【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第559話(その5)『李牧の狙い!』

      2018/05/17

sim

 今回の鄴攻め(ぎょうぜめ)は、王翦(おうせん)と李牧(りぼく)の知略の戦いの様相を呈してきました。

鄴(ぎょう)の城は、趙(ちょう)にとって守りやすい完璧な城でした。

列尾(れつび)を超えて攻め込んだとしても、山脈と大河に囲まれた地形。

列尾(れつび)を奪い返してしまえば、攻め込んできた敵は兵糧が尽きて自滅するはずです。

ということは、今回の鄴攻め(ぎょうぜめ)は秦軍(しんぐん)にとって、兵糧との戦いなわけです。

秦軍(しんぐん)が、鄴(ぎょう)の城を落とすと王都・邯鄲(かんたん)の喉元まで迫ることになり趙(ちょう)はいつ滅ぼされてもおかしくない状況になります。

この鄴攻め(ぎょうぜめ)は中華統一の足掛かりとして、かなり重要な戦なのです。

ここにきて、かなり戦が動いてきましたので、まずは今回の鄴攻め(ぎょうぜめ)について軽くおさらいしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

列尾城

 

列尾(れつび)の城を落とした秦軍(しんぐん)ではありましたが、 列尾(れつび)は李牧(りぼく)の秘策で意図的に守りづらくなっていました。

李牧(りぼく)の秘策とは、秦軍(しんぐん)が列尾(れつび)を超えて侵攻してきたら、大軍を向わせて、列尾(れつび)を奪還し、出入り口をふさいでしまいます。

そして、補給と脱出経路を断たれた秦軍(しんぐん)を包囲して兵糧が尽きるのを待つといったものでした。

秦軍(しんぐん)は、列尾(れつび)が簡単に落とせるとは考えていなかったので、昌平君(しょうへいくん)の策は通用しなくなってしまいました。

そんな李牧(りぼく)の秘策に気付いた王翦(おうせん)。

鄴(ぎょう)の城を偵察に行き、策を練り直します。

 

スポンサーリンク

 

兵糧攻め

 

鄴(ぎょう)の城を偵察した王翦(おうせん)。

この城は完璧な城であり攻め落とすことはできないと判断しました。

そして、その場で鄴攻め(ぎょうぜめ)の策を練り直します。

列尾(れつび)に戻った王翦(おうせん)は、鄴(ぎょう)を攻略すべく全軍で趙(ちょう)に侵攻します。

そんな王翦(おうせん)の判断に対して、皆が無謀だと思っていましたが、桓騎(かんき)の知る限り、王翦(おうせん)は必ず勝てる戦しか絶対にしないはずです。

そして王翦(おうせん)がまず向ったのが鄴(ぎょう)とは無関係な小さな都市でした。

そこを攻めることから始めた王翦(おうせん)。

9つもの小都市を落とし、食料を奪い、民たちを難民に仕立て鄴(ぎょう)に向かわせました。

この王翦(おうせん)の仕掛けが、秦軍(しんぐん)の兵糧が先に尽きるか、難民達が鄴(ぎょう)の食料を食べ尽くすのかといった『兵糧攻め合戦』となっていきます。

 

スポンサーリンク

 

朱海平原の戦い

 

王翦(おうせん)の鄴攻め(ぎょうぜめ)の策。

趙(ちょう)が鄴(ぎょう)を解放することができる軍は二つだけでした。

閼与(あつよ)と橑陽(りょうよう)軍です。

鄴(ぎょう)は桓騎(かんき)とその軍団が包囲することになりました。

橑陽(りょうよう)は楊端和(ようたんわ)と援軍として壁(へき)の軍を加えた軍勢で戦うことになります。

そして閼与(あつよ)へは 王翦(おうせん)の軍と玉鳳隊(ぎょくほうたい)、楽華隊(がくかたい)、そして飛信隊(ひしんたい)が向かいます。

一方の李牧(りぼく)は、橑陽(りょうよう)へ舜水樹(しゅんすいじゅ)を向わせます。

そして残った武将を率いて李牧(りぼく)は閼与(あつよ)へと進軍していきます。

鄴攻め(ぎょうぜめ)の戦いの行方は、鄴(ぎょう)が兵糧攻めで落ちるか、趙軍(ちょうぐん)によって開放されるのかという戦いとなりました。

そして、 李牧(りぼく)の軍と王翦(おうせん)の軍がぶつかった場所が朱海平原(しゅかいへいげん)となったわけです。

 

