしんたい)と対面して、かなり高まっているように思われます。

一方の飛信隊(ひしんたい)は岳嬰(がくえい)に対して、士気を上げるほどの理由はありません。

もちろん、秦軍(しんぐん)にとって大事な場面であることはわかってはいるはずです。

ただ、二軍で、最も弱いと言われていた岳嬰(がくえい)の首を取りに行くとなると、それほど士気も上がらないのかもしれません。

岳嬰(がくえい)の軍は、飛信隊(ひしんたい)が大将だった慶舎(けいしゃ)を討ち取っています。

その元副官の岳嬰(がくえい)となると、なめてかかったとしてもおかしくはありません。

そんな状況で、怒り狂った岳嬰(がくえい)が、想像以上の強さを見せれば、飛信隊(ひしんたい)が敗れることも考えられます。

信(しん)を含めた飛信隊(ひしんたい)全員が、この事に気付けるかどうかにかかっている戦いとなることでしょう。

それによって、この戦いの行方は大きく変化しそうな気がします。

「裏目に出ることになる」

この裏目というのがどの程度の裏目なのでしょうか。

最悪の事態に近い状況にまでおちいってしまうのでしょうか。

しかし、逆境になればなるほど、力を発揮するのが信(しん)のいいところです。

また、ハラハラ、ドキドキさせられるんでしょうね。

目が離せません!

 


 

 - 未分類