戦いの推移

 

朱海平原の戦い(しゅかいへいげんのたたかい)は、蒙恬(もうてん)率いる楽華隊(がくかたい)が開戦の火ぶたを切ります。

対戦する紀彗(きすい)の軍に対して、蒙恬(もうてん)は、王翦(おうせん)の戦略の波状攻撃を最高の形でぶつけさせました。

そして、秦軍右翼(しんぐんうよく)は、王賁(おうほん)と馬南慈(ばなんじ)の戦いからはじまり、互いに譲らない形となります。

そして、王翦(おうせん)は、信(しん)を楽華隊(がくかたい)のいる秦軍左翼(しんぐんさよく)で、紀彗(きすい)を討ち取ってこいと言い渡し、送り込みます。

その頃、橑陽の戦い(りょうようのたたかい)では、山の民が奮戦を見せます。

趙軍(ちょうぐん)の総大将・舜水樹(しゅんすいじゅ)が、犬戎族(けんじゅうぞく)と連合し、攻めてきます。

戦のどさくさに紛れ、舜水樹(しゅんすいじゅ)は、壁(へき)の軍の兵糧庫を探し出して焼き討ちしてしまいます。

兵糧の戦いとなった秦軍(しんぐん)にとって痛いダメージとなってしまいました。

 

蒙恬が臨時の将軍に

 

秦軍左翼(しんぐんさよく)の戦場では、蒙恬(もうてん)と麻鉱(まこう)が快進撃を見せます。

さらに飛信隊(ひしんたい)も加えて、紀彗(きすい)を討つの誰なのかという展開が見えてきていた。

その時、李牧(りぼく)自ら率いた別動隊の奇襲によって、麻鉱(まこう)が首を飛ばされてしまいます。

その結果、麻鉱(まこう)の軍が復活できないほど士気が下がってしまいました。

しかし、蒙恬(もうてん)の策で、なんとか復活をとげます。

そんな手柄が王翦(おうせん)に認められ、蒙恬(もうてん)は、大将特権で臨時の将軍へと昇格しました。

 

秦軍右翼の戦場

 

秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場では、趙峩龍(ちょうがりゅう)が王賁(おうほん)を狙う策に打って出ました。

亜光(あこう)もこの策にヤバイと感じていましたが、王賁(おうせん)自身に大将軍が見る景色が見え、逆に馬南慈(ばなんじ)の軍の兵力を復活できないほど削ることに成功します。

 

犬戎はかなり強い

 

かなり強かった犬戎族(けんじゅうぞく)との戦いに山の民軍団は苦戦を余儀なくされます。

壁(へき)が兵糧を焼失してしまたことが、かなり苦しい状況となっていました。

全力が出し切れない山の民軍団を見て楊端和(ようたんわ)は遂に決断します。

残り三日の兵糧で、まずはロゾの息子たち三人を初日で撃破し、犬戎族(けんじゅうぞく)の攻撃力を半減させる。

そして、ロゾ三兄弟を討ち取るために山の民軍団の主力を繰り出す楊端和(ようたんわ)。

壁(へき)も、自軍をその主力の一角に加えて欲しいと願い出て、結果、壁将軍、バジオウ、フィゴ王が主力となり三兄弟の首を取るという戦いが始まります。

さらに、二日目にロゾを討ち、三日目に城を落として兵糧を奪うという作戦。

ところが、この作戦は舜水樹(しゅんすいじゅ)に読まれていました。

逆に山の民軍団の主力を討つべく大軍を繰り出してきました。

一方、楊端和(ようたんわ)は、戦いが始まる前にエンポじぃに何か頼み事をしていました。

エンポじぃに託された秘策はいったい何なのでしょうか !?

 

やっぱり尭雲は強かった

 

秦軍右翼(しんぐんうよく)の戦場では、馬南慈(ばなんじ)の軍が復活できないほど兵力を削がれた後、出てきたのが尭雲(ぎょううん)でした。

堯雲(ぎょううん)は、旧三大天の藺相如(りんしょうじょ)の『武』そのものと李牧(りぼく)が評していた武将です。

李牧(りぼく)が大いに期待もしていたのでしょう。

そして、飛信隊(ひしんたい)と戦うことに なった尭雲(ぎょううん)。

信(しん)の本能型の将としての実力が大いに役立ちました。

さらに、尭雲(ぎょううん)との一騎打ちとなり、押されながらも、尭雲(ぎょううん)が起こした大炎と本陣への直接攻撃を跳ね返しました。

ただ、両軍ともに大きな打撃を受けた戦いでした。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第559話で尭雲が亜光の首を飛ばす !?

 

兵糧の危機

 

それでは、ここから次回の展開予想をしていきたいと思います。

兵糧が底をつきかけた秦軍(しんぐん)

持久戦に入った趙軍(ちょうぐん)。

鄴(ぎょう)の食料は、秦軍(しんぐん)の兵糧よりもかなり多い様子。

そんな状況での次なる策は岳嬰(がくえい)狙い。

確実に岳嬰(がくえい)の首を飛ばすため、飛信隊(ひしんたい)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)の二部隊で攻め込む作戦。

残る三軍は亜光(あこう)の軍が足止めするとのこと。

しかし、この作戦が秦軍(しんぐん)にとって大いに裏目に出ることとなりました。

亜光(あこう)の弱点を見抜いた李牧(りぼく)は馬南慈(ばなんじ)にその弱点を教えます。

馬南慈(ばなんじ)は亜光(あこう)の軍の防陣の関節部分のみを狙って攻め入ってきました。

陣形を変えて馬南慈(ばなんじ)を食い止めようとした亜光(あこう)でしたが、その隙を尭雲(ぎょううん)は見逃しませんでした。

結果的に防陣に入り込んできた堯雲(ぎょううん)の速さと強さに虞寧(ぐねい)は対応できず、堯雲(ぎょううん)に真っ二つにされてしまいました。

しかし、亜光(あこう)が軍議で見せていた余裕感。

李牧(りぼく)が察しったように、この防陣には、さらなる戦術が秘められているのでしょうか。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第559話(その2)『亜光の防陣に隠された秘密』

 

王翦の戦術

 

王翦(おうせん)の戦術を使っている亜光(あこう)。

馬南慈(ばなんじ)が、関節のみを攻撃して入り込んできたら、亜光(あこう)は「柵」を作れと命令し防陣形体を変えようとしました。

しかし、李牧(りぼく)は尭雲(ぎょうん)の動きのほうが早いと察していました。

王翦(おうせん)は、かなり完成度の高い戦術を用いて戦う武将と思われます。

関節部分のみを攻撃されると突破される可能性があることも、わかっていたのではないでしょうか。

その対応策の一つが「柵」を作るという戦術だったのでしょうが、「柵」一つだけしか戦術がないということはないでしょう。

この「柵」がうまくいかなかった場合の戦術もあるはずです。

まだまだ、「柵」を突破されたしまった時の防陣もあるのではないでしょうか。

亜光(あこう)が、王翦(おうせん)の戦術を用いることができるというのであれば、今回の尭雲(ぎょううん)の侵入くらい恐れるほどのことではないのではないでしょうか。

気になるのは李牧(りぼく)が見抜いた亜光(あこう)の弱点。

これが、何なんだろうということです。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第559話(その3)『尭雲が強くとも防陣を崩すことはできない!』

 

防陣の弱点とは別

 

亜光(あこう)の弱点を馬南慈(ばなんじ)には伝えていた李牧(りぼく)。

だいたい、馬南慈(ばなんじ)の策だけで、今回の亜光(あこう)の防陣が崩されてしまったら、趙峩龍(ちょうがりゅう)は何もしてないことになってしまいます。

加えて、王翦(おうせん)の強さをわかっているであろう李牧(りぼく)も、この防陣がこれで終わるとは思っていない様子です。

亜光(あこう)の弱点というのが他にあるとしたら、おそらく趙峩龍(ちょうがりゅう)がそこを狙って亜光(あこう)に揺さぶりをかけてくるのではないでしょうか。

今のままなら、いくらぶつかられても崩れないという自信は亜光(あこう)にはある様子でした。

だから、趙(ちょう)の強敵三軍を足止めすると自信満々に言ってのけ、玉鳳隊(ぎょくほうたい)と飛信隊(ひしんたい)に絶対に岳嬰(がくえい)の首を取れと命令したのでしょう。

おそらく、その自信は亜光(あこう)が何にも気をとらわれず、戦闘に集中することができたらという条件でのお話。

となると、李牧(りぼく)が見抜いた亜光(あこう)の弱点はおそらく馬南慈(ばなんじ)の関節狙いではないのでしょう。

 

⇒【キングダムのネタバレと最新の展開予想】第559話(その4)『信が岳嬰に苦戦する!』

 

亜光の弱点は王賁

 

亜光(あこう)が、この戦いで一回だけパニクったシーンがありました。

それは、趙峩龍(ちょうがりゅう)が玉鳳隊(ぎょくほうたい)を狙って攻撃を仕掛けた時です。

その時は、ほとんど打撃を与えられていない馬南慈(ばなんじ)と戦いながらも、かなりの兵力の援軍を玉鳳隊(ぎょくほうたい)に向けて送り出しました。

若君である王賁(おうほん)を守ることが亜光(あこう)の役目なのかと思わせられました。

そして今度は、馬南慈(ばなんじ)の関節攻めと尭雲(ぎょううん)に入り込まれた状態。

趙峩龍(ちょうがりゅう)は、ほぼ無傷のまま兵力を温存しています。

そんな趙峩龍(ちょうがりゅう)が、岳嬰(がくえい)に横から突撃した玉鳳隊(ぎょくほうたい)の後方から攻めてきたら・・・。

玉鳳隊(ぎょくほうたい)は挟み撃ちにあい、絶対絶命のピンチとなるに違いありません。

王賁(おうほん)の首も皮一枚を残すのみという状況になるかもしれません。

そんなことになたら、おそらく亜光(あこう)は防陣が崩れたとしても援軍を送るのではないでしょうか。

防陣が崩されそうな中での援軍。

かなりきつい・・・。

さらに言ってしまえば、王賁(おうほん)と玉鳳隊(ぎょくほうたい)に気を取られた状況で尭雲(ぎょううん)や馬南慈(ばなんじ)といった強敵と戦うのは、かなり難しいと思われます。

ふたりとも全力で戦わなければならないほどの強敵です。

この作戦で、大きく裏目に出るのは亜光(あこう)の軍になる可能性が高い気がします。

もし、仮に玉鳳隊(ぎょくほうたい)と飛信隊(ひしんたい)で岳嬰(がくえい)の首が取れたとしても、次の二人目の武将の首を取るのに亜光(あこう)軍が大きなダメージを受けてしまっていたら、もう無理でしょう。

王翦(おうせん)の中央から新たな援軍を要請するしか方法が無くなってしまいます。

ただ、中央の戦力に差ができてしまうと、李牧(りぼく)の中央が動いてくる可能性が高くなります。

かなりヤヴァイ状況。

はたして、中央の王翦(おうせん)は、この戦局からどんな戦略を打ち出してくるのでしょう。

ハラハラ、ドキドキさせられる展開となってきました!

 

 

⇒ここの管理人torajirouが好きなことをして生きていられる理由を皆さんにコソッと教えちゃいます!

 

こんな記事も読まれています↓

 


 

 

 - 未分類